TechTargetジャパン

レポート
これからのIT戦略の鍵となる「マネージドサービス」という選択肢
 ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウド、ビッグデータは、企業のIT戦略に大きな変革をもたらしている。こうした変革をもたらす力を企業はどのように考え、どのように対応しようとしているのか。従業員1000人以上の企業の上級意思決定者750人を対象に調査を実...(2014/8/25 提供:アバナード株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

事例
横河電機がグローバルNo.1を目指し「攻めのIT」に向け、包括的ITアウトソーシングを採用した理由
 制御事業におけるグローバルNo.1企業を目指す横河電機は、ビジネス構造改革の一環として、IT部門をよりIT戦略の企画・推進に注力できる体制へと刷新した。 さらに同社は「IT人材のIT戦略企画・推進業務へのシフト」を目標に挙げ、ITアウトソーシングの活用によって実現...(2015/8/20 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

事例
IT戦略を進める八千代銀行が運用負荷軽減とTCO削減実現に選んだサービスに迫る
 1924年創業、東京、神奈川を中心に84店舗を構える八千代銀行。同行は1967年にオンラインシステムをいち早く稼働させ、ペーパーレス化や日本初のオープン勘定系システム稼働など、積極的なIT戦略をとってきた。PCを導入する際は、事務システム部が調達、設定して各支店に...(2015/1/1 提供:日本電気株式会社)

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント
 自社のIT投資に対する分析・検証に取り組む姿勢は、企業の業績にどれほどの影響を与えるのだろうか。世界の主要企業500社超への調査によると、ITプランニングツールを活用して「IT投資のインパクト」を確認している企業と、そうでない企業の間には、収益の伸びに大きな...(2017/3/3 提供:CA Technologies)

製品資料
2極で進むデータセンターのサイロ化、不可避となったシステム刷新の方法は?
 データセンターで利用されているITシステムの多くは、自動化/オーケストレーション機能を備えている。しかし、それでも長期間の運用に伴う、複数世代のITの混在や、ベンダー間の非互換性といった問題を避けることは難しい。 このような形でサイロ化が進んだシステムが...(2016/7/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
“クラウド”で変わる、これからの運用管理
 企業のITの在り方として今日の「クラウドコンピューティング」が登場するまでに、「ユーティリティーコンピューティング」や「グリッドコンピューティング」などが提案されてきた。これらは変化対応力やコストの最適化、投資効率の最大化などを課題として取り組まれてき...(2017/4/20 提供:KDDI株式会社)

レポート
「データ活用度と企業力は比例する」という事実:データ分析が生み出す利益とは
 データ分析などデータ活用がビジネスに与える変化に関心を持つ企業が増えているが、具体的にどのような価値として効果が表れるかについてはさまざまな議論が存在する。 そこで、本レポートではデータがビジネスパフォーマンスに与える影響の定量化を試みた。データ/分...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
社員16万人の「知」を共有するコミュニケーション基盤の作り方
 仕事が暗礁に乗り上げた。同じような経験をした人から解決につながるアドバイスがほしいが、誰に聞けばいいのか分からない──。こうした悩みを解決するには、組織に散在する「知」を簡単に見つけ出せる仕組みが必要だが、その構築は一筋縄ではいかない。 全世界にグル...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

レポート
2016年版クラウド市場予測:これからの数年で起きる10の変化
 IT調査会社のIDCは、2017年までに50%以上の国内企業がハイブリッドクラウドに取り組むという予測を発表した。そしてパブリックとプライベートの両方を活用するハイブリッドクラウドは、オンプレミスのシステムとも緊密に連携するとしている。 これらの調査結果をまと...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
セキュリティ対策は「組み込み型」へ──ポイント対策が限界を迎えたわけ
 ほぼ20年間にわたり、ファイアウォールは企業のセキュリティ戦略の中心に据えられてきた。アプライアンスが登場するとすぐに、サービスプロバイダーが次々とファイアウォールの管理サービスの提供を始めた。そして、新たな攻撃に対応するために、電子メールゲートウェイ...(2017/3/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
Web API連携でビジネスはどう変わる? デジタルプラットフォームの変化を読む
 システム開発において、外部アプリケーションとの連携を容易にするWeb API技術を活用するケースが増えている。Web APIを通じて第三者にデータを利用してもらうことは、システムの発想の幅を広げ、商品の市場投入スピードを速めることにもつながる。 例えば、米国の保険...(2017/3/3 提供:CA Technologies)

製品資料
「ワークスタイル変革」でつまずく5つの原因――現場はなぜ本音を言わないのか
 長時間労働の是正や生産性の向上などを目指して、多くの企業がワークスタイル変革に取り組んでいる。しかし、在宅勤務などのための「テレワーク」、社内の席を固定させない「フリーアドレス化」、モバイルやIoTを活用した「現場業務変革」などの施策を行っても、残念な...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

Webキャスト
日本精工の現場担当者が語る、インフラ主導の「プライベートクラウド」活用術
 大企業を中心に統合的なIT基盤への移行が進みつつあるが、いまだにサイロ化した個別最適システムを利用している企業は多い。一方、早い段階でIT基盤の刷新を行うことで、他社よりも多くの効果を得られると考える企業が現れている。 世界有数のベアリングメーカーとして...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月22日号:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ
 Computer Weekly日本語版 2月22日号は、以下の記事で構成されています。■本当にPCは必要なのか? CIOはクライアント機器を再検討すべし■DNS関連のセキュリティリスクトップ3とその対策■悪質なWebスクレイパーからWebサイトを守る方法■MongoDB導入で航空券発行サー...(2017/2/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表
 Googleは2016年5月18日(現地時間)、米国のカルフォルニアで開催した年次開発者会議「Google I/O」で、スマートフォン向けのVR(仮想現実)体験価値向上を目的としたプロジェクト「Daydream」を発表した。このプロジェクトには、モバイルOSの次期バージョン「Android ...(2017/2/14 提供:KDDI株式会社)

製品資料
AWS移行の新常識、「Amazon WorkSpaces」でデスクトップ運用負荷を大幅に軽減
 近年、業務システムや業務環境のクラウド移行がさまざまな形で進んでいる。その背景には、オンプレミスや仮想基盤に展開されたシステムの全面移行にも対応できるセキュリティと可用性を備えた「Amazon Web Services」(AWS)などの存在がある。 AWSが選ばれる理由には...(2017/2/7 提供:株式会社サーバーワークス)

事例
スマホアプリで顧客と理想的な関係を構築――4つの事例に学ぶ開発/運用の秘訣
 「今年の採用はアプリから」――GYAOは、常に学生が持ち歩くスマートフォンに着目し、2017年から新卒採用の全てをアプリ経由でのエントリーとした。Webサイトからのエントリーもできなくしたことに、学生はどのように反応したのだろうか。 採用という観点からは、エン...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
製造業の成長戦略を加速する「5つのIT戦略テーマ」
 資源価格高騰、新興国の急成長、災害によるサプライチェーン途絶リスクの顕在化――。近年、製造業を取り巻く事業環境の変動の幅と速度が急速に大きくなっている。 こうした環境変化の中、事業構造を変革し、グローバル市場で勝てる製造業への変革を加速、実現するため...(2013/3/11 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/1/31 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

レポート
単なるセキュリティ監視ではない――「MSS」を選ぶための10のポイント
 巧妙化するサイバー攻撃に対抗するため、企業もさまざまなセキュリティ製品やソリューションを導入し続けてきた。しかしその結果、運用が複雑化し、セキュリティ担当者の人的リソースやセキュリティ技術スキルが不足していることも多いという。このような状況下では、日...(2017/1/24 提供:SecureWorks Japan株式会社)

製品資料
インサイドセールス成功の3条件――リード獲得と商談創出の仕組みはどう作る?
 近年は、営業活動を効率化するために科学的なアプローチの採用が進んでいる。その代表的な手法である「インサイドセールス」では、営業活動を分業化し、非訪問の営業活動における「業務オペレーション」「人材」「管理」の全てを制度化/ルール化する。 これにより目指...(2017/1/11 提供:株式会社WEIC)

製品資料
インサイドセールス実践ガイド――売上達成に向けた「設計」の重要ポイント
 営業活動の省力化やコスト削減を目的として導入が進むインサイドセールス。電話や電子メール、ダイレクトメール(DM)などの非訪問の手段で行う営業活動を指す用語だが、近年は営業を分業化する手法として脚光を浴びている。 もちろん、訪問/非訪問の分業だけが目的で...(2017/1/11 提供:株式会社WEIC)

製品資料
インサイドセールス基礎解説:導入前に知っておきたい「科学的な営業活動」
 1人の営業スタッフがターゲット選定からアポイント獲得、顧客のフォローまで一貫して行うような営業活動は、これまで一般的に行われてきた。しかし、近年はこのような営業スタイルが営業の効率低下や業務の属人化を招くことが知られるようになった。 そこで、重要なキ...(2017/1/11 提供:株式会社WEIC)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
現場の勘と経験と10億件のビッグデータ分析で急成長、スシローを支えるBIツール
 回転ずしチェーン店「スシロー」を運営するあきんどスシローでは、すし皿に取り付けたICタグで、全店のレーンに流れるすしの状況を把握している。そして、どの店でどんなすしが食べられたのか、あるいは廃棄されたのかといったデータを毎年10億件以上蓄積している。 こ...(2016/12/20 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
「大量のExcelファイルは宝の山」、データ活用の流れに一歩で追い付く考え方
 ビジネスにおけるデータ活用と聞くとつい身構えてしまうが、実はそれほど難しいことではない。データとは、日々の業務で得られる「いつ売れたか」「どんな年齢の顧客か」といった情報のことであり、その蓄積から価値を導き出す取り組みは、これまでもExcelなどで行われ...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading