AWSを自社のすぐ近くで動かせる「AWS Local Zones」とは?低遅延を実現するが利用には制限も

AWSのITインフラをユーザー企業の近くに展開できるサービス「AWS Local Zones」が登場した。その用途と利用方法、課題を説明する。

2020年03月27日 05時00分 公開
[Ofir NachmaniTechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)の「AWS Local Zones」は、同社の同名クラウドサービス群のITインフラを拡張する最新のサービスだ。

 AWSは近年、パブリッククラウドのデータセンターだけでは満たすことができない顧客のニーズに応えるために、さまざまなツールやサービスを追加してきた。その例としてAWSサービスをパッケージ化して、自社データセンター内で運用できるようにしたアプライアンス「AWS Outposts」や、ペタバイト(PB)規模のデータを物理的にAWSのITインフラへ移行するためのアプライアンス「AWS Snowball」がある。

 フルスケールのAWSリージョン(大規模データセンター群)が近くにないユーザー企業は、Local Zonesの利用でAWSサービスの質を改善できる可能性がある。同サービスを自社の戦略にどのように組み込めるか調べてみよう。

Local Zonesの仕組みと用途

ITmedia マーケティング新着記事

news159.jpg

SALES ROBOTICSが「カスタマーサクセス支援サービス」を提供
SALES ROBOTICSは、カスタマーサクセスを実現する新サービスの提供を開始した。

news139.jpg

「Fortnite」を活用  朝日広告社がメタバース空間制作サービスとマーケティング支援を開始
朝日広告社は、人気ゲーム「Fortnite」に新たなゲームメタバース空間を公開した。また、...

news029.jpg

「痩せる」投稿が最も増える時期は?――ホットリンクとXがダイエットに関する口コミや検索行動を共同調査
ホットリンクはXと共同で、ダイエットに関するXでの口コミや検索行動を調査しました。