2023年07月20日 10時00分 公開
特集/連載

「AWS Compute Optimizer」と「AWS Cost Explorer」の違い どう使い分ける?AWSの2大コスト管理ツールを比較【後編】

AWSサービスのコスト削減に生かせる「AWS Compute Optimizer」と「AWS Cost Explorer」。それぞれの違いとは何なのか。両ツールを比較し、AWSをより安く使うための方法を解説する。

[Ernesto MarquezTechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)の「AWS Compute Optimizer」「AWS Cost Explorer」は、どちらもAWSの各クラウドサービスのコスト削減を支援するツールだ。AWSサービスの“無駄遣い”が起きている原因を特定し、コストを抑えるのに役立つ。本稿はAWS Compute OptimizerとAWS Cost Explorerの違いと、両ツールをコスト削減につなげるための手順を説明する。

AWS2大コスト管理ツール「AWS Compute Optimizer」「AWS Cost Explorer」の違いはこれだ

 AWS Compute Optimizerは、仮想マシンサービス「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)とブロックストレージサービス「Amazon Elastic Block Store」(Amazon EBS)、コード実行サービス「AWS Lambda」といった特定のAWSサービスのコスト削減を目的としている。一方でAWS Cost Explorerがコスト計算の対象にしているのは、あらゆるAWSサービスだ。自社で利用中のAWSサービスの中でも、コスト高騰の原因がAWS Compute Optimizerの対象外のAWSサービスである場合、AWS Compute Optimizerを利用しても意味がない可能性がある。

AWS Compute OptimizerとAWS Cost Explorerをコスト削減に生かすには

 エンドユーザーがAWS Cost Explorerの情報を確認できるようにするには、IT管理者がAWSのコスト管理コンソール「AWS Cost Management」で、対象のエンドユーザーによる請求情報の閲覧を有効にする必要がある。有効にすることで、そのエンドユーザーは支払い方法や請求書などの情報を閲覧できるようになる。

 AWSサービスのコスト削減につなげるには、IT管理者はまず、AWS Cost Explorerでコストの分析を開始するとよい。AWS Cost Explorerは、あらゆるAWSサービスに関するデータを提供する。仮想マシンサービスの「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)やブロックストレージサービスの「Amazon Elastic Block Store」(Amazon EBS)がコスト高騰の原因になっているのであれば、AWS Compute Optimizerが備える、コスト削減につながる設定の提案機能が役立つ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...