2018年10月24日 05時00分 公開
特集/連載

TableauやPower BIに対抗 セルフサービスBI新顔GoodData、Periscope Dataとはドラッグアンドドロップでデータを可視化

企業でセルフサービスBIの導入が進みつつある。しかし多くの場合、エンドユーザーが主体的にデータを分析し、分析結果を目に見える形にすることは相変わらず難しい。この課題にベンダーはどう取り組んでいるのか。

[Craig Stedman,TechTarget]
画像 BI機能とデータ表示をアプリケーションに組み込むGoodDataの新機能

 企業のデータ分析チームは、ビジネスユーザーが独力で簡単にデータを分析し、表示できるようにすることを目指している。こうしたニーズを満たすために、目に見える形でデータ分析する機能をBIに追加するベンダーが増えている。GoodDataとPeriscope Dataからリリースされた新しいソフトウェアがその一例だ。

 GoodDataは同社の埋め込み型BIおよび分析プラットフォームと併用するための「GoodData Spectrum」というUI設計フレームワークを、2018年5月下旬にリリースした。GoodData SpectrumはJavaScriptライブラリを含み、BI開発者がデータ表示機能を組み込んだカスタムアプリケーションを構築できるようにする。アラート駆動型のダッシュボードの作成や、データアナリストが用意したデータセットをエンドユーザーが表示して探索できるようにする機能を搭載している。

 同月にPeriscope Dataも新しい機能を公開した。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。