2021年05月12日 05時00分 公開
特集/連載

5Gを安全に使う「セキュリティ文化」は誰がどうすれば育つのか5Gに必要なセキュリティ【後編】

「5G」を安全に利用するためには、単にセキュリティ製品を導入するだけでなく、社内のセキュリティ文化を育むことが不可欠だ。そのためには誰が何をすればよいのか

[Wendy Frank, Shehadi Dayekh,TechTarget]

 5G(第5世代移動通信システム)を安全に利用するには、企業はセキュアな運用体制を設計することに加え、自社のセキュリティ文化を形成、醸成することも重要だ。部門間の緊密な連携を妨げるサイロ化(連携しづらい状態になること)を避け、ビジネス戦略との整合性を取りながらセキュリティ対策に取り組む必要がある。

 クライアントデバイス、社内LAN、エッジ(データ発生源の近く)、クラウドサービス、アプリケーションの担当者に加え、他の領域や職務の担当者もセキュリティ設計作業に参加する必要がある。各チームがそれぞれサイバー攻撃から守るための包括的戦略を実行すると同時に、攻撃を受けた場合のネットワーク侵害やシステムダウンからの復旧計画も用意しておかなければならない。

「5Gを安全に使う文化」を醸成するには

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。