2019年07月01日 05時30分 公開
特集/連載

オンプレミスに拡張するクラウド【前編】“オンプレミス版AWS”を実現する「AWS Outposts」とは? 何ができるのか?

AWS、Microsoft、Googleの主要クラウドベンダー3社がハイブリッドクラウドを実現する製品分野の取り組みを強化している。本記事ではこうした製品の一つである「AWS Outposts」を解説する。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]
画像

 パブリッククラウドベンダーは、その戦いの場をオンプレミスのデータセンターという予想外の場所に移している。これはデータセンターにおける既存のシステムやアプリケーションをパブリッククラウドに移行するのではなく、パブリッククラウドの機能をオンプレミスのデータセンターで利用することを支援する動きだ。

 オンプレミス環境を主戦場とするベンダーは、何年にも渡ってハイブリッドクラウドを推奨してきた。オンプレミスとパブリッククラウドのITインフラを1つの管理ツールで一元的に管理したいという企業のニーズが大きいためだ。企業はオンプレミスとパブリッククラウドの間でアプリケーションとデータを迅速かつ簡単に移行できればさらにいいと考えている。

 パブリッククラウドが登場した当初、それはオンプレミスのデータセンターの延長線上にあると考えられていた。Amazon Web Services(AWS)、Google、Microsoftが新たに提供する製品は、このモデルを覆す。伝統的な企業ITインフラのアーキテクチャの中核を担うデータセンターに、パブリッククラウドの要素を取り入れようとしているのだ。

 主要クラウドベンダーが提供するハイブリッドクラウド製品が、オンプレミスとパブリッククラウド間の相互運用をどのように実現できるかを確認する。

AWS Outposts

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...