TechTargetジャパン

レポート
AWSとアマゾンの関係(2):AWSがアマゾンの最大の事業になる日
 Amazon Web Services(AWS)の総責任者であるアンディ・ジャシー氏は、2014年11月の同社イベント「AWS re:Invent 2014」におけるプレス・アナリスト向けQ&Aセッションで、「AWSはアマゾンの最大のビジネスになる可能性がある」と話した。 現在のところAWSの売上はオン...(2015/1/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
AWSとアマゾンの関係(1):アマゾンはどこまで「普通でない」のか
 AWS(Amazon Web Services)はアマゾンにとってどういう存在なのか。アマゾンは、AWSをどういうつもりでやっているのか。これはAWSを利用する人たちにとっても、アマゾンに投資する人たちにとっても、重要な話題だ。AWSの利用者や潜在利用者が、「AWSは本当にサステイナ...(2015/1/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
日本法人長崎社長を直撃、Amazon Web Servicesに関する素朴な疑問
 Amazon Web Services(以下、AWS)とは、結局どのような企業なのだろうか。これは、AWSを利用している人、利用を検討している人のどちらにとっても、同社の提供しているサービスの具体的な機能同様、重要な関心事であるはずだ。そこでIT INSIDERでは、AWSの日本法人であ...(2015/6/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ユーザー企業自身が語る、AWSを選んだ理由
 Amazon Web Services(AWS)を日本で運営するアマゾンデータサービスジャパンが2014年7月17、18日に開催した「AWS Summit Tokyo 2014」では、基調講演、個別講演、パネルディスカッションに一般企業22社(筆者の計算による)が登場、自社がなぜ、どのようにAWSを使って...(2014/7/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
AWSのセキュリティをユーザー企業はどう考え、対策しているか
 AWSのユーザー企業は、AWSの採用に至る検討の段階で、セキュリティに関してはどう考え、あるいは社内の了解を得たか。運用ではどのような工夫をし、セキュリティを確保しようとしているか。 今回はIT INSIDER No.31、IT INSIDER No.32に続き、AWS Summit Tokyo 2014に...(2014/8/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IBMの「SoftLayer」と「Bluemix」がAWSの強力なライバルとなる理由
 米IBMと米Amazon Web Servicesのクラウドコンピューティングにおける覇権争いが続いている。 IBMのIaaS「IBM SoftLayer」は、ベアメタルクラウドのパフォーマンスや低価格のネットワーク使用料、無料のサポートを強みに「Amazon Web Services」(AWS)の顧客を取り込も...(2015/6/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
 ハイブリッドクラウドへのチャレンジは、クラウドへの移行で終わるわけではない。社内のオンプレミス環境を外部のクラウドサービスと連係することで、新たな問題が次々と出現するのだ。 例えば、VMware環境と「Amazon Web Services」(AWS)を連係するハイブリッドクラ...(2016/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「オンプレミスからクラウド」を賢く実践、知らないと損するノウハウとは
 企業がクラウド利用を検討する理由の多くは、クラウドが迅速にリソースを展開でき、スケーラビリティを提供し、かつコストメリットを有しているからだ。そして、多くの企業が、クラウドを検討する際には、まず、「Amazon Web Services」(AWS)を真っ先に候補に入れるだ...(2016/4/19 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

比較資料
「VMware vCloud Air」と「AWS」のI/Oパフォーマンス比較。その意外な結果とは?
 「VMware vCloud Air」はVMwareが提供するパブリッククラウドサービスで、VMware vSphereを基盤として構築されている。ディザスタリカバリ、専用クラウド、仮想プライベートクラウドの3種類のサービスが用意されているが、今回は専用クラウドサービスと仮想プライベート...(2015/4/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
クラウド型BIサービス基盤に学ぶ「AWSとオンプレミスのセキュアな接続方法」
 「ビッグデータ」という言葉が世の中に広まる前から、一貫してデータ分析を柱に事業展開してきたブレインパッド。さまざまな業種の企業に対して、分析業務支援からデータ活用ソリューションまでをワンストップで提供している。 同社がクラウド型BIサービス「Cloudstock...(2015/4/30 提供:株式会社ビットアイル)

製品資料
Amazon EC2のバックアップ大丈夫? AWSを生かすバックアップ設計・運用のヒント
 クラウドの普及に伴い、AWSをビジネスに活用する企業は多い。システム運用に欠かせないバックアップについて、AWSは豊富なサービスを提供しており、サーバ(Amazon EC2)のバックアップもコンソールやAPIを使って簡単に実行可能だ。しかし、手作業でのバックアップ運用...(2015/5/26 提供:日本電気株式会社)

事例
AWSとオンプレミスのつなぎ方 毎秒数万件の超高速処理を実行するアドテク企業に聞く
 ソネットグループのインターネットマーケティング企業であるソネット・メディア・ネットワークス。同社が提供する純国産DSP「Logicad(ロジカド)」は、独自のアルゴリズムを用いたリアルタイムな広告枠オークションを実行しており、月間500億件、毎秒数万件のシステム...(2015/4/30 提供:株式会社ビットアイル)

レポート
続・ユーザー企業自身が語る、AWSを選んだ理由
2014 年7 月17、18 日に開催した「AWS Summit Tokyo 2014」では、基調講演、個別講演、パネルディスカッションで、多数のユーザー企業が自らのAWS 活用について語った。IT INSIDERでは、前号「ユーザー企業自身が語る、AWS を選んだ理由」で、このうちエイチ・アイ・エス...(2014/7/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
AWSのロードバランサーELBとBYOLの仮想ADCを比較、柔軟で堅牢なWebシステムを構築するには?
 企業のシステムインフラの構築において、今やAWSは当然の選択肢となっている。しかし、AWS上にシステムを構築して負荷分散を行う場合、AWS提供のELBだけでは機能要件の制約に悩むことも多い。 本ホワイトペーパーは、そういった機能要件の制約を解決するソフトウェアベ...(2015/11/16 提供:SCSK株式会社)

レポート
オンプレミスからAWSへ、ケンコーコムが取り組んだ基幹システムのクラウド化
 健康食品や化粧品、医薬品などをオンラインで販売するケンコーコムが「Amazon Web Services」(AWS)上に基幹システムを構築し、2012年8月に本格稼働させた。これまでオンプレミスでの運用が常識だった基幹システムだったが、AWSを利用することで月600万円のコストを削...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
ITセキュリティに対するAmazon Web Servicesの意外なインパクト
 IaaSのセキュリティにユーザー企業がどこまで信頼を寄せることができるか。これは、可用性の問題とともに、企業の業務システム運用用途での、IaaS利用の進展スピードを大きく左右するポイントだ。 だが現在のところ、「かゆいところに手が届くような」議論はあまり聞く...(2013/1/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「SAP on AWS」はもはや常識? 基幹システムをクラウド化するメリットとは
 多くの企業で基幹業務を担っているERPシステムを、従来のオンプレミスからクラウドへと移行する事例が増えている。基幹システムのクラウド化については、懸念や不安の声もある一方で、どのようなメリットが考えられるのだろうか。 本稿では、代表的なERPパッケージであ...(2015/8/6 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ヴイエムウェアのクラウドはAWSに勝てるのか
ヴイエムウェアは、2014年中に日本国内のデータセンターを開設。これと同時に同社クラウドサービス「vCloud Air」の国内展開を開始する。vCloud Airは、特徴のある一般企業向けクラウドサービス(IaaS)だ。今回のIT INSIDERでは、同サービスの特徴をAmazon Web Services...(2014/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
旭硝子SAP on AWS事例が示す「メリハリ」とアジャイル的発想を持つクラウド運用とは
 巨大なインフラ基盤を全面的にクラウドサービスに移行するケースは、最近になってようやく出始めてきた。これまで、ERPなどの大規模システムを、稼働環境が変動するクラウド基盤に構築することは、リスクが高いと考えられてきたからだ。 実はSAPシステムは、業務の求め...(2015/6/24 提供:株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ)

製品資料
AWSで仮想プライベートクラウドを構築、さて、セキュリティはどう担保する?
 「Amazon Web Services」(AWS)内で仮想プライベートクラウド(VPC)を構築し、社内のコンピューティング環境として利用することで、企業ネットワークの急成長に対応しながら、設備投資や運用コストを最小限に抑えることが可能になる。しかしミッションクリティカルな...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

レポート
AWSは本当に最強? 「クラウド比較表」で分かる真の勝者
 企業システムのインフラとしてパブリッククラウドを検討することが一般化する中で、注目されるのがそれぞれのクラウドサービスの中身だ。先行する「Amazon Web Services」(AWS)に対して、「Microsoft Azure」などの他のクラウドサービスはどのような違いを出し、ユー...(2016/4/4 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
AWS、SoftLayer、Azureのネットワークデータ転送料をシミュレーションで比較
 主要クラウドサービスである「Amazon Web Services」(AWS)、「IBM SoftLayer」(SoftLayer)、「Microsoft Azure」(Azure)の1カ月当たりのデータ転送課金をシミュレーションし比較した。 比較表では、根拠となる料金体系や、データ転送量ごとの料金も示しているの...(2015/10/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ミッションクリティカルな業務もクラウドで〜Amazon EC2でのHAクラスタシステム構築ガイド
 コスト削減や運用負荷軽減などのメリットから、企業のクラウド利用が普及期に入り、今やその対象は基幹系システムやミッションクリティカルなシステムにまで広がりつつある。そこで直面するのが、セキュリティや可用性の問題であり、災害発生時のBCP/DR対策だ。 本資...(2014/6/12 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
AWSやAzureがトップ3圏外、独自クラウドが発達した中国で選ぶべきサービスは?
 近年、中国でビジネスを展開する日本企業の大きな悩みとなっているのが、自社が求めるレベルのクラウドサービスが見当たらないことだ。中国では、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」ですらトップ3に入れないほど、独自クラウドの普及が進んでいるが...(2016/8/9 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
AWSがトップ3に入らない中国クラウド事情――現地で選ぶべきサービスは?
 近年、中国でビジネスを展開する日本企業の大きな悩みとなっているのが、自社が求めるレベルのクラウドサービスが見当たらないことだ。中国では、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」ですらトップ3に入れないほど、独自クラウドの普及が進んでいるが...(2016/6/2 提供:ニフティ株式会社)

事例
大規模WebサービスをAWSで安定稼働させる「OSSベースのロードバランサ」
 B2B・B2Cを問わず、Webを利用したリッチコンテンツの提供が急増しているなか、フロントエンドのサーバにかかる負荷は日々増加している。こうしたWebサービスの構築では、高速で安定性があり、コンテンツキャッシングやロードバランシング能力の高いロードバランサを利用...(2015/11/9 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
AWS、Oracle DB、MS SQLなど、広範囲に統合監視を行うための“条件”
 一般にシステムの「統合監視ツール」は、OSやネットワーク、サーバ、ファシリティ、コネクティビティなどを主な監視・検知対象としている。しかし管理者が監視・検知したい対象は、これら以外にもAWS、Oracle DB、MS SQL、Tomcat、Apache、IISなどのアプリケーションパ...(2015/11/19 提供:ゾーホージャパン株式会社)

Webキャスト
AWSにオフショア開発環境を構築、セキュリティは仮想アプライアンスで担保
 オフショア開発環境を構築する場合、リアルな開発環境そのものを現地に設置するのは現実的ではない。構築費用はもとより、ソフトウェアライセンスなど管理コスト面の負担も大きい。そこでパブリッククラウドに開発環境を構築して、オフショア側のエンジニアに利用しても...(2016/3/4 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
AWSのサーバ利用料最適化に必要な「3つの勘所」
 仮想サーバサービスである「Amazon EC2」を利用している企業は多い。その運用効率を上げるためのサービスも数多くある。アマゾン自体も「Trusted Advisor」というAmazon EC2の利用履歴などを計算し、コスト最適化・パフォーマンス向上につながる推奨事項を示すサービス...(2015/5/12 提供:日本電気株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月17日号:もうRAIDでは守れない
 Computer Weekly日本語版 6月17日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10導入を阻害するドル高を華麗に回避する方法 米ドルの高騰でPCの価格が上昇し、ハードウェアの更新が停滞している。この状況を解決する方法とは?■競合4社の合計をも上回るAWSの優位...(2015/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

Loading