TechTargetジャパン

Webキャスト
ひと目で分かる「Red Hat Enterprise Linux 7」新機能、ポイントはここだ!
 2002年に登場した「Red Hat Enterprise Linux 2.1」でLinuxとオープンソースをエンタープライズ向けに提供を開始したRed Hat Linux。翌年の「Linux 3」ではマルチアーキテクチャをサポート、2005年の「Linux 4」ではRASの機能追加、軍用レベルのセキュリティを実現して...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
5日で覚える クラウド時代のLinux管理の基本(RHEL 7対応)
 2014年6月10日(米国時間)、企業向けLinuxディストリビューションのメジャーアップデートとなる「Red Hat Enterprise Linux 7」(RHEL 7)がリリースされた。RHEL 7はNUMA構成を意識したスケジューリングとメモリ割り当てや「Full Dynamic Tick」の導入によるパフォー...(2014/7/22 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
x86サーバからPower Systemsへ、 Linuxアプリケーションやワークロードの高速化が実現
 OSを任意に組み合わせて稼働する「IBM Power Systems」は、仮想化ソリューション「IBM PowerVM」も統合して、優れた拡張性、柔軟性、堅牢性を実現している。Power Systemsは全てのモデルでLinuxが稼働するが、2012年に発表されたLinux専用サーバは、ビッグデータアナリ...(2015/7/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
IDCがRed Hat Enterprise Linuxの投資対効果を徹底調査 Linuxコスト削減効果リポート
 急速に拡大するIT環境をサポートする重要な基盤として、Linuxの活用が注目されている。Linuxは低コストな運用環境として評価されており、アプリケーションやデータベースの配備に利用されている。多くの組織でWebサーバ配備の中核として利用されており、基本的なファイ...(2014/5/7 提供:レッドハット株式会社)

Webキャスト
エンタープライズOSとして進化を遂げた「Red Hat Enterprise Linux 7」
 仮想化、クラウドへの移行が進み、ビジネスにスピードと変化が求められる中、IT基盤に要求されるのは「俊敏性」だ。高速処理が求められる金融サービスや通信サービス、瞬時の拡張性が求められるクラウドの基盤として、支持される「Red Hat Enterprise Linux」の最新版「...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
4つのケーススタディで解説する、Linux活用課題の解決方法
 基幹業務はもちろん、メールなどの汎用情報やデータ収集解析などの分野でもLinux活用が増加している。しかし、Linux OSの中でも大きなシェアを誇る「Red Hat Enterprise Linux」は約6カ月ごとに最新マイナーリリースが提供されるが、修正パッチリリースは最新版のみのた...(2014/5/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

カタログ
【カタログ】Linux障害解析サービス VA Quest
【製品概要】Linuxシステムの障害に関する、Linuxカーネルのソースコードやメモリダンプに基づいた詳細調査を行い、障害の解析、障害原因の追及・特定、回避方法の提案、修正パッチの提供等を実施。Kernelに含まれるKVMにも対応。【導入メリット】■ソースコードレベルで...(2010/11/25 提供:VA Linux Systems Japan株式会社)

製品資料
セキュリティコンプライアンス対策のために必要なLinuxの管理と運用を効率よく実現する手法とは
 クラウド環境、例えばAWSにオンプレミスのLinuxシステムを移行したり、新規にLinuxサーバを構築する場合、どの商用ディストリビューションを選ぶかはセキュリティリスクを軽減させる意味でも重要なポイントだ。そうした中で、最近利用されることが多くなっているのが「R...(2015/9/30 提供:サイオステクノロジー株式会社)

比較資料
Linux TCO比較──標準化、無償と商用の混合、無償のみ、TCOが最も低いのは?
 取得原価(出費ゼロ)で訴求力のある無償のソリューションは、定義上最も保有コストが低いと見なすことは容易だ。しかしこれはITの人件費がゼロの場合に限る。 事実、IDCの調査によるとOSソフトウェアのコストは、全体的な総所有コスト(TCO)分析においては比較的わず...(2014/5/7 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
ローリスク・ハイコストダウン可能なLinux移行の基礎知識
 ITテクノロジーの進化に伴い、多くの企業でOSやミドルウェア、データベース、そして基幹業務でもオープンソースを採用するケースが増えてきた。オープンソースは自由で柔軟なソフトウェア開発が可能、ITコストの削減など魅力は多いが、トラブル発生時の迅速な対応に不安...(2014/3/25 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
組込みLinuxソフトウェア開発における3つのテクノロジートレンド
 組込みLinuxを有効に活用いただくために、3つのテクノロジートレンドを紹介します。●マルチコアプロセッサ・ソフトウェア開発手法 組込み機器でもマルチコアプロセッサの採用が増えています。マルチコアプロセッサ・ソフトウェア開発の問題点と解決方法を紹介します。(2009/8/17 提供:株式会社日新システムズ)

製品資料
90分で環境構築から復旧まで、バックアップツールの製品評価ガイド
 企業の事業継続性を支える、業務データのバックアップは重要かつ不可欠なIT基盤である。システムの刷新などバックアップ製品を見直す際には、導入検討に当たって事前の情報収集が検討プロセスで重要となる。 本ホワイトペーパーでは、「Arcserve Unified Data Protecti...(2015/7/31 提供:Arcserve Japan合同会社)

事例
Linux導入事例集:「ダウンタイムゼロ」を目指す6社はなぜLinuxを選んだのか?
 あなたはシステムダウンタイムにどう対処しているだろうか? 今日の情報システム部門は常に継続的アクセスや需要の増大に対する要望に応えるというプレッシャーにさらされている。しかし、老朽化したサーバコンポーネントの交換、カーネルのパッチ適用、OSのアップグレ...(2014/11/13 提供:ノベル株式会社)

Webキャスト
「Red Hat Enterprise Linux 7」の目玉機能、コンテナ管理ツール「Docker」とは?
 「Red Hat Enterprise Linux 7」の新機能の中でも話題になっているのが、コンテナ管理ツール「Docker」の搭載だ。Dockerは、Linuxコンテナ(LXC)を活用するためのツールで、コンテナ内部で動かすアプリケーション環境の管理を容易にする。 本コンテンツは、Linuxコン...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
データセンターのLinux導入でコスト削減推進
 データセンターへのLinux導入によるコスト削減に関心を寄せるIT担当者は多い。だが、ビジネスクリティカルなアプリケーションを無料のソフトウェアに委ねることに懸念をいだく企業もあるのが現状だ。 本項では、シマンテックのLinuxソリューションの導入事例を、課題...(2013/12/19 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
IEC 62304 準拠の医療システムに適したOSを考える: Linux と QNX Neutrino RTOS の開発工数の比較
 医療システムのソフトウエアに関してたびたび議論されるのは、「Linux ではダメなのか」という点である。Linux は多くの分野で成功を収めた実績があり、巨大な開発者コミュニティから優秀な開発者を雇用することも可能だ。さまざまプラットフォームを対象とした数多くの...(2013/6/12 提供:QNX ソフトウエア システムズ株式会社)

技術文書
SUSE Linux Enterprise Server 10――Xenによる仮想化と使用例
 肥大化するシステムの効率的な運用やシステムの永続利用、ハードウェアの導入コストの削減のほか、サーバスペースの確保や電力・発熱問題への解決策としてますます注目が集まっている仮想化技術。 本資料はNovell SUSE Linux Enterprise 10から搭載されたXen仮想化テク...(2007/10/31 提供:ノベル株式会社)

レポート
Linuxサーバ/インターネットサーバ:セキュリティホール対策
セキュリティ維持に必要不可欠な脆弱性対策、統合運用管理ツールやクラスタリングと連携出来るLinuxシステム向けの画期的なパッチ自動適用ツールでTCO削減と安全性向上を両立する。信頼性が高く多様なインターネットサービスの提供に用いられるLinuxOS。しかし、その運用...(2006/9/19 提供:クワンティ株式会社)

技術文書
Linux環境における「SAP HANA」のHA構成、セットアップガイド
 メモリ大容量化、マルチコア化、分散並列処理技術、高度圧縮技術、カラム型技術などハードウェア/ソフトウェア双方の進化に伴ってSAP HANAは実用化され、多くの企業が導入するようになった。もともとはビッグデータなど大規模データの演算処理時間を大幅に短縮するソリ...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

製品資料
Red Hat Enterprise Linux 7はここが新しい――新機能や変更点をまとめて紹介
 2014年6月に発表された「Red Hat Enterprise Linux 7(RHEL7)」は、アプリケーションをコンテナ化する仮想化システム「Docker」をはじめ、、Windows環境との相互運用性強化、スケーラブルなファイルシステムなど多くの新機能や変更点が盛り込まれている。本資料は、そ...(2014/11/20 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
Linux基盤はそのまま、ITインフラの保守コストを今以上に削減する方法
 アーキテクチャの成熟や実績の蓄積を受けて、ITシステムを高価なUNIXプラットフォームからオープンソースに切り替える企業も珍しくない。オープンソース採用により、IT予算の有効な活用と柔軟なIT開発が可能になったが、万一のトラブルの際に、迅速な対応ができるかどう...(2014/3/25 提供:日本オラクル株式会社)

事例
実案件でx86サーバーのApache Tomcat/ IBM WebSphereを統合した際のベンチマーク結果と考察
 現在、392社29万人(2102年6月末時点)におよぶ官公庁はじめ大手金融機関や大手製造業を顧客に持つ、eラーニングサービスの先進企業である株式会社システム・テクノロジー・アイでは当初、iStudyのアプリケーション基盤にはx86 Linuxが採用されていました。 このたび...(2012/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
パフォーマンス検証から見るHadoopへの仮想化の適用とx86サーバーとの比較
 ビッグデータの分析で今話題のHadoop。現状、そのHadoopの環境はx86サーバーを横に並べスケールアウトさせるのが通例である。理由はX86サーバー上での仮想化は、パフォーマンスオーバーヘッドが生じるためHadoopでは禁じ手と言われているからである。 IBMは、UNIXのテ...(2012/11/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
企業基幹系システムにおけるLinuxの真の実力を評価する
 企業IT基盤において、処理能力を増強する方策として2つの考え方が語られる。1つはサーバ台数増加による処理能力増強を目指す「スケールアウト」、もう1つがサーバ自体の能力を向上させて処理能力を増強する「スケールアップ」だ。 概して、「Linuxはスケールアウト環境...(2008/7/1 提供:レッドハット株式会社)

その他
EclipseベースLotus Notes 8をSUSE Linux Enterprise Desktopと一緒に体験
 オープンなデスクトップ アプリケーション構築基盤(Eclipse RCP)を採用し、より表現力の高いUIや操作性の良さを提供するLotus Notes 8。Java実行環境として開発の自由度が増しただけでなく、新たな開発手法であるコンポジットアプリケーションを実装。その技術的革新...(2007/12/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
オープンソースOSで実現する仮想化環境
2007年初頭にリリースされたRed Hat Enterprise Linux 5は、「Xen」をベースとした仮想化機能を新たに搭載した。このホワイトペーパーでは、オープンソースで実現する仮想化システムについて解説する。 Red Hat Enterprise Linux 5では、セキュリティやパフォーマンスに...(2007/5/25 提供:デル株式会社)

技術文書
高級車メーカーがなぜ車載情報機器の開発に注力するのか
 2013年5月28〜29日に東京都内で開催された、「Automotive Linux Summit Spring 2013」(主催:The Linux Foundation)。同イベントでは、車載情報機器への採用が広がりつつあるLinuxや、それと関連する開発プロジェクトの最新情報が紹介された。 本稿では、ジャガーラン...(2015/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

事例
事例と有識者による徹底討論で検証「IAサーバの代替になり得るLinuxプラットフォーム」
 IAサーバでは思ったようなパフォーマンスが出ず、ビッグデータ時代への対応に不安を感じているユーザーは多い。その解決策としてOSSを利用したハイパフォーマンスマシンの導入は有力な選択肢だが、いくら快適な環境になっても、導入までのアプリケーション移行や導入後...(2015/3/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
エンタープライズをターゲットにしたOpenStackプラットフォーム
 オープンソースプロジェクトのOpenStackに今求められているのは、テスト済みのコード、ドキュメンテーション、インストーラー/ツール、アップデート、サポートを組み込んだエンタープライズ向けの商用OpenStackディストリビューションだ。 レッドハットが、Linuxで培...(2014/5/30 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
「HP-UX」から「Red Hat Enterprise Linux」への移行計画ガイド
 利用中のITシステムについて、1社のベンダーに過度に依存する危険をおかしていないだろうか? 経済情勢が不安定さを増し、合併や買収でベンダー集約が広がる中、ユーザー企業からはベンダーによる束縛を懸念する声がかつてなく多く聞かれるようになった。1社のベンダー...(2014/1/15 提供:レッドハット株式会社)

Loading