2021年02月19日 05時00分 公開
特集/連載

AWS基本資格「AWS認定クラウドプラクティショナー」をあえて取る理由「AWS Certification」の受かり方【中編】

AWS認定資格「AWS Certification」のうち、最も基本的な資格が「AWS認定クラウドプラクティショナー」だ。能力をアピールしたい人にとって、あえてAWS認定クラウドプラクティショナーを取得する意味とは。

[George Lawton,TechTarget]

 Amazon Web Servicesは、同名クラウドサービス群に関するスキルと知識の認定資格「AWS Certification」を提供している。ITプロフェッショナルはAWS Certificationの各資格を取得することで、AWSに関する自身の能力を証明できる。収入アップにつながることもあるだろう。

 前編「いまさら聞けないAWS資格『AWS Certification』の基礎 4カテゴリーの違いは」は、AWS Certificationの各資格がレベルに応じた4つのカテゴリーに分かれていることを説明した。全部で12種類あるAWS Certificationの資格のうち、一番基本的な資格が「AWS Certified Cloud Practitioner」(AWS認定クラウドプラクティショナー)だ。

基本資格「AWS認定クラウドプラクティショナー」を取得する意味は

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。