AWS基本資格「AWS認定クラウドプラクティショナー」をあえて取る理由「AWS Certification」の受かり方【中編】

AWS認定資格「AWS Certification」のうち、最も基本的な資格が「AWS認定クラウドプラクティショナー」だ。能力をアピールしたい人にとって、あえてAWS認定クラウドプラクティショナーを取得する意味とは。

2021年02月19日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 Amazon Web Servicesは、同名クラウドサービス群に関するスキルと知識の認定資格「AWS Certification」を提供している。ITプロフェッショナルはAWS Certificationの各資格を取得することで、AWSに関する自身の能力を証明できる。収入アップにつながることもあるだろう。

 前編「いまさら聞けないAWS資格『AWS Certification』の基礎 4カテゴリーの違いは」は、AWS Certificationの各資格がレベルに応じた4つのカテゴリーに分かれていることを説明した。全部で12種類あるAWS Certificationの資格のうち、一番基本的な資格が「AWS Certified Cloud Practitioner」(AWS認定クラウドプラクティショナー)だ。

基本資格「AWS認定クラウドプラクティショナー」を取得する意味は

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...