「アラートが鳴りやまないクラウド」にしないためのベストプラクティス5選と主要ツールハイブリッドクラウドの監視を効率的に強化

データと警告に過負荷を感じることなく、効率的にハイブリッドクラウドインフラを監視するには、既存のプロセスを幾つか見直す必要がある。本稿では監視のために最初に実施すべき「5つのベストプラクティス」を取り上げる。

2019年03月26日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]
画像 監視を自動化して効率的なハイブリッドクラウドを

 ITチームは強固なハイブリッドクラウド監視戦略を作り上げ、インフラ全体で堅実なアプリケーションパフォーマンス、高可用性、低コストを実現しなければならない。コンピューティング、ストレージ、ネットワークなど、さまざまなインフラのデータをまとめて監視するツールも必要だ。

 本稿は、ハイブリッドクラウドの導入を監視するツールとベストプラクティスを紹介する。

バックエンドの監視を標準化

 一般的にクラウドとオンプレミスを比較すると生成されるデータは異なる。こうしたデータの差異を補完するためには、アプリケーションパフォーマンスの監視、ログ記録といった処理が必要だ。結果として企業はさまざまな監視ツールを用いて情報を収集し、複数のデータ群(データセット)を保持することになる。効果的な意思決定、問題の特定、クラウドインフラの自動スケーリングが難しくなっている原因はここにある。

 さらに企業内の職務が異なれば、関心を持つ情報の種類も変わる。例えば、アプリケーション開発者はコードのデバッグへの関心が高いが、運用チームはインシデントへの対応方法を把握しようと考える。このような問題に対処しようと、関心のあるタスクごとに個別の監視用アプリケーションを作成し、情報収集している企業もある。だが、それでは複雑性が増すだけだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...