TechTargetジャパン

Webキャスト
データベースはもう止めない、本当の無停止型データベースとは?
 ニューヨーク証券取引所やユナイテッド航空など著名で多くのユーザーを抱えるサービスが、トラブルにより停止する事件が頻発している。背景には、ネット接続デバイスやデジタルデータの増大、仮想化やクラウド化でシステム集約が進むことによるアクセスの一極集中がある...(2015/11/17 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
データベース環境の賢い作り方――5つの課題で解説
 データベースサーバに求められるスペックは、バックアップシステムやハブシステムなどの要件によって異なるが、その導入に際しては、処理性能だけでなく、運用コスト、可用性、導入期間なども検討しなければならない。データベース環境をより少ない時間とコストで導入す...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

事例
NTTぷららが5つのデータベースを仮想統合、総コスト60%削減と同時に性能や機能は向上
 590万人を超える会員を有するNTTぷららでは、90チャンネル以上を放映するテレビ配信をはじめとして、音楽配信やクラウドゲームなど、多種多様なサービスを提供している。事業拡大に従ってシステムが複雑化、大規模化したことからサーバ仮想化を実施。その一環として、コ...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

レポート
データベース統合の実現に、ネットワークサーバとハイブリッドストレージの垂直統合という選択
 従来、ITシステムでは業務、地域、部署ごとにDBを設置していたため、新規導入や更新に際してサーバ、ストレージ、ネットワーク、OS、DBのシステム設計コストなどの費用が発生してきた。また、運用面でも電気代、設置場所、資産管理などの費用が発生する。DBを統合すれば...(2016/1/12 提供:株式会社日立製作所)

レポート
マイナンバー本格運用であらためて注目される「最新データベースファイアウォール」機能と有効性
 近年、Webサーバからデータベースへの不正アクセスによる情報漏えいが発生しているが、実はWebサーバの防御だけではデータベース内のデータを守ることはできないのが原因だ。またアクセス権限を持った人物がその権限を悪用して顧客データを持ち出し、そのまま長期間も犯...(2015/12/17 提供:NTTソフトウェア株式会社)

講演資料
マイナンバー対策を再点検、データベースセキュリティ「3つのポイント」
 マイナンバー制度が施行され、企業はサイバー攻撃の脅威から、特定個人情報を含む重要情報を守らなければならない。セキュリティ対策は、ネットワークの境界を守る「入口対策」「出口対策」だけでは限界が来ており、ネットワーク内部への侵入者によるデータの盗難・改ざ...(2015/12/14 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
軽量・低コストで管理者不要のデータベース管理システム、その秘密は?
 高性能なDB管理システムを導入したものの、専任の担当者を用意したり、運用コストを抑えたりとさまざまな課題を持つ企業は多い。それらの課題を解決する手段として、さまざまな自動機能を実装しているDB管理システムである「自己管理型リレーショナルデータベース管理シ...(2015/11/24 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
最大43倍のパフォーマンスを実現、データベースを支えるコンバージドインフラストラクチャとは
 企業向けデータセンターの効率を高めることは、企業の根幹にかかわる問題だ。本レポートは調査会社Principled Technologiesによる、コンバージドインフラストラクチャ「Dell PowerEdge FX2」と従来のラックサーバを比較したテスト報告である。 テストでは、Dell PowerE...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
ERPの効果に疑問を感じたら「真のデータベース統合」に着手せよ
 ERPの導入効果としては、経営内容の把握、それに伴う各種コストの最適化が挙げられる。各部門の業務データを統合し、予実管理などを迅速に進めることで、業務改善の具体策を検討できるようになる。従って、ERPの導入効果に疑問を感じている企業は、経営管理におけるスピ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

技術文書
マイナンバー漏えいを防ぐための「データベース徹底防御法」
 マイナンバー対策をする上でIT部門がまず成すべき重要なことは、自社が管理するマイナンバー/特定個人情報が格納されたデータベースに「誰が入ってこられるか」を精査することだ。その上で、当該データベースに対する「アクセス制御」や「アクセスユーザーの識別・認証...(2015/10/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

技術文書
適切なNoSQLデータベースの選択が成否を分ける、目的別NoSQL検討ポイント
 オンラインでの消費者の行動が変化し、新たな種類のデータが出現している。また、Webアプリやモバイルアプリ、IoT(モノのインターネット)のシステム構築ニーズの高まりなどにより、開発者はデータ保存と管理の方法の見直しを迫られている。 こうした背景を受け、NoSQ...(2015/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
データベースの専門知識が不要なマスターメンテナンス環境構築をわずか2日で実現
 データベースに格納されているマスターデータの変更要請が発生する場面は多い。扱う商材の追加や価格の改訂などの他にも、社内から求められる要件対応などだ。そのため、マスターデータのメンテナンスを簡単に効率良く行いたいという企業は多いのではないだろうか。 無...(2015/9/25 提供:株式会社システムエグゼ)

レポート
クラウドデータベースを“ガチ比較”、勝利を飾った意外な名前は
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2015/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
データベース高速化や仮想デスクトップ運用にも効果を発揮する「100%オールフラッシュストレージ」の応用法
 ムーアの法則に挙げられるように、半導体の集積度の向上に伴い、CPUプロセッサの性能は加速度的に進化を遂げてきた。それに対して、従来のストレージ製品に使われてきたHDDは回転速度の高速なもので1万5000回転が主流となっており、それ以上の飛躍的な性能向上は実現さ...(2015/7/31 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

レポート
データベースに関する読者調査リポート(2015年5月)
 TechTargetジャパンは2015年5月、TechTargetジャパン会員を対象に「データベースに関する読者調査」を実施した。本リポートでは、読者の勤務先が導入しているデータベース製品の種類や期待すること、懸念点などをまとめている。目的:TechTargetジャパン会員でIT製品・...(2015/7/31 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
今どきのシステム要求を満たす、柔軟なデータプラットフォーム構築の鍵となる「分散NoSQLデータベース」
 クラウド、IoT、ビッグデータ、ソーシャル、モバイルといった技術の活用によって、ビジネスをより進化させようとするとき、ここに挙げた技術を単体で利用するケースは少ない。IoTやM2Mの技術にクラウドソリューションを組み込むことで、ビッグデータの解析は現実的な施...(2015/7/31 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

レポート
5年間のTCOで最大60%以上の経費削減、データベースサーバの運用を比較検証
 パブリッククラウドの活用がTCO削減の有力な方法であるのは間違いない。しかし小規模組織などでは、LAN経由でデータベースを運用する方が効率的なケースもある。 短期視点では、データベース運用はハードウェアを購入し自社内で仮想マシンを制御するより、パブリックク...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

製品資料
検証:フラッシュストレージがデータベースワークロードにもたらすメリット
 IT担当者を悩ませるデータベースのパフォーマンスボトルネックは、ストレージI/Oの遅延が主な原因だ。この問題の解消には、HDDを多数並べる、あるいはソフトウェア側でのチューニングによって対応するのが一般的だった。しかしフラッシュ媒体の登場によって、こうした対...(2015/4/10 提供:ネットアップ株式会社)

事例
Oracle Exadata導入事例 2015――全てのデータベース処理に驚異的な性能でビジネスを革新
<こんなことを実現したい人にオススメ!>・データベース統合によるITコストの削減・アプリケーションの劇的なパフォーマンス・リアルタイム分析やデータベースクラウド(DBaaS)実現によるビジネス革新 Oracle Exadata Database Machineは、オンライントランザクション...(2015/4/6 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
分析用データベースシステムに必須の3要素とは?
 ビッグデータ活用を支える分析用データベースシステムだが、幾つか課題を抱えている。エンドユーザーは検索レスポンスの遅さやデータ処理の遅さに不満を持つ。運用管理者の悩みはデータ量の増加によるバッチ処理時間の長さやチューニング工数の増大であり、また、経営者...(2015/2/2 提供:日本電気株式会社)

事例
大阪教育大学が産学協同で実現した学修成果のデータベース化
 教員養成の単科大学として西日本最大の規模を持つ大阪教育大学。1991年には学内LANを整備するなどICTを積極的に導入しており、変化の激しいICT分野に大学だけでは対応が難しい、と産学協同の取り組みにも積極的だ。 そんな同大学の長年の課題は、手書き情報の共有だ。(2015/1/29 提供:コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社)

技術文書
本気でデータベースを速くしたいなら「SQL Server 2014」新機能を活用せよ
 「SQL Server 2014」には2つの大きな新機能が搭載された。その1つ「クラスタ化列ストアインデックス」は、SQL Server 2012に搭載されていた、データを行単位ではなく列単位で管理して処理の高速化を図る「列ストアインデックス機能」をさらに進化させた機能だ。また、も...(2015/1/20 提供:株式会社インサイトテクノロジー)

技術文書
危機感が広がる「内部犯行による情報漏えい」、データベースセキュリティが重要な理由とは
 企業や官公庁で相次ぐ情報漏えい事件。システムの脆弱性を突くなど従来の攻撃手法の他、電子メールを使った標的型攻撃も多く見られ、重要情報を抱える組織の危機感が高まっている。また、近年は内部関係者による情報漏えい事件も多く発生し、外部からの攻撃を想定した従...(2015/1/13 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
価格.comの「24時間365日、本当に止まらないデータベース」はこうして誕生した
 インターネットを利用するユーザーにとって、最安値やグルメなどの情報サービスは、24時間利用できることが前提だ。だが、運営企業にとっては、システムの可用性はそのままビジネスの可用性になる。原因が予期せぬ停止でも計画停止でも大きな利益の逸失につながりかねな...(2014/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
700万人規模のリアルタイムな薬剤処方分析を可能にしたデータベースとは
 製薬会社がマーケティングを行う際に、薬剤を問屋から病院に何がどれだけ納品されたかのデータは整備されていたが、医師が患者に処方した薬剤の実態をつかむデータベースはなく、自他社の製品がどのような疾患の患者に、どのタイミングで、どの程度処方されているかを把...(2014/10/16 提供:株式会社インサイトテクノロジー)

レポート
今人気のクラウドデータベース5選、気になるところを詳しく紹介
 あなたの会社が「Microsoft SQL Server」を運用しているなら、社内システムを拡張するために「Windows Azure SQLデータベース」(旧称SQL Azure)を既に利用しているかもしれない。しかし、このWindows Azure SQLサービスがそぐわない場合もある。例えば、あなたの会社...(2014/8/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
基幹システムよりも止められない!? 生産関連業務を24時間稼働で支え続ける統合データベースとは
 今や、生産現場にもスピード感のある改革が求められている。富士ゼロックスの製造事業会社として2010年に設立した富士ゼロックスマニュファクチュアリング。4つの生産会社の再編・統合により誕生した同社だが、設立の際、全ての基幹システムをERPで統合することになった...(2014/7/25 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
物流ビッグデータの高速処理・分析データベースを半年で構築
 物流機器類のレンタルを手掛ける日本パレットレンタルは、近年、レンタル事業に加え、RFIDの技術開発やクラウドサービスへの取り組みなど、ITを活用した物流情報サービスの提供を積極的に推進している。この取り組みをさらに進化させた物流管理ソリューションシステム「...(2014/7/7 提供:デル株式会社)

製品資料
データベースのクラウド化、ボトルネックとなるディスクI/Oの解決方法
 企業内に散在するデータベースを統合したい……。データベースをクラウド化し、いわゆるDBaaS(Database as a Service)を実現したい……。こうしたITプロジェクトの最大の課題は、やはりパフォーマンスの確保だろう。特に基幹システムをはじめとする「絶対に止まること...(2014/5/9 提供:日本オラクル株式会社)

Loading