TechTargetジャパン

事例
ハイブリッドITで独自の強みを強化、SBIリクイディティ・マーケットのIT戦略
 独自のビジネスモデルを武器に、為替取引などのビジネスをグローバルに展開しているネット金融大手のSBIグループ。同グループにおいて、外国為替事業を統括し、外国為替証拠金取引(FX取引)などのプラットフォームを提供しているのが、SBIリクイディティ・マーケット...(2017/5/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
これからのIT戦略の鍵となる「マネージドサービス」という選択肢
 ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウド、ビッグデータは、企業のIT戦略に大きな変革をもたらしている。こうした変革をもたらす力を企業はどのように考え、どのように対応しようとしているのか。従業員1000人以上の企業の上級意思決定者750人を対象に調査を実...(2014/8/25 提供:アバナード株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

事例
横河電機がグローバルNo.1を目指し「攻めのIT」に向け、包括的ITアウトソーシングを採用した理由
 制御事業におけるグローバルNo.1企業を目指す横河電機は、ビジネス構造改革の一環として、IT部門をよりIT戦略の企画・推進に注力できる体制へと刷新した。 さらに同社は「IT人材のIT戦略企画・推進業務へのシフト」を目標に挙げ、ITアウトソーシングの活用によって実現...(2015/8/20 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

技術文書
基礎から分かる「ITサービスマネジメント」、目的から入る具体的取り組み方法
 ITサービスマネジメントとは、システム全体をユーザーのビジネスを支える「サービス」として捉え、そのサービスを適切に提供するマネジメント活動をいう。ある調査によると、この10年間にシステムトラブルの件数を大幅に削減し、運用コストの削減に成功した企業のほとん...(2017/8/1 提供:株式会社野村総合研究所)

技術文書
収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント
 自社のIT投資に対する分析・検証に取り組む姿勢は、企業の業績にどれほどの影響を与えるのだろうか。世界の主要企業500社超への調査によると、ITプランニングツールを活用して「IT投資のインパクト」を確認している企業と、そうでない企業の間には、収益の伸びに大きな...(2017/7/21 提供:CA Technologies)

レポート
企業の成長戦略となった「働き方改革」、理想的ワークスタイルへの4つの鍵とは
 日本企業のグローバル化が進む中、急激な市場変化に対応し、短期間で価値を創出することの重要性が高まっている。ソフトウェア開発の分野でも、開発プロセスの改善による生産性向上と継続的成長が主要課題となっており、グローバルで普及しつつある大規模なアジャイルフ...(2017/8/9 提供:リックソフト株式会社)

事例
3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは
 メーカー保守が終了したシステムを移行させるには、コスト負担が大きくなってしまう。平均故障間隔が20〜30年の機器でも、メーカー保守は6〜7年の短期間で終了してしまうことも多く、その度にシステム移行を行っていては大幅な予算増となる。そこで既存のシステムを利用...(2017/8/9 提供:株式会社フィールドワン)

事例
企業が急成長するために「サイロ型」から次世代仮想インフラに移行すべき理由
 保有契約件数が10期連続で2桁成長し、2016年5月末には300万件を突破したというオリックス生命。同社は、サイロ化した業務システムから脱却し、ビジネスニーズの変化に柔軟かつ迅速に対応するためハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用し、基幹業務の全面仮想化を進...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
償却期限間近の企業システムを迅速・低コストに移行する方法とは?
 業務アプリケーションを含めたインフラ全体をクラウドに移行する企業は、年々増えてきている。その狙いとしては、サポートが終了したOSやレガシーソフトウェアを維持するための時間やコストを削減し、パフォーマンスと信頼性の課題を回避することなどが挙げられる。 中...(2017/8/7 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

製品資料
リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには?
 企業のIT予算では、保守費用が7割近くになることも少なくない。その中でも多くを占めるのが、サーバやネットワーク機器のサポート終了(EOSL:End of Service Life)などに伴うリプレース費用だ。IT予算が限られた状況で、新規プロジェクトに使える予算を増やすためには...(2017/8/1 提供:株式会社フィールドワン)

製品資料
AI、IoTからVRまで――注目の技術分野から探る次世代ITインフラの条件
 「AR(拡張現実)/VR(仮想現実)/MR(複合現実)」「IoT」「AI/ディープラーニング」の3分野の技術が、近年、脚光を浴びている。これらの技術を活用するには、いずれもリアルタイム性が重要なポイントとなる。特にAR/VR/MRでは、その実現のためにストレージに極め...(2017/7/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
赤字プロジェクトを一掃、IT投資を最適化するプロジェクト・ポートフォリオ管理
 グローバル化するビジネスでプロジェクトを成功に導くためには、適切な人材や資源を割り当て、工程を滞りなく進めていけるように進捗(しんちょく)を管理することが欠かせない。プロジェクト運営が効率化すれば、残業の削減や働き方改革の実現も容易になる。 そこで...(2017/7/26 提供:CA Technologies)

製品資料
優秀な外国人エンジニアはどうすれば確保できる? スキル評価で失敗しない秘訣
 国内でIT技術者の不足が深刻な問題となっていることから、近年は、若くて高いスキルを持つ人材を海外から確保しようと考える企業が増えてきている。しかし、外国人採用やオフショア開発などにおいて、エンジニアのスキルレベルを把握できずに苦労するケースも少なからず...(2017/7/26 提供:日本サード・パーティ株式会社)

製品資料
ITスキルを正しく把握できている? スキルの可視化で的確な人材育成が可能に
 ITエンジニアが関わるフィールドは拡大しており、そのスキルの把握はますます困難になっている。スキルアップや人材育成の仕組みをどう構築すればよいかという課題は、多くの企業で共通するものだ。そこでITスキルを可視化できるアセスメントツールが注目されている。 ...(2017/7/26 提供:日本サード・パーティ株式会社)

事例
物理サーバの役割を30秒で変更、仮想化不要でインフラ構築を自動化するには?
 外国為替証拠金取引(FX)市場で、年間684兆円もの売買実績を誇るSBIリクイディティ・マーケット。そのビジネスの基盤となるFX取引システムでは、24時間無停止で、1日あたり1億件以上のトランザクションがリアルタイムで処理されている。 これだけの処理を支えるために...(2017/7/25 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
DWHとは異なる「ガバナンスを効かせたデータ基盤」とはどのようなものか?
 アナリストや開発者だけでなく、社内ユーザーが洞察を得るためにも欠かせないデータ基盤。そこには、高速なデータアクセスはもちろん、加速するマーケットに応じてデータの準備・分析をスピーディーに実行できる環境や、プライバシーの保護と法令順守を実現しながら分か...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
TOTO、CAE/CAD用の仮想デスクトップ環境を構築しグローバル展開への基盤を強化
 TOTO株式会社は、「TOTO Vプラン2017」における重要な戦略として、国内および海外における新規製品開発を推進し、それをより効率的に行うために、商品開発の要となるIT 戦略の抜本的な見直しを進めてきた。 とくに、以前からCAEと3D CAD を活用して衛生陶器やウォシュ...(2017/6/20 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
調査で見えたEU「一般データ保護規則」のリスク、対策を妨げているのは?
 EUの「一般データ保護規則」(GDPR)は、今までになく厳しい個人情報の保護規則として知られている。GDPRは2018年5月25日に施行されるが、施行まで1年を切った現時点で、世界中の86%の企業が、コンプライアンス違反でビジネスに重大な影響がでることを懸念しているとい...(2017/6/30 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
EU「一般データ保護規則」(GDPR)に全方位で対応、企業を守るデータ管理の秘訣
 個人情報が紛失や漏えいに遭うリスクは、年々、高まっている。2016年度の情報漏えい発生件数は、前年比で40%も増加したという調査報告もあるほどだ。このため、各国では、個人情報の保護を実現する厳格な規則の施行に乗り出している。中でも最も高度で包括的な規則とい...(2017/6/30 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

レポート
EUの「一般データ保護規則」(GDPR)でコンプライアンス違反になる?
 EU一般データ保護規則(GDPR)は、EUにおける新しい個人情報保護の枠組みである。EUを含む欧州経済領域(EEA)で取得した個人データの処理と移転に関する規制事項をきめ細かく定めている。2016年5月24日に発行され、2018年5月25日に施行される。 GDPRでは、EEAで取得し...(2017/6/30 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

事例
ERPのクラウド移行、トプコンがコストと運用負荷を大幅削減できた秘訣とは?
 先端技術を利用したモノづくりはITが重要な役割を担っている。光学機器メーカーとして1932年に創業したトプコンは、2015年に国内のグループ企業6社の基幹システムをSAP ERPに刷新した。売り上げや発注に関わる日報のフォーマットやタイミングが各社で異なっていたため...(2017/6/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ソーシャルやIoTデータを瞬時に分析、「ストリーミング分析」を成功させる秘訣
 SNSやIoT、モバイルデバイスより刻々と生成されるデータからリアルタイムに洞察を導き出す「ストリーミングアナリティクス」。情報の鮮度を落とさず、データ量が膨大になりすぎないうちに処理するためには、評価・集約・相関・分析という工程でデータを迅速に処理できる...(2017/6/15 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
データ主導の意思決定に欠かせない「データガバナンス」をどう実現する?
 データの品質や信頼性を確保するために欠かせない「データガバナンス」をどう実現すべきだろうか。その重要性こそ周知されてきたが、一元的な意思決定が組織になじまなかったり、業務部門とIT部門の連携が不足していたり、投資対効果が不明確だったりといった理由で、導...(2017/6/15 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現
 BCP対策で近年考慮すべきポイントとして浮上しているのが伝送データ量だ。IoTの活用などにより今までにないデータも増えており、基幹業務システムが日々生成するデータは膨大な量になる。小松製作所が取り組んだバックアップ環境の見直しでも、基幹システムのデータ量が...(2017/6/9 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる
 デジタル化が進み、創造的破壊の波があらゆる業界に押し寄せている。その波に乗り遅れれば、競業企業との収益力に大きな差がつくといわれており、多くの企業が危機感を抱いている。それでは、デジタル化に成功した企業は、このまま伝統的な企業を駆逐していくのだろうか...(2017/6/5 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
「OpenStack」の複雑さを解消、クラウド構築を迅速化する統合プラットフォーム
 多くの企業におけるクラウド戦略で重要な位置を占めている「OpenStack」。しかし、OpenStackの導入は容易ではなく、クラウド固有の社内スキルと経験が必須になり、サポートやサービスを複数のベンダーやオープンソースコミュニティーに合せて調整する作業が必要になると...(2017/6/2 提供:インテル株式会社)

レポート
弱点補完 × 利便提供――Amazon が「Prime Now」で他店の商品を届ける理由
 アマゾンジャパン(以下「Amazon」)は 2017 年 4 月 18 日、Amazon.co.jp の「Amazon プライム」会員特典として一部地域で提供している短時間配達サービス「Prime Now(プライム ナウ)」において、提携店舗にある商品の配達に対応した。Prime Nowで実店舗の商品を届け...(2017/6/1 提供:KDDI株式会社)

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

レポート
消える会社、生き残る会社を分けるセキュリティ戦略
 大規模な情報漏えい事件が発生、記者会見の場で深々と頭を下げる経営陣、株価は急落、企業への信頼は失墜、顧客は既存の取引や契約の解除へ動き、経営の屋台骨が揺らぐほどの危機に直面する――。 今やセキュリティは重要な経営課題の1つとなった。対策や初期対応を誤...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading