クラウド時代でも「磁気テープ」が大活躍 データ保護の外せないトレンドは?データ保護がIT戦略を変革【前編】

Veeam Softwareの調査では、データ保護にクラウドサービスを利用する組織が目立った。一方で、磁気テープを利用する組織も依然として珍しくない。データ保護戦略において何が重要になっているのか。

2023年05月17日 07時15分 公開
[Antony AdsheadTechTarget]

 データ保護ツールベンダーのVeeam Softwareは、データ保護を推進する要因や課題、戦略をまとめたレポート「Data Protection Trends Report 2023」を2023年1月に公開した。2022年に独立系の調査会社が、28カ国で4200組織のITリーダーを対象に調査した。

 同レポートはデータ保護とバックアップの動向に加え、オンプレミスインフラとクラウドサービスの利用動向も調査した。サーバ設置場所はオンプレミスインフラとクラウドサービスがほぼ均等に分かれ、28%がデータセンター内の物理サーバ、25%がデータセンター内の仮想マシン(VM)、47%がクラウドサービスのVMを使用していた。組織のデータは複数の場所に分散していることが分かる。

クラウド移行は加速、データ保護の戦略はどうなる?

 傾向としては、クラウドサービスにデータを移行する動きが目立つ。クラウドサービスのバックアップツールを利用する組織の割合も増えている。2022年時点では主要なバックアップの手法としてクラウドサービスを利用すると回答した割合は67%で、オンプレミスのツールを利用すると回答した割合は33%だった。この数字は2024年には、それぞれ79%と21%になる見込みだ。

 今後、全てのデータがクラウドサービスに保存されるわけではない。意外なところでは、50%のデータが一時的にでも、磁気テープに保存されていることが判明した。データを長期間保存するストレージとして、磁気テープは依然として健在だ。

 重要なのはオンプレミスインフラと複数のクラウドサービスで一貫したデータ保護を実現することだ。データの分散を踏まえてデータ保護の戦略を構築する組織も目立ってきた。調査では35%のITリーダーが、2023年にオンプレミスインフラとクラウドサービスで分かれているデータ保護ポリシーの標準化に取り組むと答えた。


 後編は、データ保護を考える上で欠かせないランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の脅威について、組織の現状や対抗策を解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。