TechTargetジャパン

レポート
AWSとアマゾンの関係(2):AWSがアマゾンの最大の事業になる日
 Amazon Web Services(AWS)の総責任者であるアンディ・ジャシー氏は、2014年11月の同社イベント「AWS re:Invent 2014」におけるプレス・アナリスト向けQ&Aセッションで、「AWSはアマゾンの最大のビジネスになる可能性がある」と話した。 現在のところAWSの売上はオン...(2015/1/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
AWSとアマゾンの関係(1):アマゾンはどこまで「普通でない」のか
 AWS(Amazon Web Services)はアマゾンにとってどういう存在なのか。アマゾンは、AWSをどういうつもりでやっているのか。これはAWSを利用する人たちにとっても、アマゾンに投資する人たちにとっても、重要な話題だ。AWSの利用者や潜在利用者が、「AWSは本当にサステイナ...(2015/1/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
AWS移行の新常識、「Amazon WorkSpaces」でデスクトップ運用負荷を大幅に軽減
 近年、業務システムや業務環境のクラウド移行がさまざまな形で進んでいる。その背景には、オンプレミスや仮想基盤に展開されたシステムの全面移行にも対応できるセキュリティと可用性を備えた「Amazon Web Services」(AWS)などの存在がある。 AWSが選ばれる理由には...(2017/2/7 提供:株式会社サーバーワークス)

レポート
日本法人長崎社長を直撃、Amazon Web Servicesに関する素朴な疑問
 Amazon Web Services(以下、AWS)とは、結局どのような企業なのだろうか。これは、AWSを利用している人、利用を検討している人のどちらにとっても、同社の提供しているサービスの具体的な機能同様、重要な関心事であるはずだ。そこでIT INSIDERでは、AWSの日本法人であ...(2015/6/1 提供:アイティメディア株式会社)

事例
AWS導入事例:ECサイトや社内システムの耐障害性と柔軟性を高めるには?
 近年、ECサイトや社内システムのようなミッションクリティカルなシステムのクラウド移行が進んでいる。その背景には、Amazon Web Services(AWS)に代表される、耐障害性やセキュリティに優れたクラウドサービスの存在がある。 しかし、信頼性の高いAWSであってもシス...(2017/1/12 提供:クラスメソッド株式会社)

製品資料
うまくいくAWS移行──AWSで起動中のアプリを100倍加速する方法とは
 クラウド管理サービスを提供するRightScaleの調査によると、57%の企業が既にワークロードの一部を「Amazon Web Services(AWS)」に移行している一方で、68%の企業では、クラウドで起動しているアプリケーションポートフォリオの割合は依然として5分の1未満にとどまる...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
ユーザー企業自身が語る、AWSを選んだ理由
 Amazon Web Services(AWS)を日本で運営するアマゾンデータサービスジャパンが2014年7月17、18日に開催した「AWS Summit Tokyo 2014」では、基調講演、個別講演、パネルディスカッションに一般企業22社(筆者の計算による)が登場、自社がなぜ、どのようにAWSを使って...(2014/7/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
AWSのセキュリティをユーザー企業はどう考え、対策しているか
 AWSのユーザー企業は、AWSの採用に至る検討の段階で、セキュリティに関してはどう考え、あるいは社内の了解を得たか。運用ではどのような工夫をし、セキュリティを確保しようとしているか。 今回はIT INSIDER No.31、IT INSIDER No.32に続き、AWS Summit Tokyo 2014に...(2014/8/26 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法
 Amazon Web Services(AWS)では、ソリューションアーキテクチャを理解することで、可用性や安全性が高く、業務負荷に合わせてインフラリソースを増減できるITシステムを簡単に構築できるようになる。しかし、そのコストまで含めてシステムを最適化するためには、さまざ...(2017/5/26 提供:Talend株式会社)

製品資料
AWS上で“オンプレミス並みのアプリ可用性”を確保するHAクラスタシステム構築法
 Amazon Web Services(AWS)でシステムの可用性を高める方法として、データベースにAmazon RDSを利用したり、Amazon EC2のリカバリー機能を利用したりするユーザーは多い。しかし、バージョンによる制約を受けるケースや、アプリケーション障害に対してユーザー自身で対...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
IBMの「SoftLayer」と「Bluemix」がAWSの強力なライバルとなる理由
 米IBMと米Amazon Web Servicesのクラウドコンピューティングにおける覇権争いが続いている。 IBMのIaaS「IBM SoftLayer」は、ベアメタルクラウドのパフォーマンスや低価格のネットワーク使用料、無料のサポートを強みに「Amazon Web Services」(AWS)の顧客を取り込も...(2015/6/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保
 高いSLAを提供するAmazon Web Services(AWS)だが、大規模障害とまったく無縁というわけではない。そこで、大規模障害に対処し、AWS上でアプリケーションの可用性を確保・向上させる手段として、オンプレミスと同じようなHAクラスタ環境を構築する企業も多い。 こうし...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
エネルギー企業のAWS環境に「セキュリティ」と「見える化」をどう実装するか
EnerNOC は、ボストンに拠点を置くソフトウェアメーカーで、配電網エネルギーの多くの顧客に加え、世界中の顧客も対象にしたエネルギーインテリジェンスソフトウェアを提供している。EnerNOC は、Amazon ウェブサービス(AWS)上で完全にシステムを構成していることから...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

レポート
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
 ハイブリッドクラウドへのチャレンジは、クラウドへの移行で終わるわけではない。社内のオンプレミス環境を外部のクラウドサービスと連係することで、新たな問題が次々と出現するのだ。 例えば、VMware環境と「Amazon Web Services」(AWS)を連係するハイブリッドクラ...(2016/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
AWSで構築するビッグデータシステム――低コスト分析基盤で顧客の好みを把握
 顧客の好みに合わせて、リアルタイムに製品/サービスを提案することは、近年のビジネスにおける主要課題となっている。この処理を大規模に実行するためには、Hadoopのような分散型コンピュータクラスタが必要となるが、多くの企業にとって、このような製品は簡単に手が...(2017/5/26 提供:Talend株式会社)

レポート
「オンプレミスからクラウド」を賢く実践、知らないと損するノウハウとは
 企業がクラウド利用を検討する理由の多くは、クラウドが迅速にリソースを展開でき、スケーラビリティを提供し、かつコストメリットを有しているからだ。そして、多くの企業が、クラウドを検討する際には、まず、「Amazon Web Services」(AWS)を真っ先に候補に入れるだ...(2016/4/19 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

製品資料
「ノウハウなし」「専門家不在」ではじめるAWS、導入・運用はどう任せる?
 IT運用におけるコスト削減やパフォーマンス向上、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策の強化などを目的として導入が進むクラウドサービス。中でも、Amazon Web Services(AWS)は、運用の自由度や柔軟性、信頼性などの高さから多くの企業が採用している。 そのた...(2016/12/16 提供:アイレット株式会社)

比較資料
「VMware vCloud Air」と「AWS」のI/Oパフォーマンス比較。その意外な結果とは?
 「VMware vCloud Air」はVMwareが提供するパブリッククラウドサービスで、VMware vSphereを基盤として構築されている。ディザスタリカバリ、専用クラウド、仮想プライベートクラウドの3種類のサービスが用意されているが、今回は専用クラウドサービスと仮想プライベート...(2015/4/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
クラウド型BIサービス基盤に学ぶ「AWSとオンプレミスのセキュアな接続方法」
 「ビッグデータ」という言葉が世の中に広まる前から、一貫してデータ分析を柱に事業展開してきたブレインパッド。さまざまな業種の企業に対して、分析業務支援からデータ活用ソリューションまでをワンストップで提供している。 同社がクラウド型BIサービス「Cloudstock...(2015/4/30 提供:株式会社ビットアイル)

製品資料
Amazon EC2のバックアップ大丈夫? AWSを生かすバックアップ設計・運用のヒント
 クラウドの普及に伴い、AWSをビジネスに活用する企業は多い。システム運用に欠かせないバックアップについて、AWSは豊富なサービスを提供しており、サーバ(Amazon EC2)のバックアップもコンソールやAPIを使って簡単に実行可能だ。しかし、手作業でのバックアップ運用...(2015/5/26 提供:日本電気株式会社)

事例
AWSとオンプレミスのつなぎ方 毎秒数万件の超高速処理を実行するアドテク企業に聞く
 ソネットグループのインターネットマーケティング企業であるソネット・メディア・ネットワークス。同社が提供する純国産DSP「Logicad(ロジカド)」は、独自のアルゴリズムを用いたリアルタイムな広告枠オークションを実行しており、月間500億件、毎秒数万件のシステム...(2015/4/30 提供:株式会社ビットアイル)

製品資料
Amazon EC2コストを33%削減、AWS運用自動化の3つのポイント
 クラウド基盤「Amazon Web Services」(AWS)の運用を「もっと効率的にできないか」と頭を悩ませる担当者は多い。クラウド自体が運用にノウハウを必要とする上、従量課金制のため、利用時間を圧縮できればその分コスト削減になるからだ。 そこで注目されているのが運用...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

レポート
続・ユーザー企業自身が語る、AWSを選んだ理由
2014 年7 月17、18 日に開催した「AWS Summit Tokyo 2014」では、基調講演、個別講演、パネルディスカッションで、多数のユーザー企業が自らのAWS 活用について語った。IT INSIDERでは、前号「ユーザー企業自身が語る、AWS を選んだ理由」で、このうちエイチ・アイ・エス...(2014/7/29 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
気になるAWSとの比較レポート――クラウドサービス ベンチマークテスト
 パブリッククラウドはさまざまなプロバイダーから提供され、そのプランやサービス内容もそれぞれ異なっている。例えばIaaSは、インフラリソースのみを提供するシンプルなメニューでありながら、プロセッサ、メモリ、ネットワークなどで違いが生まれる。さらに基盤となる...(2017/2/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
AWSのロードバランサーELBとBYOLの仮想ADCを比較、柔軟で堅牢なWebシステムを構築するには?
 企業のシステムインフラの構築において、今やAWSは当然の選択肢となっている。しかし、AWS上にシステムを構築して負荷分散を行う場合、AWS提供のELBだけでは機能要件の制約に悩むことも多い。 本ホワイトペーパーは、そういった機能要件の制約を解決するソフトウェアベ...(2015/11/16 提供:SCSK株式会社)

レポート
オンプレミスからAWSへ、ケンコーコムが取り組んだ基幹システムのクラウド化
 健康食品や化粧品、医薬品などをオンラインで販売するケンコーコムが「Amazon Web Services」(AWS)上に基幹システムを構築し、2012年8月に本格稼働させた。これまでオンプレミスでの運用が常識だった基幹システムだったが、AWSを利用することで月600万円のコストを削...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由
 現在パブリッククラウド市場をけん引するのは「Amazon Web Services」(AWS)に違いないが、将来にわたってその地位を維持できるのかどうかについては疑問視する声もある。「Microsoft Azure」(Azure)の急成長やGoogleの積極的な活動は、AWSの地位を脅かしつつある。(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
AWSでの仮想プライベートクラウド構築、セキュリティはどう担保する?
 「Amazon Web Services」(AWS)内で仮想プライベートクラウド(VPC)を構築し、社内のコンピューティング環境として利用することで、企業ネットワークの急成長に対応しながら、設備投資や運用コストを最小限に抑えることが可能になる。しかしミッションクリティカルな...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

レポート
ITセキュリティに対するAmazon Web Servicesの意外なインパクト
 IaaSのセキュリティにユーザー企業がどこまで信頼を寄せることができるか。これは、可用性の問題とともに、企業の業務システム運用用途での、IaaS利用の進展スピードを大きく左右するポイントだ。 だが現在のところ、「かゆいところに手が届くような」議論はあまり聞く...(2013/1/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「SAP on AWS」はもはや常識? 基幹システムをクラウド化するメリットとは
 多くの企業で基幹業務を担っているERPシステムを、従来のオンプレミスからクラウドへと移行する事例が増えている。基幹システムのクラウド化については、懸念や不安の声もある一方で、どのようなメリットが考えられるのだろうか。 本稿では、代表的なERPパッケージであ...(2015/8/6 提供:アイティメディア株式会社)

Loading