「介護事業のデジタル化」を進める英国サットン区 社会福祉はどう変わる?介護のIT化を推進する英国

英国ロンドンのサットン区は、区民向けの介護サービスにおけるIT活用を推進するために、Medequip Assistive Technologyと契約を締結。同区が「デジタル介護」の強化を目指す理由とは。

2023年09月18日 07時15分 公開
[Lis EvenstadTechTarget]

関連キーワード

医療IT


 英国ロンドンのサットン区は、ITを活用した介護サービスを提供するMedequip Assistive Technology(Medequip Connectの名称で事業展開)と5年契約を締結した。この契約に基づき、サットン区が管理していた介護サービスのITサポートをMedequip Connectが引き継ぐことになる。

 サットン区が遠隔介護サービスに採用していた従来のネットワークは、アナログ回線だった。2025年までに英国全土の電話回線がアナログからデジタルに切り替わる計画があり、同区はアナログ回線のままではサービスの信頼性と安全性に重大な影響を及ぼす可能性を懸念していた。

ITで実現するデジタル介護 その狙いとは?

 Medequip Connectとの契約を通じて、サットン区は介護利用者の自宅にデジタルデバイスを配備し、介護サービスの仕組みをデジタル化する。利用者がこのデバイスのボタンを押すと、デバイス内蔵のSIMカード経由で警報が受信センターに届く仕組みだ。同区で使われている介護関連のアナログ機器は、全面的にデジタル機器に置き換わることになる。

 サットン区がこの事業の入札を開始したのは2022年8月のことだった。当初の入札公告によると、この事業の目標は、革新的かつパーソナライズされた予測型のデジタル介護サービスを実現することと、それを実現するパートナー企業を見つけることだ。デジタル介護サービスを実現する上で、以下の取り組みが前提になっていた。

  • ネットワーク接続する最新技術を使うこと
  • データから洞察を得ること

 サットン区民委員会委員長を務めるマリアン・ジェームズ氏は、「サットン区はあらゆる年齢層の住民を支援する“野心的”な目標を掲げている」と話す。Medequip Connectの新しい介護サービスについては、「問題が生じた場合にすぐ警報を受け、最適な支援を迅速に提供することに役立つ」と、ジェームズ氏は評価する。

英国全土で進む、社会福祉のデジタル化

 英国政府は2023年4月、ソーシャルケア(注1)のデジタル化を推進するために約1億ポンドを投じることを発表した。この資金は2025年までに「Digital Social Care Records」(ソーシャルケア記録のデジタル化)をはじめとする施策に費やされる。同じく英国政府が発表した「Better Care Fund」という制度では、ソーシャルケアのサービス向上に168億ポンドを配分することを目指している。

※注1 英国の「ソーシャルケア」は、高齢者や障害者、乳幼児などに対する社会福祉制度のこと。

 2022年3月に英国保健・社会ケア大臣のサジド・ジャビド氏(当時)は「2024年までに介護事業者の80%を、紙ベースの記録から脱却させる」という政府目標を設定した。英国政府はこの取り組みによって、介護職員が要介護者を支援するために必要とする情報の全てを、デジタル化することを目指している。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。