2019年07月01日 05時30分 公開
特集/連載

オンプレミスに拡張するクラウド【前編】“オンプレミス版AWS”を実現する「AWS Outposts」とは? 何ができるのか?

AWS、Microsoft、Googleの主要クラウドベンダー3社がハイブリッドクラウドを実現する製品分野の取り組みを強化している。本記事ではこうした製品の一つである「AWS Outposts」を解説する。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]
画像

 パブリッククラウドベンダーは、その戦いの場をオンプレミスのデータセンターという予想外の場所に移している。これはデータセンターにおける既存のシステムやアプリケーションをパブリッククラウドに移行するのではなく、パブリッククラウドの機能をオンプレミスのデータセンターで利用することを支援する動きだ。

 オンプレミス環境を主戦場とするベンダーは、何年にも渡ってハイブリッドクラウドを推奨してきた。オンプレミスとパブリッククラウドのITインフラを1つの管理ツールで一元的に管理したいという企業のニーズが大きいためだ。企業はオンプレミスとパブリッククラウドの間でアプリケーションとデータを迅速かつ簡単に移行できればさらにいいと考えている。

 パブリッククラウドが登場した当初、それはオンプレミスのデータセンターの延長線上にあると考えられていた。Amazon Web Services(AWS)、Google、Microsoftが新たに提供する製品は、このモデルを覆す。伝統的な企業ITインフラのアーキテクチャの中核を担うデータセンターに、パブリッククラウドの要素を取り入れようとしているのだ。

 主要クラウドベンダーが提供するハイブリッドクラウド製品が、オンプレミスとパブリッククラウド間の相互運用をどのように実現できるかを確認する。

AWS Outposts

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

10連休は売り上げにどう影響した? カタリナマーケティングジャパンがゴールデンウイークの店舗購買動向を調査
初の10連休となった2019年のゴールデンウイークにおける購買行動傾向を実購買データから...

news013.jpg

デジタルマーケティングとコンタクトセンターの融合、UTグループとエス・エム・エスの担当者が語る
コンタクトセンターはデジタルマーケティングのプロセスとどう連携すべきか。UTグループ...

news047.jpg

ブレインパッドが拡張分析ツール「BrainPad VizTact」を発売
機械学習で人の気付きを拡張し、自然言語処理で分析結果を人の主観に左右されないものに。