2016年06月15日 15時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドネイティブな開発を可能に理想的な「クラウドで開発/テスト、オンプレミスで本番運用」をどう実現する? (1/2)

開発/テスト環境をパブリッククラウドで構築し、本番アプリケーションをオンプレミスで運用する――こうしたクラウドネイティブな開発を可能にする、ツールやサービスを紹介する。

[Mike Pfeiffer,TechTarget]
バージョン管理ツール「Git」のWebサイト《クリックで拡大》

 あなたの会社が近い将来、オンプレミスのアプリケーションをクラウドに移行しなくても、クラウドベースの開発環境のメリットは享受できる。多くの企業がハイブリッドクラウドのアプローチを取り、開発およびテスト環境をパブリッククラウドで運用し、本番アプリケーションをオンプレミスで運用している。

 今では多くのクラウドプロバイダーからさまざまなツールが提供されており、オンデマンドでインフラを立ち上げ、コードをデプロイし、アプリケーションに対して一連のテストをし、本番稼働に対応できることを確認するのは、従来と比べて容易になっている。

クラウドベースの開発/テストのメリット

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...