TechTargetジャパン

事例
“収益”を意識したメガネスーパーの店舗運営、実現したのは「KPIマネジメント」
 収益の推移を把握するには、顧客が購入した商品の内訳、それぞれの単価と粗利率などのビジネスの中身を細かく追いかける必要がある。ここが売上重視の戦略とは全く違うところだ。一般消費者を顧客にした小売業では、ビジネスの中身を追跡する上で、入店した顧客数、購入...(2015/8/26 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
リスク管理が心配なCIOは58%、必要なのはリスク評価指標「KRI」による真の脆弱性評価
 企業ITは多くのビジネス領域と相互に関連し合い、ITリスクがビジネスに与える影響はますます増大している。一方、多くの組織ではITリスクの管理体制が十分整備されていないという課題もあり、リスク管理やコンプライアンスに懸念を示すCIOは、実に58%に上るという調査...(2015/11/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
マーケティングオートメーション時代に必要な15のKPI〜マーケティングROIの継続的な向上に向けて
 マーケティング手法の多様化によるカスタマージャーニーの複雑化や、テクノロジーの進化によるデータ活用の促進を背景に、注目を集めるマーケティングオートメーション。「業務が楽になりそう」「商談成約率が上がりそう」「自動化とは言うけれど、本当に可能なのか」な...(2014/11/6 提供:株式会社シャノン)

技術文書
必読!エンタープライズBPM インテリジェントガイド 業務革新を成功に導く5つのポイントを徹底解説
 業務革新を進める中で、企業部門間で期待値の違いから出ている不満や、部門間の課題やプロセスが企業目標と合っていないなどの課題はないか?また、課題解決が一過的で、企業部門内でしか通用しない閉塞的なプロセスが当たり前のように運用されているというようなことは...(2012/11/29 提供:ソフトウェア・エー・ジー株式会社)

レポート
正しい評価指標の設定方法
経営管理において最も難しいのは「正しい評価指標を設定」することだが、各企業の戦略に最も適した評価指標を設定し活用すれば、優れた業績を導き出すことができる。正しい評価指標設定のために必要なこととは?多くの経営者や業績評価の担当者は、“適切な経営管理プロセ...(2007/5/10 提供:ハイペリオン株式会社)

技術文書
ネット集客実践ガイド:コストをかけずに効果を出せる5つのメソッド
 ネット市場が拡大を続けるなか、ネット集客の重要性は年々大きくなっている。実際、Webサイトを見て意思決定をする消費者は非常に多く、経済産業省が行った調査でも、回答者の過半数が「商品サービス選択時に信頼できる情報源」として企業公式サイトを挙げている。 し...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

レポート
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか?
 今日のモノづくりは、漸進的な品質改善を進めようとすると、実に多様かつ複雑な障壁に直面するようになっている。生産量の多さ、技術的な複雑さ、製品ライフサイクルの短さ、グローバル・サプライヤー・ネットワークの複雑さ、高まり続ける顧客の期待など。 しかし、先...(2017/2/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
BI経費が半減、応答時間も60%高速化、「中央統制」という発想でデータ分析を強化
 データ分析のコストがかさみ、期待する成果も挙げられず、現場が混乱しているときは、基本的な分析体制の改善に着手することが望ましい。 グローバルに展開する企業のデータ分析体制が陥りやすいわなは、拠点やリージョンの特殊性をそのまま受け入れ、KPIの種類が膨大...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

レポート
繰り返し可能な業務は必ず存在する、クラウドの成功は長期視点で最適化から
 ITソリューションプロバイダーが避けては通れないクラウドへの移行。先行コストが売上高を減少させてしまう点は課題となりやすい。しかしIDCの調査によれば、クラウド事業を継続している時間に比例して、粗利益や収益の伸びは大幅に改善されていくことが多いという。 ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
予測分析の根本課題を解説、データが正しい意思決定につながらない理由とは?
 分析モデルは、ビジネスの意思決定において中核的な役割を果たしている。しかし、分析モデルが標準化されておらず、事業ごとに独自に開発されていたり、ガイドラインが文書化されていなかったりするケースも見られる。こうしたバラバラなモデルによる分析結果を判断材料...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
ひと目で分かる仮想データセンターの稼働状況─運用管理自動化への道
 ITインフラが複雑化するにつれ、データセンターの管理には多大な負担がかかるようになった。IT管理者は、物理サーバの使用率や設備投資コスト、運用コストを常に把握していなければならないが、もはやそれだけでは運用の健全性やリスク、効率性を図れなくなりつつある。(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
Web事業を成長させる、データドリブンな「高速PDCA」の実現方法
 これまでのWebサイト運用では、長期間にわたって効果を測定し、大掛かりなリニューアルで課題を解決する手法が取られてきたが、近年は短期間で検証と改善を繰り返す「高速PDCA」が主流になりつつある。 高速PDCAをうまく回すには、データドリブンであることが成功の鍵...(2017/3/27 提供:株式会社UNCOVER TRUTH)

レポート
製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査
 爆発的な普及が予測される「IoT(モノのインターネット)」技術。幅広い業種で活用が見込まれているが、中でも製造業では以前からマシンデータを収集・分析してきており、IoTへの取り組みが活発だ。 既に設備状況を把握することで品質や歩留まりの向上につなげたり、納...(2017/5/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2017/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

レポート
生涯顧客の育成という視点、クラウドの成功は長期的な二人三脚の関係
 クラウドサービスはもはやスタンダードである。企業の80%がクラウドを導入し、「関心がない」という回答は8%にとどまった、というIDCの調査報告がこれを裏付けている。目新しさの時期は過ぎ、高い価値を実際に生み出すタイミングに来ている。 ITソリューションプロバ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
7ステップで実践、顧客ロイヤリティーを向上させるマーケティング
 コンテクストマーケティングとは顧客を取り巻く状況や行動を全て理解したうえで、適切なタイミングとコンテンツで購買意欲を高めたり、顧客関係性を強化したりするためのマーケティング手法のこと。 例えば、買い物客がなぜ、どこで、どのようにして購入プロセスを開始...(2016/10/12 提供:サイトコア株式会社)

レポート
調査レポート:より優れたビジネス洞察を獲得するための戦略
 経済の先行きが不透明な時代を迎えた今、企業の財務部門は、積極的な財務管理への変革が必要とされている。このような中、企業財務へ携わる皆さまは、どのようなご対応、準備をお考えだろうか。 本資料には財務部門にとって重要となる以下のポイントをご案内する。・厳...(2014/10/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

レポート
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル
 完璧なビジネスが不可能である以上、企業は苦情から逃れられない。そこで、苦情を避けるのでなく、むしろ顧客が苦情を伝えやすい環境を積極的に作り、企業の問題解決力を高めるべきだと説く「Customer Experience 3.0」(以下、CX 3.0)が注目されている。 そもそも顧...(2017/2/7 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
モバイルコマース調査:コンバージョン率の高いECサイトは何をしているのか?
 ECサイトでのモバイル端末からの購入率は年々増加している。2016年の第2四半期の調査では、モバイル経由の購入が国内小売業者におけるECサイトでの売り上げシェアの52%を占め、成長率では前年比で11ポイントの伸びを見せた。 この調査を実施したCriteoによると、モバ...(2016/10/14 提供:CRITEO株式会社)

製品資料
洞察力と予測分析能力がもたらす、ビジネスイノベーション IBM Cognos Business Intelligence
 本資料で紹介するIBM Cognos BIツールは、ビジネスインテリジェンス(BI)に広く一般的に求められる機能要件を満たすのみならず、全社規模での企業情報の分析・活用・共有を想定した基盤機能や、プランニング、シナリオモデル分析、リアルタイムモニタリング、コラボレ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
持続可能なサプライチェーンを構築するための「データディスカバリー」活用法
 「持続可能なサプライチェーンの構築」は全ての製造業企業にとっての大きな課題といえる。原材料の調達から、製造、在庫管理、販売、配送といった全ての流れを途切れることなくつなぐことで、単に規制対応や消費者の期待に応えるだけでなく、企業活動の効率化とコスト削...(2015/9/15 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
小売業者のHadoop活用術、より少ない投資で効率的なビッグデータ分析をする方法
 Apache Hadoopは大規模なデータを並列分散処理するオープンなフレームワークで、一般的なビッグデータ分析では多くのユーザーが活用している。近年、このフレームワークにYARN(Yet Another Resource Negotiator)などの機能が加わり、複数の並列分散処理を同時に行える...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
マーケティングオートメーション徹底解剖――B2Cで多くの企業が失敗する理由
 一人一人の顧客に最適化したマーケティングを行うためのツールであるマーケティングオートメーションには、B2B向けとB2C向けの2種類が存在する。B2C向けは「クロスチャネルキャンペーンマネジメント」(CCCM)と呼ばれ、B2B向けとは目的などが異なる。 CCCMの目的は...(2016/8/23 提供:株式会社フロムスクラッチ)

事例
スマホアプリで顧客と理想的な関係を構築――4つの事例に学ぶ開発/運用の秘訣
 「今年の採用はアプリから」――GYAOは、常に学生が持ち歩くスマートフォンに着目し、2017年から新卒採用の全てをアプリ経由でのエントリーとした。Webサイトからのエントリーもできなくしたことに、学生はどのように反応したのだろうか。 採用という観点からは、エン...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

市場調査
ボーダフォンによる「IoT 普及状況調査レポート 2016」公開
 本資料「2016年度版ボーダフォン IoT 普及状況調査レポートは、ボーダフォンが委託した英国のCircleResearch社が、グローバル規模で実施したものである。 IoT普及・利用に関して、9つの主要業界のビジネスリーダー1,100名へのインタビュー調査結果をまとめた。また、Io...(2016/10/18 提供:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

Loading