TechTargetジャパン

事例
“収益”を意識したメガネスーパーの店舗運営、実現したのは「KPIマネジメント」
 収益の推移を把握するには、顧客が購入した商品の内訳、それぞれの単価と粗利率などのビジネスの中身を細かく追いかける必要がある。ここが売上重視の戦略とは全く違うところだ。一般消費者を顧客にした小売業では、ビジネスの中身を追跡する上で、入店した顧客数、購入...(2015/8/26 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
リスク管理が心配なCIOは58%、必要なのはリスク評価指標「KRI」による真の脆弱性評価
 企業ITは多くのビジネス領域と相互に関連し合い、ITリスクがビジネスに与える影響はますます増大している。一方、多くの組織ではITリスクの管理体制が十分整備されていないという課題もあり、リスク管理やコンプライアンスに懸念を示すCIOは、実に58%に上るという調査...(2015/11/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
マーケティングオートメーション時代に必要な15のKPI〜マーケティングROIの継続的な向上に向けて
 マーケティング手法の多様化によるカスタマージャーニーの複雑化や、テクノロジーの進化によるデータ活用の促進を背景に、注目を集めるマーケティングオートメーション。「業務が楽になりそう」「商談成約率が上がりそう」「自動化とは言うけれど、本当に可能なのか」な...(2014/11/6 提供:株式会社シャノン)

技術文書
必読!エンタープライズBPM インテリジェントガイド 業務革新を成功に導く5つのポイントを徹底解説
 業務革新を進める中で、企業部門間で期待値の違いから出ている不満や、部門間の課題やプロセスが企業目標と合っていないなどの課題はないか?また、課題解決が一過的で、企業部門内でしか通用しない閉塞的なプロセスが当たり前のように運用されているというようなことは...(2012/11/29 提供:ソフトウェア・エー・ジー株式会社)

製品資料
仮想データセンターの状況を数百の指標で把握、ダッシュボード活用でリスク回避
 ITインフラが複雑化するにつれ、データセンターの管理には多大な負担がかかるようになった。IT管理者は、物理サーバの使用率や設備投資コスト、運用コストを常に把握していなければならないが、もはやそれだけでは運用の健全性やリスク、効率性を図れなくなりつつある。(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
正しい評価指標の設定方法
経営管理において最も難しいのは「正しい評価指標を設定」することだが、各企業の戦略に最も適した評価指標を設定し活用すれば、優れた業績を導き出すことができる。正しい評価指標設定のために必要なこととは?多くの経営者や業績評価の担当者は、“適切な経営管理プロセ...(2007/5/10 提供:ハイペリオン株式会社)

事例
BI経費が半減、応答時間も60%高速化、「中央統制」という発想でデータ分析を強化
 データ分析のコストがかさみ、期待する成果も挙げられず、現場が混乱しているときは、基本的な分析体制の改善に着手することが望ましい。 グローバルに展開する企業のデータ分析体制が陥りやすいわなは、拠点やリージョンの特殊性をそのまま受け入れ、KPIの種類が膨大...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

レポート
繰り返し可能な業務は必ず存在する、クラウドの成功は長期視点で最適化から
 ITソリューションプロバイダーが避けては通れないクラウドへの移行。先行コストが売上高を減少させてしまう点は課題となりやすい。しかしIDCの調査によれば、クラウド事業を継続している時間に比例して、粗利益や収益の伸びは大幅に改善されていくことが多いという。 ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
生涯顧客の育成という視点、クラウドの成功は長期的な二人三脚の関係
 クラウドサービスはもはやスタンダードである。企業の80%がクラウドを導入し、「関心がない」という回答は8%にとどまった、というIDCの調査報告がこれを裏付けている。目新しさの時期は過ぎ、高い価値を実際に生み出すタイミングに来ている。 ITソリューションプロバ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
7ステップで実践、顧客ロイヤリティーを向上させるマーケティング
 コンテクストマーケティングとは顧客を取り巻く状況や行動を全て理解したうえで、適切なタイミングとコンテンツで購買意欲を高めたり、顧客関係性を強化したりするためのマーケティング手法のこと。 例えば、買い物客がなぜ、どこで、どのようにして購入プロセスを開始...(2016/10/12 提供:サイトコア株式会社)

レポート
調査レポート:より優れたビジネス洞察を獲得するための戦略
 経済の先行きが不透明な時代を迎えた今、企業の財務部門は、積極的な財務管理への変革が必要とされている。このような中、企業財務へ携わる皆さまは、どのようなご対応、準備をお考えだろうか。 本資料には財務部門にとって重要となる以下のポイントをご案内する。・厳...(2014/10/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
モバイルコマース調査:コンバージョン率の高いECサイトは何をしているのか?
 ECサイトでのモバイル端末からの購入率は年々増加している。2016年の第2四半期の調査では、モバイル経由の購入が国内小売業者におけるECサイトでの売り上げシェアの52%を占め、成長率では前年比で11ポイントの伸びを見せた。 この調査を実施したCriteoによると、モバ...(2016/10/14 提供:CRITEO株式会社)

製品資料
洞察力と予測分析能力がもたらす、ビジネスイノベーション IBM Cognos Business Intelligence
 本資料で紹介するIBM Cognos BIツールは、ビジネスインテリジェンス(BI)に広く一般的に求められる機能要件を満たすのみならず、全社規模での企業情報の分析・活用・共有を想定した基盤機能や、プランニング、シナリオモデル分析、リアルタイムモニタリング、コラボレ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
持続可能なサプライチェーンを構築するための「データディスカバリー」活用法
 「持続可能なサプライチェーンの構築」は全ての製造業企業にとっての大きな課題といえる。原材料の調達から、製造、在庫管理、販売、配送といった全ての流れを途切れることなくつなぐことで、単に規制対応や消費者の期待に応えるだけでなく、企業活動の効率化とコスト削...(2015/9/15 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

事例
金融サービスにおいて業務モビリティがもたらす効果――4社の事例で解説
 現在のビジネス、特に金融サービス業界は、かつてないほど厳しい環境に置かれている。市場の急速な変化や値下げ圧力の中、顧客の獲得や引き留めには、新たな顧客体験の提供が求められる。また、業務における高い生産性や、コンプライアンス対応、セキュリティ強化といっ...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
小売業者のHadoop活用術、より少ない投資で効率的なビッグデータ分析をする方法
 Apache Hadoopは大規模なデータを並列分散処理するオープンなフレームワークで、一般的なビッグデータ分析では多くのユーザーが活用している。近年、このフレームワークにYARN(Yet Another Resource Negotiator)などの機能が加わり、複数の並列分散処理を同時に行える...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
マーケティングオートメーション徹底解剖――B2Cで多くの企業が失敗する理由
 一人一人の顧客に最適化したマーケティングを行うためのツールであるマーケティングオートメーションには、B2B向けとB2C向けの2種類が存在する。B2C向けは「クロスチャネルキャンペーンマネジメント」(CCCM)と呼ばれ、B2B向けとは目的などが異なる。 CCCMの目的は...(2016/8/23 提供:株式会社フロムスクラッチ)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
セルフサービス型BI活用の鍵、「ビジュアルなダッシュボード」の効果
 セルフサービス型BI活用の鍵となるのが、データ探索時間の短縮だ。一般のビジネスユーザーはデータ分析だけに業務時間を割くわけにはいかない。より短時間で優れた洞察を得るためにも、できるだけ手間をかけずに必要なデータを探し出せる機能が欠かせない。 データ探索...(2016/11/30 提供:SAS Institute Japan株式会社)

市場調査
ボーダフォンによる「IoT 普及状況調査レポート 2016」公開
 本資料「2016年度版ボーダフォン IoT 普及状況調査レポートは、ボーダフォンが委託した英国のCircleResearch社が、グローバル規模で実施したものである。 IoT普及・利用に関して、9つの主要業界のビジネスリーダー1,100名へのインタビュー調査結果をまとめた。また、Io...(2016/10/18 提供:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

事例
3カ月でプロジェクトを可視化、ゴルフダイジェスト・オンラインに学ぶツール活用
 ゴルフダイジェスト・オンラインでは、部門ごと、担当者ごとに異なるツールやフォームが使用されていて、プロジェクトの見える化ができていない状態だった。そのため、プロジェクトの状況を知るには、関係者全員に進捗を問い合わせたり、報告のために集計や分析を行った...(2016/11/11 提供:サイフォーマ株式会社)

事例
海外に進出する中堅・中小企業の不安を取り除く ──失敗しない基幹システム構築3つのステップ
 中堅・中小企業の海外進出の流れが加速する中、海外拠点の基幹システム(財務会計/販売管理/生産管理など)構築に頭を悩ませる企業が増えています。 海外拠点は法制、商習慣、税制など国ごとの事情があります。また、正しい段取りを踏み、プロジェクトを推進しなけれ...(2013/8/1 提供:リコーITソリューションズ株式会社)

事例
クラウド型 CAD で機敏な設計を実現!導入メリットと事例を公開
 クラウドベースのサービスや 3Dプリンティングなど、最先端のテクノロジーがこれまでになく利用しやすくなったことで、新しいデザインをすばやく調査したりプロトタイプを作成できるようになった。特に小規模メーカーやスタートアップ企業での製品開発は、規模は小さ...(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
今までにない方法でターゲットにリーチ 現実の行動を活用したマーケティング術
 ユーザーのデータを蓄積し、ニーズに合わせた情報を提供する試みはこれまでにさまざまな形で行われてきた。しかし、収集できるデータはオンライン上のものが多いことから、ターゲット顧客の現実の行動を考慮したマーケティングまでには至ってこなかった。 そこで、モバ...(2016/8/10 提供:Near Pte.Ltd.)

レポート
87%のサイバー防御組織は運用力不足? 9業種のセキュリティ運用成熟度を比較
 HP Security Intelligence and Operations Consulting(SIOC)の調査によると、過去4年間で、データ侵害によるコストは96%増加し、年間の攻撃成功数は会社当たり144%増え、サイバー攻撃を解決する時間は221%延びているという。企業のセキュリティの対策を効果的に行...(2015/12/17 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
BPMの教科書──基本からソーシャル機能を取り込んだ最新手法まで
 BPM(ビジネスプロセスマネジメント)は、古くて新しい経営改善の手法だ。以前から企業は業務プロセス、つまり仕事の手順の改善に取り組んできた。しかし組織が巨大化し、ビジネスの多様化が進み、財務会計のルールが複雑化するにつれ、業務プロセスの改善はプロジェク...(2015/4/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
運用管理コストの削減とITサービス品質の向上を両立させる、ITサービスマネジメントの8つのプロセス改善
 長引く不況により、企業が生き残りをかけてコスト削減に勤しむ中、IT運用管理の現場でもさらなるコストの見直しを迫られています。また、一方では仮想化技術の台頭によりシステムの複雑化が進み、従来の運用管理体制ではサービス・レベルの維持が困難になっています。「...(2012/10/30 提供:ゾーホージャパン株式会社)

製品資料
IoT時代を勝ち抜く 製造業のノウハウを結集したIT基盤の実現方法とは?
 日本の製造業の70%が海外進出を果たしている今日、グル―バルにおける経営実態の把握が課題となっている。製造業においてはERPパッケージを活用し、業務シナリオをベースに業務の標準化を図り、グローバルテンプレートとして海外拠点へと展開することが求められる。 I...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

Loading