クラウド支出がいくら増えても「オンプレ支出」はなくなるどころか増え続ける謎クラウドインフラの動きを「ハードウェア」視点で見る【後編】

IDCの見方では、クラウドインフラ向けハードウェア支出額は増加する見込みだ。一方で従来型オンプレミスインフラ向けハードウェア支出額も増えると同社はみる。インフラ市場で何が起きているのか。

2023年08月23日 07時00分 公開
[Antone GonsalvesTechTarget]

 オンプレミス型のプライベートクラウド(リソース専有型クラウド)を含めて、クラウドインフラを構築するためには、サーバやストレージといったハードウェアが必要だ。こうしたクラウドインフラ向けのハードウェア支出額が増加傾向にあると、IT調査会社のIDCは説明する。一方で従来型オンプレミスインフラ(非クラウドインフラ)の構築ニーズは消えつつあるのかというと、実はそうでもないという。同社の市場調査結果から明らかになった、インフラを取り巻く“真実”とは。

クラウド支出好調でもオンプレ支出はなくならない?

 クラウドインフラ向けハードウェア支出額の、2022年から2027年までの年間平均成長率(CAGR)は11.2%になるとIDCはみる。2027年には、クラウドインフラ向けハードウェア支出額は1530億ドルになると同社は予測。この支出額は、ハードウェア支出総額の69%を占める規模になるという。

 非クラウドインフラ向けハードウェアへの支出額も、クラウドインフラほどではないものの成長を維持するというのが、IDCの見方だ。同社によると非クラウドインフラ向けハードウェア支出額は、2022年から2027年までCAGR1.3%で増加。2027年には686億ドルに達すると同社は予想する。

 「2023年は企業向けIT市場が停滞している」と、IDCでアナリストを務めるクバ・ストラースキ氏は指摘。オンプレミスインフラの中では比較的堅調だった、オンプレミス型プライベートクラウドの構築ニーズにも、鈍化の傾向が見られるという。

 オンプレミス型プライベートクラウドを含めた、クラウドインフラ向けハードウェア支出額は、2023年には2022年比7.3%増の964億ドルになるとIDCは予測する。ただし、この支出額の相当な部分は「サプライチェーンの遅れによって累積したハードウェア需要に起因する」(ストラースキ氏)という。DellやHewlett Packard Enterpriseなどのハードウェアベンダーでは、納品の遅れが生じていた。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...