2016年06月07日 12時00分 UPDATE
特集/連載

AWSに対して存在感を増すライバルたちAppleの「iCloud」がGoogleクラウドを選んだ理由 (1/2)

AWSは今もなお順調な売り上げを公表しているが、その数値を詳しく調べてみると、その勢いに陰りが見えてくる。また、ライバルとの競争も激化している。

[Jeff Kaplan,TechTarget]
Predix(出典:GE)《クリックで拡大》

 Microsoftの「Microsoft Azure」(Azure)の急上昇やGoogleの積極的な活動に加え、クラウド市場のサービスや製品の品ぞろえの豊富さを見ると、Amazon Web Services(AWS)は同社のクラウドサービス「Amazon Web Services」(AWS)のライバルに対して優勢な状態を維持できるのかどうかは甚だ疑問だ。

 Amazon.comは2016年1月、子会社のAWSが2015年度の第4四半期に24億ドルの売り上げを達成したと発表している。これは、対前年比で69.73%の増加だ。この四半期の成長率は、78%増の2015年第3四半期から低下している。だが、実際の額面では、2015年第3四半期の20億8千万ドルから大幅な増加を見せている。AWSは2015年に総額70億88百万ドルの売り上げを計上している。

 AWSの成長率が鈍っているのは、同社によるクラウド市場の支配が終わりを迎えようとしている兆しだと主張する業界関係者もいる。彼らは、近年のAWSのライバルの成功を指摘する。Azureや「Office 365」などをはじめとするMicrosoftのクラウドサービスは、今や同社の総収益の3分の1を占めるようになっている。Microsoftは、同社のクラウドサービスの売り上げが94億ドルになり、2018年には200億ドルに達するという予測を発表している。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...