2018年08月14日 05時00分 公開
特集/連載

会計ソフトウェア6製品を比較 自社に合う製品は決済の自動化機能やコンサルティングサービスも

買掛金(AP)、売掛金(AR)、総勘定元帳(GL)を中心に、「Oracle NetSuite Financials First」をはじめとした企業向け会計ソフトウェア6製品を詳しく調査して比較した。

[Bob Violino,TechTarget]
photo

 企業向け会計ソフトウェア市場は規模が広がり、成熟した。つまりどのような企業にも理想的な製品が用意されている。ただしそれを見つけるには入念な下調べが必要だ。会計ソフトウェアの主なメリットには、財務プロセスのサポートや企業の財務状況の詳しい分析ができることなどが挙げられる。

 本稿では、会計ソフトウェアベンダーとその製品をまとめ、会計機能を提供する製品の種類を簡単に寸評をした。買掛金(AP)、売掛金(AR)、総勘定元帳(GL)機能を中心に評価している。

 企業向け会計ソフトウェア市場の広範な調査を行うため、TechTargetは市場シェアをリードする会計ソフトウェアベンダーに注目した。さらに、従来の機能に加え高度な機能を提供するベンダーも視野に入れた。本稿の調査では、TechTargetが調べたデータの他、GartnerやForrester Researchなど調査会社のレポートから得たデータも含まれている。取り上げるのは以下の6製品だ。

  • Oracle NetSuite Financials First
  • Sage Intacct
  • Acumatica
  • Microsoft Dynamics GP
  • Intuit QuickBooks Desktop Enterprise
  • FinancialForce Accounting

Oracle NetSuite Financials First

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。