2021年02月19日 05時00分 公開
特集/連載

AWS基本資格「AWS認定クラウドプラクティショナー」をあえて取る理由「AWS Certification」の受かり方【中編】

AWS認定資格「AWS Certification」のうち、最も基本的な資格が「AWS認定クラウドプラクティショナー」だ。能力をアピールしたい人にとって、あえてAWS認定クラウドプラクティショナーを取得する意味とは。

[George Lawton,TechTarget]

 Amazon Web Servicesは、同名クラウドサービス群に関するスキルと知識の認定資格「AWS Certification」を提供している。ITプロフェッショナルはAWS Certificationの各資格を取得することで、AWSに関する自身の能力を証明できる。収入アップにつながることもあるだろう。

 前編「いまさら聞けないAWS資格『AWS Certification』の基礎 4カテゴリーの違いは」は、AWS Certificationの各資格がレベルに応じた4つのカテゴリーに分かれていることを説明した。全部で12種類あるAWS Certificationの資格のうち、一番基本的な資格が「AWS Certified Cloud Practitioner」(AWS認定クラウドプラクティショナー)だ。

基本資格「AWS認定クラウドプラクティショナー」を取得する意味は

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。