2020年10月21日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けないAWSの「Amazon Route 53」「Amazon CloudFront」「AWS Direct Connect」の基礎AWSの9大ネットワークサービス【中編】

目的に応じた複数のネットワークサービスをそろえるAWS。その中から「Amazon Route 53」「Amazon CloudFront」「AWS Direct Connect」の3種のネットワークサービスを説明する。

[Sarah Neenan,TechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)は接続の安定性や安全性、速度などを高めるために、複数のネットワークサービスを提供している。前編「いまさら聞けないAWSの『Amazon Virtual Private Cloud』『Elastic Load Balancing』の基礎」に続き、AWSが提供する主要なネットワークサービスを説明する。

Amazon Route 53

 「Amazon Route 53」は、ドメイン名とIPアドレスの変換を担うDNS(ドメインネームシステム)サービスだ。Amazon Route 53によって、エンドユーザーはAWSのデータセンター内外に安全にアクセスできる。

 IPv6に準拠するAmazon Route 53は、さまざまな種類のルーティングが可能だ。使用可能なルーティングの方式として、

  • リクエスト元の地理的な場所に基づいてリクエストを転送する「Geo DNS」
  • 転送先ごとにリクエスト量を決めておく「Weighted Round Robin」(WRR:重み付けラウンドロビン)
  • レイテンシ(遅延)が最小のリージョン(地域データセンター群)にルーティングする「Latency Based Routing」(LBR:レイテンシベースルーティング)

などがある。その他、GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)を使ってDNSルーティング方法を定義する「Traffic Flow」(トラフィックフロー)機能を搭載。ワークロードの稼働状態に応じたルーティングを実現する「DNS Failover」(DNSフェイルオーバー)機能も備える。

Amazon CloudFront

 CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービスの「Amazon CloudFront」は、HTMLファイルや画像ファイルなどのコンテンツを低レイテンシかつ高速にエンドユーザーに配信するために役立つ。Amazon CloudFrontは、エンドユーザーに最も近いAWSのデータセンター(エッジロケーション)を介してコンテンツを配信することで、低レイテンシの配信を実現する。

AWS Direct Connect

 「AWS Direct Connect」は、ユーザー企業のオンプレミスデータセンターとAWSのデータセンターの間で、パブリックネットワークを使用しないプライベート接続を可能にする。イーサネットケーブルを介して、ユーザー企業拠点の社内ワークロード(アプリケーション)とAWSサービスを接続する。プライベート接続を必要とする厳格なコンプライアンス(法令順守)要件がある場合に特に役立つ。

 ユーザー企業はAWS Direct Connectの接続手段を「Dedicated Connections」(専用接続)、「Hosted Connections」(ホスト型接続)、「Hosted Virtual Interfaces」(Hosted VIF:ホスト型VIF)の3種類から選べる。専用接続はイーサネットケーブルを使用して、AWSのデータセンターと各ユーザー企業の拠点を接する。ホスト型接続ではAWSのパートナーがユーザー企業の代わりにイーサネット接続をプロビジョニング(配備)する。ホスト型接続の場合、ユーザー企業のIT部門はAWS Direct Connectを扱うAWSパートナーを選択する必要がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...

news079.jpg

P&Gの「すごいマーケティング」に学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...