TechTargetジャパン

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月4日号:あなたの会社がグリーンピースの標的になる日
 Computer Weekly日本語版 6月4日号は、以下の記事で構成されています。■グリーンピースが「ダーティーエネルギー利用企業」AWSとTwitterを糾弾 環境保護団体グリーンピースは、データセンターの電力に再生可能エネルギーを利用しているとしてGoogle、Facebook、Apple...(2014/6/4 提供:アイティメディア株式会社)

事例
文字コード変換は30分で完了、りそな銀行によるメインフレームからオープン系のデータ連携
 メインフレームとオープン系システムのデータ連携は、金融機関をはじめとするミッションクリティカルなデータを扱う企業などで盛んに取り組まれている施策だ。競争力向上のためのサービス拡充には、オープン系で構築された情報システムに、重要データを安全かつ迅速に取...(2016/2/3 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

レポート
IT部門責任者200人に聞いたプライベートクラウドの必須条件
 あなたの会社のプライベートクラウド戦略が優先度の低いアプリケーションだけを扱うことでなく、あらゆる種類のワークロードに対応することを目指しているならば、どんなインフラ環境を構築するべきなのか── 2012年10月、IBMはミッションクリティカルなワークロード...(2013/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
メインフレームの画面を設定だけでWEBにRefacingしPC、IPAD、スマホへ基幹業務情報を表示
 IBMおよび国産メインフレームのエミュレーション画面を「設定操作」だけでWeb化を実現! メインフレームの「エミュレーション画面」と「Webコミュニケーションサービス」を「1つのブラウザ」上で統合しました。 アクセス履歴(PCブラウザ経由の場合)が記録されるので...(2011/12/19 提供:トッパン エムアンドアイ株式会社)

技術文書
6万円で始めるデータ変換入門 システム連携の必須作業をどう簡単にする?
 オープンシステムとメインフレームをはじめ、アプリケーションやシステムを連携させる際に必ず必要になるデータ変換。代表的な作業としては文字コード変換やフォーマット変換、データクレンジング、レイアウト変換などがある。アプリケーションに用意されている機能を使...(2013/9/19 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

事例
ライオンのストレージ基盤見直し術 多重バッチ処理時間50%削減への道のり
 パーソナルケア用品大手のライオンは、30年以上使い続けてきたメインフレーム上の受注、在庫引き当て、出荷情報を処理する基幹業務システムのホストマイグレーションを完了。基幹システムの処理性能が向上する一方で、ストレージシステムの性能限界による日次・週次のバ...(2016/1/22 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
CAEはクラウドへ 重要なのは「計算」ではなく「結果を見ること」?
 CAEについては過去40年ほど間でメインフレームへの集中や分散処理型の採用などの流れがあったが、現在のうねりの1つはクラウドサーバだ――。 ヴァイナス代表取締役社長の藤川泰彦氏は、近年のCAE事情をこう説明する。 研究所や企業の研究開発部門などにおける最先端...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
オンワード樫山が全面導入したクラウド環境の基幹システム、オンプレミスとの違いとは
 大手アパレル企業のオンワード樫山は、これまでメインフレームを中心とした自社システムで基幹システムを運用してきたが、システム構造の複雑化が進み、各種制度変更に伴う運用や改修の負荷が課題になっていたという。そこで2015年3月に基幹システムを全面刷新し、アパ...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
危機に直面するIoT――変革はいつ、どのように訪れるのか?
 ジェットエンジンの監視、自動化されたスマートメーター、リモートでの健康管理などの分野でIoTは普及しつつある。しかし、その他の多くの領域においてはまだ需要の出足は鈍く、経営者や専門家の間でIoTの危機が取り沙汰されている。 ネットワーク化されているスマート...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
測定の効率をあげるBenchVueソフトウェア
 BenchVueソフトウェアなら、機器の設定、測定、データ保存、ロギング等の一連の測定作業をPCから操作できるのはもちろん、繰り返し測定などの簡単なテストシーケンスもテストフローアプリケーションを使って実現できる。基本プラットフォームは無償、Proバージョンはラ...(2016/4/25 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

製品資料
メインフレームの画面を設定だけでWEBにRefacingしPC、IPAD、スマホへ基幹業務情報を表示
 IBMおよび国産メインフレームのエミュレーション画面を「設定操作」だけでWeb化を実現! メイフレームの「エミュレーション画面」と「Webコミュニケーションサービス」を「1つのブラウザ」上で統合しました。 アクセス履歴(PCブラウザ経由の場合)が記録されるので...(2011/9/26 提供:トッパン エムアンドアイ株式会社)

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
若手エンジニアに贈る「組み込み業界の常識・非常識」【前編】
 本連載コラムは、組み込みソフトウェア開発を知り尽くしたベテラン・エンジニアから、若手の組み込みエンジニアへ贈る応援メッセージである。連載第1〜5回までを「Part1」としてまとめてお届けする。・第 1 回:どんな組み込みエンジニアになりたいですか?・第 2 回:...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
IT管理工数を71%削減、シンプル化を極めるシステム構築・運用術
 IDCの調査によると、当初はVDI(仮想デスクトップ環境)が主な用途だったハイパーコンバージドシステムは、現在ではその用途も広がり、データベースやERP、CRM、SCMなどのビジネスアプリケーションにまで広がってきている。 大企業の情報システム部門では、5年後を予測...(2016/3/8 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
メインフレームからオープンシステムへの移行事例 SQL Serverが示した高可用性
 このホワイトペーパーは、マイクロソフト公式の『SQL Server 2012 徹底検証シリーズ SQL Serverで実現するミッションクリティカルシステム』である。架空の企業「X社」をモデルに、基幹系システムのリプレースプロジェクトをシステム導入の流れに沿って詳細に解説して...(2013/8/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
DevOpsの実現を阻む「3つの壁」を打破し、開発部門も運用部門も同じゴールへ
 DevOpsは「開発と運用の一体化」によって、ITサービス提供のスピードアップ、運用コスト削減、品質向上、障害削減などのメリットが期待できる。こうした効果を最大化できるのは基幹系システムなどの大規模環境となるが、DevOpsをこうしたシステムに適用するケースはまだ...(2016/1/18 提供:株式会社野村総合研究所)

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2015/12/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
最大43倍のパフォーマンスを実現、データベースを支えるコンバージドインフラストラクチャとは
 企業向けデータセンターの効率を高めることは、企業の根幹にかかわる問題だ。本レポートは調査会社Principled Technologiesによる、コンバージドインフラストラクチャ「Dell PowerEdge FX2」と従来のラックサーバを比較したテスト報告である。 テストでは、Dell PowerE...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

事例
ライオンが3年間ノンストップ稼働と10倍の生産性向上を手に入れた帳票基盤とは?
 2011年に創業120年をむかえた、ヘアケア、スキンケアなど生活に身近な製品を手掛けるライオンでは、2010年からIT基盤および基幹業務システムのリニューアルを推進。メインフレームを撤廃し、プライベートクラウド上のオープン系システムに移行した。この取り組みの原点...(2014/9/4 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
ANAが取り組んだエアラインシステムの全面刷新に伴う「構成管理システムの重要性と効果」
 ANAの1日約800便、搭乗者10万人以上の「予約」「発券」「搭乗」の重要業務を支え、さらに搭乗手続きをせず、直接、保安検査場に利用者を誘導する「スキップサービス」や「コンビニ決済」といった独自のサービスも支えているシステムは大規模なものになる。 こうしたシ...(2015/10/30 提供:リックソフト株式会社)

講演資料
利便性と安全性は両立できるか? モバイルセキュリティ最新動向
 モバイル活用による業務の利便性向上やワークスタイル変革に注目が集まる。一方、モバイルからの情報漏えい防止をはじめとするセキュリティ対策においては、個人と業務の混在といったユーザーの利用要件などモバイル特有の性質により、端末管理を複雑かつ困難にしている...(2015/10/19 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
DevOpsは俊敏性を高めることができるのか――サービス仮想化から始めるDevOps事例
 アプリケーションがビジネス成功の鍵を握る今日、ビジネスの俊敏性を高めるためにはアプリケーションを市場に提供するスピードが重要な成功要因となる。メインフレームを含むレガシーシステムは大企業には残っており、これらレガシーシステムと連携するアプリケーション...(2014/12/25 提供:CA Technologies)

製品資料
セキュリティコンプライアンス対策のために必要なLinuxの管理と運用を効率よく実現する手法とは
 クラウド環境、例えばAWSにオンプレミスのLinuxシステムを移行したり、新規にLinuxサーバを構築する場合、どの商用ディストリビューションを選ぶかはセキュリティリスクを軽減させる意味でも重要なポイントだ。そうした中で、最近利用されることが多くなっているのが「R...(2015/9/30 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
適切なNoSQLデータベースの選択が成否を分ける、目的別NoSQL検討ポイント
 オンラインでの消費者の行動が変化し、新たな種類のデータが出現している。また、Webアプリやモバイルアプリ、IoT(モノのインターネット)のシステム構築ニーズの高まりなどにより、開発者はデータ保存と管理の方法の見直しを迫られている。 こうした背景を受け、NoSQ...(2015/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
予測不可能な次の20年に備える自由なインフラへ 「Old IPとNew IP」その違いとメリット
 ビジネスに選択の幅と柔軟性をもたらす第3のプラットフォームへの対応は、IT部門にとっても喫緊の課題となっている。データ量は増大し、ネットワークは拠点や人だけでなく、無数のモノをつなぐIoTへと変化してきている。第3のプラットフォームでは、モバイル、ソーシャ...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
4つの特長で確認 グローバルサプライチェーンに必要な「データの管理・統合」とは
 企業はグローバルなサプライチェーン全体において、多くの取引パートナーの需要に対応するため、データを統合、移動、共有、制御する必要に迫られている。パートナーとの間で作成、保管、交換される膨大なデータを、迅速・安全に管理するためのITインフラとシステムが求...(2015/9/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
限界が見えてきたRAIDによるデータ保護、これに替わる「イレージャーコーディング」のメリットとは?
 企業の保有するデータ量が爆発的に増加していることは、多くのユーザーが承知している事実だろう。データのビジネス活用は、IoT活用の進展をはじめ急速に進んでいる。こうした状況で問題となるのは、大規模に蓄積されたシステム内のデータをいかに保護するかということ...(2015/9/14 提供:スキャリティ・ジャパン株式会社)

事例
半導体テストコスト削減に成功したIDT社、採用した柔軟で低コストなソリューションとは。
半導体デバイスの性能が向上するに従い、ATEシステムが陳腐化するまでの期間は短くなり、すぐに能力の限界に達してしまう。このことがテストコストの高騰を招く大きな要因になっている。しかも、従来型のATEは実際には使用しない余分な機能を搭載していることから、無駄な...(2015/9/4 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
複雑な環境をクラウドに移行する漸進的なアプローチとは
 サーバの仮想化は何年も増加傾向にありましたが、仮想化だけでは今日のビジネスやテクノロジーのスピードに対応できません。 仮想化やクラウドコンピューティングには強力な利点がある一方で、仮想サーバの増加により、管理が必要となるリソースの数も増え、デプロイメ...(2015/4/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
TCOを81%削減、配属人員は66%削減、複数の仮想化技術の比較分析レポート
 巨大化、複雑化する企業のITシステムの課題を解決し、効率的なIT部門を実現する上で、仮想化技術は重要な要素の1つだ。ツールの進化などによるITシステムやリソースの管理にかかるスタッフの作業時間の削減、サーバやプラットフォーム全体のリソース管理の効率化、信頼...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading