通信事業者が「5G」に苦戦する中でも「Open RAN」には期待できる訳Open RANの未来は明るいか【後編】

調査会社Dell'Oro Groupによれば、Open RAN市場の売上高が減少に転じた。通信事業者が5Gのビジネスに苦戦しているという声も聞こえてくる。今後はどうなるのか。

2024年01月29日 05時00分 公開
[Deanna DarahTechTarget]

 “オープンな無線アクセスネットワーク”を意味する「Open RAN」(Open Radio Access Network)の市場は、調査会社Dell'Oro Groupによれば拡大を続けていた。だが同社の調査によれば、Open RAN市場の売上高は2023年の第2四半期(4〜6月期)に前年比で減少した。それと同時に、通信事業者は「5G」(第5世代移動通信システム)関連の市場で苦戦している。背景に何があるのか。

通信事業者が5Gに苦戦する理由とは

 北米とアジア太平洋地域(APAC)で先駆けて5Gサービスを提供開始した通信事業者は、以下の理由から5Gのビジネスで苦戦している。

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)による混乱
  • エンジニアのスキル不足
  • 通信事業者が新しく扱う「ミリ波」と呼ばれる24GHz帯以上の周波数帯の扱いにくさ

 Dell'Oro Groupは5G市場やOpen RAN市場について、課題はあるが将来的には改善されると分析している。同社は、5G市場が2023年から2027年までに20〜30%成長し、Open RANはその成功に一役買うと予測する。Open RANには、インフラコストを抑えて5Gのネットワークを構築できるというメリットがある。

 Open RAN市場について、ポングラッツ氏は次のように述べる。「将来のOpen RAN市場の見通しについては楽観的に見ている。2027年までにOpen RANがRAN市場の15%から20%を占めるだろう」

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...