2020年03月27日 05時00分 公開
特集/連載

AWSを自社のすぐ近くで動かせる「AWS Local Zones」とは?低遅延を実現するが利用には制限も

AWSのITインフラをユーザー企業の近くに展開できるサービス「AWS Local Zones」が登場した。その用途と利用方法、課題を説明する。

[Ofir Nachmani,TechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)の「AWS Local Zones」は、同社の同名クラウドサービス群のITインフラを拡張する最新のサービスだ。

 AWSは近年、パブリッククラウドのデータセンターだけでは満たすことができない顧客のニーズに応えるために、さまざまなツールやサービスを追加してきた。その例としてAWSサービスをパッケージ化して、自社データセンター内で運用できるようにしたアプライアンス「AWS Outposts」や、ペタバイト(PB)規模のデータを物理的にAWSのITインフラへ移行するためのアプライアンス「AWS Snowball」がある。

 フルスケールのAWSリージョン(大規模データセンター群)が近くにないユーザー企業は、Local Zonesの利用でAWSサービスの質を改善できる可能性がある。同サービスを自社の戦略にどのように組み込めるか調べてみよう。

Local Zonesの仕組みと用途

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...

news061.jpg

SDGsの認知率は8割超に――電通調査
ビジネス層を中心に語られるバズワードであった「SDGs」が、4年間で一般層まで認知を広げ...