2010年11月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

戦略構築のための関係者討議による目標設定BI戦略の構築を始めるためのヒント──米ウェストミンスター大学の事例から

ウェストミンスター大学がBI戦略を成功させるために取り組んでいる計画を紹介する。

[Scott Lowe,TechTarget]

 意思決定や業務運営、戦略計画策定を支援するツール、プロセス、システムを活用するビジネスインテリジェンス(BI)戦略のメリットは極めて大きい。企業のデータが、業務の生産性や効率の向上、競争環境に対する理解の深化、新たな収益向上策の発見に役立つ情報の宝庫になるからだ。

 わたしがCIOを務めるウェストミンスター大学(米国ミズーリ州フルトン)は、BI戦略構築のごく初期の段階にある。驚かれるかもしれないが、大学がBIツールを使う場合、そこには現実的な収益上の理由がある。ほとんどの私立大学は非営利だが、損失を出すことを目指しているわけではない。利用可能なあらゆるリソースを最大限に活用することが重要だ。

 大学では企業と同様に、さまざまな指標で業務が評価される。われわれの教育活動と財務上の成功の最終的な判断基準となるさまざまなKPI(重要業績評価指標)がある。われわれは最近、あらゆるレベルの業務状況を把握することの重要性に気づいた。適切なデータにより、戦術的および戦略的な意思決定を向上させるとともに、測定可能な業績目標に対する責任を個々人に持たせることができる。

 こうした観点からBI戦略への取り組みを進めるに当たり、われわれはBIガバナンスグループを設置した。このグループは、合理的と考えられる当初のスコープを維持し、ソフトウェア評価をサポートし、分野横断的なリポーティング/測定ニーズに関する情報センターの機能を果たす。われわれはBI戦略に取り組み始めてまだ間もないが、以下のような高い最終目標を掲げている。

シームレスなBIリポーティング

 1回のリポートで物事を素早く理解できることもあるが、リポートが複数回必要な場合は、その作成方法を体系的に標準化しなければならない。

共通のリポーティング

 われわれはさまざまなリポーティングツールを使っており、新しいツールを追加してほしいという要望を頻繁に受ける。こうしたツールの一貫性とアクセシビリティを確保するため、広く利用できるBIツールを確立する必要がある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...