TechTargetジャパン

レポート
これからのIT戦略の鍵となる「マネージドサービス」という選択肢
 ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウド、ビッグデータは、企業のIT戦略に大きな変革をもたらしている。こうした変革をもたらす力を企業はどのように考え、どのように対応しようとしているのか。従業員1000人以上の企業の上級意思決定者750人を対象に調査を実...(2014/8/25 提供:アバナード株式会社)

事例
横河電機がグローバルNo.1を目指し「攻めのIT」に向け、包括的ITアウトソーシングを採用した理由
 制御事業におけるグローバルNo.1企業を目指す横河電機は、ビジネス構造改革の一環として、IT部門をよりIT戦略の企画・推進に注力できる体制へと刷新した。 さらに同社は「IT人材のIT戦略企画・推進業務へのシフト」を目標に挙げ、ITアウトソーシングの活用によって実現...(2015/8/20 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

製品資料
2極で進むデータセンターのサイロ化、不可避となったシステム刷新の方法は?
 データセンターで利用されているITシステムの多くは、自動化/オーケストレーション機能を備えている。しかし、それでも長期間の運用に伴う、複数世代のITの混在や、ベンダー間の非互換性といった問題を避けることは難しい。 このような形でサイロ化が進んだシステムが...(2016/7/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
2016年版クラウド市場予測:これからの数年で起きる10の変化
 IT調査会社のIDCは、2017年までに50%以上の国内企業がハイブリッドクラウドに取り組むという予測を発表した。そしてパブリックとプライベートの両方を活用するハイブリッドクラウドは、オンプレミスのシステムとも緊密に連携するとしている。 これらの調査結果をまと...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

Webキャスト
日本精工の現場担当者が語る、インフラ主導の「プライベートクラウド」活用術
 大企業を中心に統合的なIT基盤への移行が進みつつあるが、いまだにサイロ化した個別最適システムを利用している企業は多い。一方、早い段階でIT基盤の刷新を行うことで、他社よりも多くの効果を得られると考える企業が現れている。 世界有数のベアリングメーカーとして...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
製造業の成長戦略を加速する「5つのIT戦略テーマ」
 資源価格高騰、新興国の急成長、災害によるサプライチェーン途絶リスクの顕在化――。近年、製造業を取り巻く事業環境の変動の幅と速度が急速に大きくなっている。 こうした環境変化の中、事業構造を変革し、グローバル市場で勝てる製造業への変革を加速、実現するため...(2013/4/1 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

レポート
徹底解説:オープンソースの真のパワーとは? コスト削減を超える活用を考える
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
IT戦略を進める八千代銀行が運用負荷軽減とTCO削減実現に選んだサービスに迫る
 1924年創業、東京、神奈川を中心に84店舗を構える八千代銀行。同行は1967年にオンラインシステムをいち早く稼働させ、ペーパーレス化や日本初のオープン勘定系システム稼働など、積極的なIT戦略をとってきた。PCを導入する際は、事務システム部が調達、設定して各支店に...(2014/7/28 提供:日本電気株式会社)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
「社長はもっとIT投資に敏感に」――経産省が頭をひねった施策のナカミ
 2015年5月、“攻めのIT”を推進する経産省が東京証券取引所とタッグを組んで、IT改革に積極的な企業を「攻めのIT経営銘柄」として選出した。企業や機関投資家からの問い合わせを多数受けるなど、各方面から注目を浴びた一方で、銘柄選定のためアンケートに回答した上場...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

事例
読み込みを90%短縮、第一生命保険が“時代が変わった”と感じたオールフラッシュ
 激しい競争が続く生命保険業界で、業務のWeb化によるビジネスの成長を目指す第一生命保険。同社は、顧客を訪問して保険の提案をする際、タブレットを使って契約状況に応じた最適なプランを案内している。このスタイルは顧客から支持され、業績向上にも貢献しているとい...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
“クラウド”で変わる、これからの運用管理
 企業のITの在り方として今日の「クラウドコンピューティング」が登場するまでに、「ユーティリティーコンピューティング」や「グリッドコンピューティング」などが提案されてきた。これらは変化対応力やコストの最適化、投資効率の最大化などを課題として取り組まれてき...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

製品資料
業務プロセスの可視化・改善とIT化で実現する“真”の働き方改革
 生産性の低下、慢性的な残業、業務の属人化といった現象は、多くの企業で生じている問題である。この解決策としてシステム導入は有効な手段だが、一方で導入後に現場からの手戻りが発生し、導入したシステムが使われないままに陥るケースが多く見られる。 この問題の一...(2016/11/22 提供:株式会社システム科学)

レポート
技術者と組織の両方を育てる「いいキャリア」の積み重ねとは
 技術者を目指す人、そして、既に技術者として活躍していてさらに新しい世界を目指している人にとって、技術に関連した知識の収集と実務から得る経験の蓄積は自分の実力を上げるために重要だ。現在のIT関連技術は分野が細分化し、それぞれに専門性を高めているだけに、こ...(2016/11/21 提供:株式会社リクルートキャリア)

製品資料
インサイドセールスで営業を効率化、受注数/受注率を向上させる2つのプラン
 営業活動のコスト削減などを目的に、テレアポやリストクレンジング(名寄せ)などの業務アウトソースを利用する企業は少なくない。しかし、受注までの営業コスト削減や営業人件費の変動費化などで営業活動を効率化したい、受注やセミナー集客など、営業活動の成果を創出...(2016/11/11 提供:株式会社WEIC)

技術文書
「Windowsエラー報告」を不正侵入に悪用? 進化する標的型攻撃に挑むには
特定組織を狙う標的型攻撃は、洋の東西を問わず鎮静化の気配がない。不特定多数を狙った攻撃とは異なり、攻撃者はマルウェアやメール文面などを標的ごとに巧妙に変え、確実な攻撃成功を図る。従来型セキュリティ対策の網の目をかいくぐる攻撃も多く、対策は一筋縄には行か...(2016/11/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
予算内でストレージを最大限に活用する方法
企業ITの中で重要度が高まり続けるストレージ環境。本製品導入ガイドは、ストレージの投資対効果を最大化するヒントとなる3つの記事で構成されている。まずは、米Forresterのアナリストによるストレージの各種トレンド解説と、テーマごとのアドバイス。これで、ストレージ...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
専用サーバとクラウドの利点を生かす適材適所のハイブリッド
 ITインフラを構築する際には、6割以上の企業がクラウドの活用を検討するようになっている。これは、クラウド技術の進化により、導入時から運用に至るまで一貫して優れたコストパフォーマンスを提供する多彩なクラウドサービスが出そろったためだ。 そして選択肢が増え...(2016/11/1 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
ITサービス刷新の実践的アプローチ13選――ANA、JTBなど先進企業の事例に学ぶ
 事業におけるITの重要性が高まるにつれ、IT部門に課せられる役割にも変化が見られ始めた。従来の課題である「生産性の向上」に加えて、「ビジネス価値の向上」が求められるようになったことが、さまざまな業界でITサービスマネジメント(ITSM)を刷新する流れを生んでい...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

レポート
5年間で368%のROI、グローバルIT企業がADC刷新で成功した秘訣
 グローバル企業などではアプリケーション配信をサポートするITインフラの要として、ADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)が重要な役割を果たしている。しかし、各拠点では、ビジネスの成長に応じて利用するアプリケーションやその負荷も常に変化している。(2016/10/31 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
先進企業のビジネス戦略をリードするCFOはテクノロジーをどう使うのか?
 近年、CFO(最高財務責任者)に対して、他部門の競争力強化のための先見性、洞察力が求められている。クラウドコンピューティングなどによる、リアルタイムのデータ活用により、ITコストが予測可能となり、経理部門がIT予算やプロジェクトのマネジメントに関する高度な...(2016/10/27 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
ITマネージドサービスのプロバイダー選びで考慮すべき「条件トップ10」
 企業がいま直面しているITの課題は、ハイブリッドクラウド活用、セキュリティや災害復旧への対応、デスクトップ仮想化、モバイル対応など、ビジネスをさらに推進するために、いかに新しいテクノロジーを効率的に導入していくかという点にある。同時に、その導入コストを...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
事業継続の実効性を担保するための「コグニティブシステム活用法」
 IoTなど膨大な量の情報を取り込み、傾向分析や将来予測を行うコグニティブシステムは、ビジネスのみならず社会全体に大きな影響を与えるとされている。このシステムを企業の事業継続や地域の防災などに役立てようという動きが活発化している。 コグニティブと事業継続...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
BCP対策の弱点はどこか? “復元力”を検証するレジリエンシーフレームワーク
 BCP(事業継続計画)の検証に役立つモデルとして、最近注目されているのが「レジリエンシーフレームワーク」だ。レジリエンシーは、自然災害や破壊的なセキュリティ侵害に遭った後、組織が素早く元の状態に戻る能力のことを指すが、広義のレジリエンシーフレームワーク...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
現場の勘と経験と10億件のビッグデータ分析で急成長、スシローを支えるBIツール
 回転ずしチェーン店「スシロー」を運営するあきんどスシローでは、すし皿に取り付けたICタグで、全店のレーンに流れるすしの状況を把握している。そして、どの店でどんなすしが食べられたのか、あるいは廃棄されたのかといったデータを毎年10億件以上蓄積している。 こ...(2016/10/14 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

レポート
「このままだと企業の4割が消える」――経産省が“攻めのIT”を後押しするワケ
 「10年後までに、今ある企業の4割は姿を消す」Cisco SystemsのチェンバースCEOが発して話題になった言葉である。ビッグデータやIoTなど、ITの発展とともに企業の競争環境が大きく変化している今、IT活用への姿勢が企業の生死を分けるといわれる時代が到来している。 経...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

レポート
今、最も熱い言語は何だ? プログラミング言語別:年収データからトレンドをつかむ
 アメリカでのエンジニアの平均年収は、約1000万円とかなりの高給です。2014年11月に行われた調査によると、Ruby on Railsのエンジニアが最も年収が高く、年収が10万9460ドル、日本円にすると1313万円という結果でした。第2位Objective C:年収10万8225ドル(1298万円)...(2016/9/16 提供:株式会社リクルートキャリア)

レポート
仕事のための「自己投資」、何にいくら使っている?
 仕事のために「自己投資」をしている人は約6割! ビジネス力アップやキャリア構築のために「自己投資をしている」と回答した人は554人中323人と約6割。 「している」という人の1年間の投資金額は、「1万円未満」(86人)と「1万〜5万円未満」(82人)が約半数を占めて...(2016/9/16 提供:株式会社リクルートキャリア)

Loading