2013年05月16日 08時00分 公開
特集/連載

知らないでは済まなくなってきた「DevOps」、その真意は開発と運用の連携がもたらすメリットとは?

IT業界の新たなキーワードとなりつつある「DevOps」だが、その認知度はまだ高いとはいえない。本稿ではDevOpsの真意とメリットを解説する。

[TechTarget]

 「DevOps」――Development(開発)とOperations(運用)を組み合わせたこの言葉は、ソフトウェア開発者と運用管理者の協力を促進するための理念だ。DevOpsのルーツはアジャイル開発にあるが、あらゆる開発手法に適用できる。サービスの開発、提供サイクルが早いクラウドコンピューティングの運用においても重要な概念となるが、その原理はオンプレミス環境にも適用できる。昨今はIT系の求人情報サイトにもDevOpsという言葉が見られるようになってきたが、「DevOpsマネジャー」「DevOps技術者」といった職種に必要なスキルセットは、まだ明確に定義されてはいない。

 以下のFAQでは、DevOpsにまつわる問題、およびDevOpsという用語がどのような意味で使われているかを明らかにする。

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。