TechTargetジャパン

レポート
これからのIT戦略の鍵となる「マネージドサービス」という選択肢
 ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウド、ビッグデータは、企業のIT戦略に大きな変革をもたらしている。こうした変革をもたらす力を企業はどのように考え、どのように対応しようとしているのか。従業員1000人以上の企業の上級意思決定者750人を対象に調査を実...(2014/8/25 提供:アバナード株式会社)

事例
横河電機がグローバルNo.1を目指し「攻めのIT」に向け、包括的ITアウトソーシングを採用した理由
 制御事業におけるグローバルNo.1企業を目指す横河電機は、ビジネス構造改革の一環として、IT部門をよりIT戦略の企画・推進に注力できる体制へと刷新した。 さらに同社は「IT人材のIT戦略企画・推進業務へのシフト」を目標に挙げ、ITアウトソーシングの活用によって実現...(2015/8/20 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

事例
IT戦略を進める八千代銀行が運用負荷軽減とTCO削減実現に選んだサービスに迫る
 1924年創業、東京、神奈川を中心に84店舗を構える八千代銀行。同行は1967年にオンラインシステムをいち早く稼働させ、ペーパーレス化や日本初のオープン勘定系システム稼働など、積極的なIT戦略をとってきた。PCを導入する際は、事務システム部が調達、設定して各支店に...(2014/12/5 提供:日本電気株式会社)

製品資料
2極で進むデータセンターのサイロ化、不可避となったシステム刷新の方法は?
 データセンターで利用されているITシステムの多くは、自動化/オーケストレーション機能を備えている。しかし、それでも長期間の運用に伴う、複数世代のITの混在や、ベンダー間の非互換性といった問題を避けることは難しい。 このような形でサイロ化が進んだシステムが...(2016/7/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
日本精工の現場担当者が語る、インフラ主導の「プライベートクラウド」活用術
 大企業を中心に統合的なIT基盤への移行が進みつつあるが、いまだにサイロ化した個別最適システムを利用している企業は多い。一方、早い段階でIT基盤の刷新を行うことで、他社よりも多くの効果を得られると考える企業が現れている。 世界有数のベアリングメーカーとして...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
製造業の成長戦略を加速する「5つのIT戦略テーマ」
 資源価格高騰、新興国の急成長、災害によるサプライチェーン途絶リスクの顕在化――。近年、製造業を取り巻く事業環境の変動の幅と速度が急速に大きくなっている。 こうした環境変化の中、事業構造を変革し、グローバル市場で勝てる製造業への変革を加速、実現するため...(2013/4/1 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
消える会社、生き残る会社を分けるセキュリティ戦略
 大規模な情報漏えい事件が発生、記者会見の場で深々と頭を下げる経営陣、株価は急落、企業への信頼は失墜、顧客は既存の取引や契約の解除へ動き、経営の屋台骨が揺らぐほどの危機に直面する――。 今やセキュリティは重要な経営課題の1つとなった。対策や初期対応を誤...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
ITサービス刷新の実践的アプローチ13選――ANA、JTBなど先進企業の事例に学ぶ
 事業におけるITの重要性が高まるにつれ、IT部門に課せられる役割にも変化が見られ始めた。従来の課題である「生産性の向上」に加えて、「ビジネス価値の向上」が求められるようになったことが、さまざまな業界でITサービスマネジメント(ITSM)を刷新する流れを生んでい...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
ITサービスマネジメント実践ガイド――今こそ再確認したい導入の意義と基本戦略
 IT部門がシステムの保守・運用などの従来の業務にとどまらず、ビジネスの発展に貢献するためのアプローチとしてITサービスマネジメント(ITSM)に取り組む企業は多い。しかし、具体的に目指すべき目標や手法について、担当者の認識が曖昧なケースも少なからず見られる。(2016/7/7 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
プライベートクラウドが解決できる「3つの重要なビジネス課題」とは?
 ITとビジネスの関係は極めて密接だが、それ故に、さまざまな課題が指摘されてきた。特に「ITが新たなビジネス要件に迅速に応えているか」「ITコストは常に適正化されているか」「ユーザーの生産性向上にITは本当に貢献しているか」といった問題は、かなり以前からユーザ...(2015/10/8 提供:デル株式会社)

レポート
「PCが苦手な私じゃ無理」どころか今が好機の「IT業界女性キャリア」事情
 最近のIT関連ビジネスは、プログラムコードをガリガリとコーディングする職人的な開発の世界ばかりではなく、Webデザインといった美術の世界に関連したジャンルからインターネットサービスといった企画アイデアを必要とするジャンルまでと幅広い。 また、その「働き方...(2016/7/27 提供:株式会社リクルートキャリア)

レポート
技術者と組織の両方を育てる「いいキャリア」の積み重ねとは
 技術者を目指す人、そして、既に技術者として活躍していてさらに新しい世界を目指している人にとって、技術に関連した知識の収集と実務から得る経験の蓄積は自分の実力を上げるために重要だ。現在のIT関連技術は分野が細分化し、それぞれに専門性を高めているだけに、こ...(2016/7/27 提供:株式会社リクルートキャリア)

レポート
「凄腕の変わり者」な技術者を1つのチームにまとめる5つのスゴ技
 システム開発の現場においてベテラン技術者による「職人技」に依存する手法から、複数のメンバーで構成するチームによる分業制が主流になって久しい。 開発チームを1つの組織として運用して大きなシステムを開発するには、構成メンバーそれぞれが目標(それは、進行ス...(2016/7/27 提供:株式会社リクルートキャリア)

製品資料
IT革新で進む企業の短命化を防ぐ、システム維持と刷新を両立する「ITサイロの解消法」
 デジタルディスラプションはあらゆる分野に及び、企業の短命化も年々進んでいる。例えば、Fortune 500企業の平均寿命を見てみると、50年前は約75年だったものが、2014年には約15年となっている。 このようなデジタル化によるビジネスの変化に対し、迅速に対応できるIT...(2016/7/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
そもそもITSMとはなにか? クラウド時代にあらためて注目される運用プロセスの改善
 システムをテクノロジーの塊と捕らえるのではなく、ユーザーのビジネスを支えるサービスとして捉える取り組みが「ITサービスマネジメント」(ITSM)である。クラウドが普及し、システムを「所有」する形態から「利用」する形へとパラダイムシフトが進むと、ITSMの重要性...(2016/6/27 提供:株式会社野村総合研究所)

製品資料
ビジネスルールをありのまま表現する「BRMS」大手小売や金融保険も認めた効果
 取引先との契約条項や料金体系などの変更が発生した場合、それをシステムに素早く反映できなければ企業の競争力は下がるばかりだ。システムへの反映は単純なパラメータ変更だけでは済まないケースが多く、ビジネスルールの変更があるたびにシステム改修が発生して、完了...(2015/10/30 提供:株式会社アシスト)

製品資料
IoT時代を勝ち抜く 製造業のノウハウを結集したIT基盤の実現方法とは?
 日本の製造業の70%が海外進出を果たしている今日、グル―バルにおける経営実態の把握が課題となっている。製造業においてはERPパッケージを活用し、業務シナリオをベースに業務の標準化を図り、グローバルテンプレートとして海外拠点へと展開することが求められる。 I...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

事例
ナブテスコがSAPを含む200台のサーバをクラウド化、約1年で実現できた理由とは?
 モノを“動かす・止める”モーションコントロール技術を強みに、幅広い産業の発展に貢献するナブテスコはSAPで構築した基幹系システムやNotesやActiveDirectoryなどで構築した情報系システムを24時間、365日体制で運用している。このシステムは国内だけでなく、海外拠点...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

製品資料
「ITIL」の適用がポイント、忙しすぎるIT部門の運用業務改革の勘所
 IT活用の広がりを背景に、IT部門には自社システムの運用維持やビジネス活用が経営層から強く求められるようになった。また、セキュリティに対する関心の高まりから、インシデントへの対応といった多角的なマネジメントを求められている。だが、現状を概観すれば、この要...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

製品資料
インシデントの復旧はなぜ遅れる? サイバー攻撃の阻止に平均約1カ月かかる理由
 標的型攻撃の被害は解決に時間がかかるほど増大するため、対応プロセスは迅速に実行しなければならない。それにもかかわらず、ある調査では「サイバー攻撃を阻止するのに平均で31日間かかっている」ことが報告されている。このような対応の遅れは、どこから生まれるのだ...(2016/6/3 提供:Intel Security)

事例
すかいらーくが80業務システム200サーバをクラウドへ、その統合効果とは?
 企業の成長とともにITシステムは拡張されてきたが、その時代に最新と思われたプラットフォームやアプリケーションも、今日の技術からみるとつぎはぎだらけの時代遅れシステムとなっている例は多い。 ファミリーレストラン大手のすかいらーくでは、80業務システム、200...(2016/6/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「あえて作り込まない」が正解? 運用重視の業務アプリ開発とは
 急速なビジネスの変化とITテクノロジーの進化により、業務アプリケーションのライフサイクルはさらに短くなった。特定の業務が発生するたびにフルスクラッチでアプリケーションを外注するような従来の方法では、要件の変化に対応できず、コストは膨らむばかりだ。 ここ...(2016/4/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
【企業意識調査レポート】陳腐化するアドオンERPの今後と加速するERPのクラウド化
 ERPパッケージは約20年前から国内で導入が始まり、現在ではさまざまな業種で利用されている。導入から10年以上経過するケースも増えており、この数年で多くの企業がERPシステムのオーバーホールを検討するようになってくるという。 そこでポイントとなるのが、過去に積...(2016/5/31 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
Windows 10移行は今がベスト? 業務効率から考えるOS更新のタイミング
 Windows 10の普及は、歴代Windowsのなかでも記録的な早さで進んでいる。IT調査会社ガートナーの予測によると、2017年の年初には半数、2019年までには全ての企業がWindows 10に対応するという。そのため、多くの企業が移行時期を探りはじめている。 その時期に関して...(2016/5/25 提供:Citrix Systems Asia Pacific Pty Ltd)

製品資料
マネージドサービスプロバイダーを選ぶための「10の条件」
 ある調査によると、成長計画に携わる70%のCIOが、「全てを組織内で用意するのではなく、新しいスキルと専門知識を求めて広く外部と提携すること」を選択している。 その際の、マネージドサービスプロバイダーを選択する条件は、社内で調達するよりも優れたスキル、プ...(2016/5/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
あっと驚くストレージの占有――重複データを甘く見てはいけない
 近年、企業が保有するデータは増大の一途をたどっているが、その中でも課題となっているのが、動画、画像、電子メール、ソーシャルメディアデータなどの非構造化データだ。これらはビジネスに新たな価値をもたらすが、同時に保管コストの増大や管理の複雑化を招く原因に...(2016/4/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
迷える情シスが知るべき「クラウドに関する誤った通念トップ10」
 企業の情報システム部門は、クラウドにどう対応すればいいのか。「正しい」答えを出そうとすればするほど、難しく思えてしまう。各企業のIT利用形態や運用するアプリケーションによって、答えは全く変わってくる。また、クラウドの世界は文字通り日進月歩であるため、現...(2016/4/4 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ビジネスに貢献する「クラウド選定」で忘れてならないポイント
 ITコンサルティング企業のITRが国内企業を対象に実施した『IT投資動向調査 2014年版』では、最重要視するIT戦略テーマとして「売上増大への直接的な貢献」「業務コストの削減」「顧客サービスの質的向上」がトップ3に入った。こうしたビジネス貢献を意識したITに対する...(2015/5/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading