TechTargetジャパン

製品資料
基幹業務システムでFinTechを活用、OSSとメインフレームはなぜ相性が良いのか?
 近年は、最新のWeb技術やアプリケーションAPIを活用したサービス開発があらゆる領域で行われている。このようなアプローチの1つである「FinTech」も、今では金融機関の周辺業務だけでなく、基幹業務の領域での活用が進んでいる。 その実現の鍵となるのが、常に最新技術...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE
 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。 メインフレーム...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月24日号:ブロックチェーンの意外な活用法
 Computer Weekly日本語版 5月24日号は、以下の記事で構成されています。■AWSの独走は終わる? GoogleとAzureがAWS以上の評価を獲得■コードを書き換えずにメインフレームアプリを移行する“リホスト”のススメ■「特別なソフトウェアは要らない」──GAME Digitalの...(2017/5/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月4日号:あなたの会社がグリーンピースの標的になる日
 Computer Weekly日本語版 6月4日号は、以下の記事で構成されています。■グリーンピースが「ダーティーエネルギー利用企業」AWSとTwitterを糾弾 環境保護団体グリーンピースは、データセンターの電力に再生可能エネルギーを利用しているとしてGoogle、Facebook、Apple...(2014/6/4 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
オープン系がベストではない? オフコン移行策を資産継承性とコストで考える
 古いオフコンや国産メインフレームを利用している企業では、サポート切れなどに直面し、待ったなしのリプレースを迫られているケースも多い。その一方で、レガシーな資産を新たなプラットフォームに移行するための技術は進化しており、ユーザー企業はさまざまな選択肢を...(2017/8/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
文字コード変換は30分で完了、りそな銀行によるメインフレームからオープン系のデータ連携
 メインフレームとオープン系システムのデータ連携は、金融機関をはじめとするミッションクリティカルなデータを扱う企業などで盛んに取り組まれている施策だ。競争力向上のためのサービス拡充には、オープン系で構築された情報システムに、重要データを安全かつ迅速に取...(2016/2/3 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

レポート
IT部門責任者200人に聞いたプライベートクラウドの必須条件
 あなたの会社のプライベートクラウド戦略が優先度の低いアプリケーションだけを扱うことでなく、あらゆる種類のワークロードに対応することを目指しているならば、どんなインフラ環境を構築するべきなのか── 2012年10月、IBMはミッションクリティカルなワークロード...(2013/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

プレミアムコンテンツ
商用3D CADカタログ 2017年版「CATIA」
 航空宇宙、船舶、自動車分野などの大規模アセンブリの設計・開発において、存在感を示しているのがフランスDassault Systemes(ダッソー・システムズ)が手掛けるハイエンド3D CAD「CATIA(キャティア)」である。 フランスの航空機メーカーDassault Aviation(ダッソ...(2017/10/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
企業が急成長するために「サイロ型」から次世代仮想インフラに移行すべき理由
 保有契約件数が10期連続で2桁成長し、2016年5月末には300万件を突破したというオリックス生命。同社は、サイロ化した業務システムから脱却し、ビジネスニーズの変化に柔軟かつ迅速に対応するためハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用し、基幹業務の全面仮想化を進...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
なぜ優良企業ほどリアルタイムな予測モデルを持つ分析基盤の構築を急ぐのか?
 顧客の意識やニーズをリアルタイムに予測・分析できる基盤が求められるようになった背景には、優れた顧客体験の提供をこれまで以上に企業が重視するようになったことが挙げられる。この傾向は、これまでデータ分析によって競争優位を獲得してきた企業ほど強い。しかし一...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「フラッシュストレージ」講座:今さら聞けない基礎知識を徹底解説
 フラッシュメモリをベースにしたストレージは、HDDとは比較にならない高速性を武器に年々市場を拡大している。コンシューマー向けのPCの記憶媒体は、既にフラッシュメモリを用いたSSDへと移行し、HDDのみを搭載したPCは少数派となりつつある。 データセンターにあるサ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

技術文書
レガシー脱却の選択肢と次の一手:成否を分けるポイントとは?
 昨今、レガシーシステムを見直す機運が高まっている。ベテラン技術者の退職や管理されていない仕様書によりシステムのブラックボックス化が進行し、プログラムの保守性や開発生産性の著しい低下など、多くの企業が抱える課題はほぼ共通だ。 しかし、いざ、マイグレーシ...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
請求業務時間を2日間から数時間に短縮。IBM i環境の帳票オープン化の効果
 帳票にまつわる課題は企業によって多種多様だ。なかにはメインフレーム系システム基盤を用いているため、帳票出力業務に多くの労力と時間がかかり、専用プリンタや専用用紙の管理コストが負担となっているケースもある。 例えば、「IBM i(AS/400)」などは、長年にわ...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

技術文書
IoT機器開発の低消費電力化に不可欠! 2つの「電流変動測定」ツール
 IoTデバイス普及の鍵は「消費電力の低減」である。消費電力を抑えることができれば、小型化や低コスト化といった要件もクリアしやすくなる。  その鍵を握るキーワードが、「電流変動測定」だ。現状の解析ソリューションでは、ダイナミックレンジの制限や大きな測定ノイ...(2016/10/24 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

技術文書
DevOpsを邪魔する「3つの壁」、開発と運用を一体化させる秘訣とは?
 DevOpsは、本来、開発者である「Developer」と運用者の「Operator」が協力し合い、成果物を素早くリリースする取り組みや思想、コンセプトを指す。開発と運用が一体化することにより、ITサービス提供のスピードアップや運用コストの削減、品質向上、障害削減を目指すも...(2017/10/2 提供:株式会社野村総合研究所)

製品資料
効果的なセキュリティ対策を目指すなら欠かせない「特権アカウント」管理
 企業内の全てのシステムを監視し、異常アクティビティーを検出するセキュリティ体制を構築したいところだが、現実には限界がある。そこで、リスク回避の最優先施策として取り組みたいのが、侵害されれば企業に甚大な被害をもたらす可能性がある「特権アカウント」の管理...(2017/9/29 提供:CA Technologies)

製品資料
4業種の利用例に見るマルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは
 顧客や市場に合わせて業務は変化し、これを処理するソフトウェアもさまざまなものが導入される。結果、マルチベンダー環境が出来上がり、保守窓口の分散や、障害時の切り分けに労力がかかる状態になっていないだろうか。 トラブルの早期解消や安定稼働には、利用する全...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
個々の属性をリアルタイムに把握、顧客ニーズを捉える分析基盤の条件は?
 マーケティングや開発戦略において、個々の顧客属性に合わせたサービスを展開することの重要性は以前から指摘されていた。そこで多くの企業では、年齢、職業、性別、家族構成などの属性データを集めてグループ分けをし、顧客分析を行ってきた。 しかし、多くの顧客は必...(2016/9/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは?
 IBMは「Watson」について、自然言語を理解・学習し人間の意思決定を支援する「コグニティブコンピューティングシステム」と定義している。このコグニティブコンピューティングに欠かせない燃料ともいえるのが膨大なデータだ。そして、このデータの格納場所になるストレ...(2017/10/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月4日号:Office 365を安く導入する方法
 Computer Weekly日本語版 10月4日号は、以下の記事で構成されています。■ITプロジェクト失敗の原因は「リレーショナルデータベース」■NVMeでボトルネック化するストレージコントローラー■SANをハイブリッドフラッシュに置き換えて年1140万円のコストを削減■Office ...(2017/10/4 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハイブリッド環境の特権アカウント保護をレベルアップさせる12の必須要件
 企業のIT環境は、クラウドコンピューティングと仮想化の登場によって複雑化の一途をたどっている。中でも課題となるのがアカウント情報の管理と保護だ。かつてないほど重要で複雑になった特権アカウントを管理するには、包括的なシステム対応が欠かせない。 そこで、本...(2017/9/29 提供:CA Technologies)

製品資料
先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由
 新たなイノベーションや機会の創出によってビジネスの変革が目まぐるしく進む状況下で、企業が競争上の優位性を保ちつつビジネス目標を達成するためには、クラウドを活用しつつ、システムのスピードや効率、柔軟性を高めていく必要がある。 クラウド戦略の具体的なアプ...(2017/4/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
既存のIT資産とモバイルやクラウドを連携させる「APIの管理・運用」
 基幹システム上で扱われる機密性の高い情報をWebサービスに活用するため、サービス指向アーキテクチャ(SOA)への移行が、かつて盛んに行われた。これにより、顧客の個人情報や取引情報などを参照しないと実現しない多様なサービスが開発され、IT資産の有効活用が進めら...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
PCI DSS準拠だけでは足りない、特権アクセス管理のセキュリティ強化法
 クレジットカード情報を扱う事業者は、さまざまな規制順守のプレッシャーにさらされている。特に「PCI DSS」は、日本クレジット協会が2018年3月までの対応を求めるなど、国内の事業者にとって急務の課題となっている。中でも重要な要件が、特権アクセス管理の強化だ。 ...(2017/9/29 提供:CA Technologies)

製品資料
脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ
 外部からの攻撃ばかりが取り沙汰されるサイバー攻撃だが、内部の脅威に対しても防御が必要だ。近年は、アウトソーシングなどを利用する機会が増え、ビジネスシステムにアクセスできる特権ユーザーが増えている。そのため、システム管理者は、増加する特権ユーザーを適切...(2017/9/27 提供:CA Technologies)

製品資料
サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは
 アプリケーションエコノミーの要望とハイブリッドインフラストラクチャへの移行により、企業は以前よりもサイバー攻撃を防ぐことが難しくなってきている。個人情報の流出やデータの破壊など、サイバー攻撃から防衛し切れなくなったときの損害は計りしれなく、場合によっ...(2017/9/27 提供:CA Technologies)

製品資料
IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る?
 自動車や家電製品、工業用・医療用機械などで急速に普及しているIoTデバイスは、2019年までに500億台がオンラインでつながると予測されている。IoTはあらゆる業界のビジネスチャンスを大幅に拡大するものだが、オンラインデバイスが増えることでセキュリティリスクも増...(2017/9/27 提供:CA Technologies)

技術文書
クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方
 クラウドの導入に際して、多くの企業が運用効率やTCO、パフォーマンスなどを慎重に検討する。その一方で、プライベート、パブリック、ハイブリッドの3種類の実装モデルと、配置するワークロードの特性の親和性については、十分な検討がなされていないのが現状だ。 だが...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

製品資料
リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?
 Uberのような新たなプレイヤーがITを武器にビジネスに参入してくる時代では、データ活用の重要性はあらゆる業界で急速に高まっている。しかし、多様なデータをさまざまなシステムが個別に保有している結果、限定的なデータ分析しか行えない企業は少なくない。 必要とな...(2017/9/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading