TechTargetジャパン

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月4日号:あなたの会社がグリーンピースの標的になる日
 Computer Weekly日本語版 6月4日号は、以下の記事で構成されています。■グリーンピースが「ダーティーエネルギー利用企業」AWSとTwitterを糾弾 環境保護団体グリーンピースは、データセンターの電力に再生可能エネルギーを利用しているとしてGoogle、Facebook、Apple...(2014/6/4 提供:アイティメディア株式会社)

事例
文字コード変換は30分で完了、りそな銀行によるメインフレームからオープン系のデータ連携
 メインフレームとオープン系システムのデータ連携は、金融機関をはじめとするミッションクリティカルなデータを扱う企業などで盛んに取り組まれている施策だ。競争力向上のためのサービス拡充には、オープン系で構築された情報システムに、重要データを安全かつ迅速に取...(2016/2/3 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

レポート
IT部門責任者200人に聞いたプライベートクラウドの必須条件
 あなたの会社のプライベートクラウド戦略が優先度の低いアプリケーションだけを扱うことでなく、あらゆる種類のワークロードに対応することを目指しているならば、どんなインフラ環境を構築するべきなのか── 2012年10月、IBMはミッションクリティカルなワークロード...(2013/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
なぜ優良企業ほどリアルタイムな予測モデルを持つ分析基盤の構築を急ぐのか?
 顧客の意識やニーズをリアルタイムに予測・分析できる基盤が求められるようになった背景には、優れた顧客体験の提供をこれまで以上に企業が重視するようになったことが挙げられる。この傾向は、これまでデータ分析によって競争優位を獲得してきた企業ほど強い。しかし一...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
IoT機器開発の低消費電力化に不可欠! 2つの「電流変動測定」ツール
 IoTデバイス普及の鍵は「消費電力の低減」である。消費電力を抑えることができれば、小型化や低コスト化といった要件もクリアしやすくなる。  その鍵を握るキーワードが、「電流変動測定」だ。現状の解析ソリューションでは、ダイナミックレンジの制限や大きな測定ノイ...(2016/10/24 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

製品資料
4業種の利用例に見るマルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは
 顧客や市場に合わせて業務は変化し、これを処理するソフトウェアもさまざまなものが導入される。結果、マルチベンダー環境が出来上がり、保守窓口の分散や、障害時の切り分けに労力がかかる状態になっていないだろうか。 トラブルの早期解消や安定稼働には、利用する全...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
個々の属性をリアルタイムに把握、顧客ニーズを捉える分析基盤の条件は?
 マーケティングや開発戦略において、個々の顧客属性に合わせたサービスを展開することの重要性は以前から指摘されていた。そこで多くの企業では、年齢、職業、性別、家族構成などの属性データを集めてグループ分けをし、顧客分析を行ってきた。 しかし、多くの顧客は必...(2016/9/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
既存のIT資産とモバイルやクラウドを連携させる「APIの管理・運用」
 基幹システム上で扱われる機密性の高い情報をWebサービスに活用するため、サービス指向アーキテクチャ(SOA)への移行が、かつて盛んに行われた。これにより、顧客の個人情報や取引情報などを参照しないと実現しない多様なサービスが開発され、IT資産の有効活用が進めら...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

事例
ERP刷新で業務改革・ガバナンス・BCPを一気に推進――THKリズムの海外拠点改革
 拠点拡大や海外展開を目指す企業にとって、本社で各拠点の情報をリアルタイムに把握できるかどうかはビジネスの成否を分ける大きなポイントとなる。しかし、そのためには、各拠点における情報の可視化やビジネスプロセスの標準化といった課題を解消する必要がある。 こ...(2016/11/17 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
メインフレームの画面を設定だけでWEBにRefacingしPC、IPAD、スマホへ基幹業務情報を表示
 IBMおよび国産メインフレームのエミュレーション画面を「設定操作」だけでWeb化を実現! メインフレームの「エミュレーション画面」と「Webコミュニケーションサービス」を「1つのブラウザ」上で統合しました。 アクセス履歴(PCブラウザ経由の場合)が記録されるので...(2011/12/19 提供:トッパン エムアンドアイ株式会社)

技術文書
6万円で始めるデータ変換入門 システム連携の必須作業をどう簡単にする?
 オープンシステムとメインフレームをはじめ、アプリケーションやシステムを連携させる際に必ず必要になるデータ変換。代表的な作業としては文字コード変換やフォーマット変換、データクレンジング、レイアウト変換などがある。アプリケーションに用意されている機能を使...(2013/9/19 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

レポート
ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢
 分析技術の著しい進化は、データの利用価値を一変させた。分析可能な範囲が広がったことで、非構造化データを含む多種多様なデータが収集対象となり、多くの企業が競ってデータを蓄積するようになっている。その結果、ITインフラの主流となり始めたのが「データレイク」...(2017/2/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
もう先送りできない、レガシーシステムの「安全な引退方法」を考える
 いち早くITを活用し始めた企業ほど悩まされる課題がある。いわゆる「サーバやデータベースの塩漬け」問題だ。昔から利用してきたシステムが時代遅れとなりつつあるのは分かっているが、その刷新は手間とコストが現実的ではなく、手つかずのまま使い続けざるを得ない。 ...(2016/11/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2016/12/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
複雑なIT環境で障害は避けられないのか? 影響を最小化する構成要素分析に迫る
 ビジネスの展開に応じて、部分的な増強や入れ替えをすることが多いシステムインフラ。気付けば非常に複雑な構成となっているケースは珍しくない。こうした多種多様なベンダーのハードウェアやソフトウェアが混在する環境では、その複雑さが多くの課題をもたらしている。(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?
 技術革新やワークスタイルの変化で、企業ITインフラにはサーバからPC、モバイルデバイス、専用端末、ネットワーク機器など、さまざまなベンダーのハードウェアが混在している。 トラブルが起きれば問題を切り分けなければいけないが、それぞれ仕組みが違い、台数も多く...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
異なるベンダー製品が混在するインフラ保守やトラブル対応をまとめてカンタンに
 多種多様なハードウェアとソフトウェアが用いられている企業のIT環境。採用されているベンダーもさまざまであり、それぞれの保守窓口も異なるため、問題が生じた際の切り分けはユーザー側の負担となる。障害が複雑なほど、解決の道は遠くなる。 とはいえ、単一ベンダー...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
エンタープライズクラウドが明日のIT担当者を救う「10の理由」
 過去10年ほどの間、ITインフラはバラバラなリソースを積み上げる形で変化してきた。しかし、多くの企業が自社のデータセンターに対して、俊敏性やシンプル性、成長に合わせた拡張性を求めるようになったことで、このような流れにも変化が現れている。 特に注目すべきは...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
その重複排除では重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ
 過去のデータは累積し、ビッグデータ到来で新たなデータは急増、そのバックアップの抑制には「重複排除」が有効だ。この重複排除にも新旧の技術が存在し、古い技術では大量データに耐えられず、ネットワークを圧迫し、バックアップが終わらない事態も招きかねない。 こ...(2016/12/13 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
今さら聞けない「SDNとSD-WANの違い」──SD-WAN最適化のために知っておくべきこと
 急速に発展を遂げるソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)の適用先はデータセンターからWAN(Wide Area Network)へと移行し始めている。その中でも注目されているのが、従来のWANよりも高度な複雑さを解消できるソフトウェア定義WAN(SD-WAN)だ。 SD-WANはハイブ...(2016/12/6 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
産業ネットワーク最新動向!インダストリ4.0に向けIoTの新たな価値を創造する技術とは?
技術革新、産業革新、生産革新を軸に見たとき、産業分野の現在地はどこに位置しているのか?第4次産業革命時代の到来により、市場ではIoTによる新たな価値創造がはじまっている。 産業ネットワークとは、様々な工場設備や機器を繋ぐためのネットワークの総称だ。産業ネ...(2016/12/5 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

技術文書
IoT向けデバイス評価に不可欠な電流波形解析ツール
スマートフォン技術の向上により不揮発性メモリ(NVM)への要求が高まり、IoTによってNVMのアプリケーション領域が拡張し続けている。現在はフラッシュメモリがストレージデバイスの主流だが、ReRAM、PRAMなどの次世代のNVMに関する広範囲の研究が進行中で、速度、性能、消...(2016/7/27 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

Loading