AWSの教育プログラムで「女子生徒が開発した有望アプリ」とは?女性の技術者育成を目指すAWS【前編】

AWSはキャリア支援のプログラム「AWS GetIT 2023」を実施した。10代の女子生徒がITのキャリアに関心を持てるようにすることが目的だ。その具体的な中身とは。

2023年09月16日 05時00分 公開
[Clare McDonaldTechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)は、10代の女子生徒にSTEM(科学、技術、工学、数学)系のキャリアへの関心を促すことを目的としたコンテスト「AWS GetIT 2023」(以下、GetIT)を実施した。

 GetITは12歳から14歳までの、同コンテストの参加校に所属する女子生徒を主な参加対象としている。参加者には、現実世界の問題を解決するためのアプリケーションの企画案を作成することが求められる。

「10代の女子生徒」が開発した有望アプリ

 GetITの参加校にはカリキュラムが提供され、参加する生徒はクラウドコンピューティングを含むITのスキルを学ぶ。生徒はそのスキルを使って地域の人々を助けるアプリケーションを開発することで、さらにスキルを伸ばすことができる。

 2023年の受賞者は、英国エディンバラのセントジョージズスクール(St. George’s School)のチームだ。このチームは、特定の食事制限のある人々が食事をする場所を見つけるためのアプリケーションを作った。

 セントジョージズスクールのeラーニング責任者であるアンディ・リースク氏は「GetITのプログラムに参加することで、生徒はITの知見やインスピレーションを得ることができた」と述べる。特に生徒は、ITがさまざまなキャリアに大きな影響を与えることや、IT業界にはコーディング以外にもさまざまな仕事があることなどを学んだという。


 AWSがGetITを実施する背景には、IT業界に就労する女性が少数派だという課題がある。中編はその理由を説明する。

関連キーワード

Amazon Web Services | Amazon | 教育IT


Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...