2013年05月16日 08時00分 公開
特集/連載

知らないでは済まなくなってきた「DevOps」、その真意は開発と運用の連携がもたらすメリットとは?

IT業界の新たなキーワードとなりつつある「DevOps」だが、その認知度はまだ高いとはいえない。本稿ではDevOpsの真意とメリットを解説する。

[TechTarget]

 「DevOps」――Development(開発)とOperations(運用)を組み合わせたこの言葉は、ソフトウェア開発者と運用管理者の協力を促進するための理念だ。DevOpsのルーツはアジャイル開発にあるが、あらゆる開発手法に適用できる。サービスの開発、提供サイクルが早いクラウドコンピューティングの運用においても重要な概念となるが、その原理はオンプレミス環境にも適用できる。昨今はIT系の求人情報サイトにもDevOpsという言葉が見られるようになってきたが、「DevOpsマネジャー」「DevOps技術者」といった職種に必要なスキルセットは、まだ明確に定義されてはいない。

 以下のFAQでは、DevOpsにまつわる問題、およびDevOpsという用語がどのような意味で使われているかを明らかにする。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...