2018年08月17日 05時00分 公開
特集/連載

ハイブリッドクラウド導入を成功させるための4つのヒントサンドボックスでの検証が役に立つ

ハイブリッドクラウドの概念実証(PoC)は、クラウドの導入がIT部門とビジネスニーズを完全に満たすかどうかを確認する重要なステップになる。

[Jim O'Reilly,TechTarget]
画像 概念実証に必要な4つのヒントとは

 ハイブリッドクラウドとはプライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせた環境のことである。クラウド登場当初の意味としては、両者ともクラウド上に存在する。だが、現在は企業のオンプレミス環境で稼働するプライベートクラウドもある。本稿では広義のハイブリッドクラウド概念実証(PoC)について紹介する。

 ハイブリッドクラウドの概念実証では、データ移行プロセス、運用手続き(フェイルオーバーなど)、プライベートクラウドとパブリッククラウドの統合ポイントをテストすることが重要だ。その結果、ITチームはデータ側での待機時間やエラー処理、運用側でのクラウドバースティングや負荷分散にまつわるあらゆる問題点を確実に把握できる。ちなみにクラウドバースティングとは、オンプレミスのリソース負荷が高まったときにパブリッククラウドのサービスが一時的に肩代わりする仕組みだ。

 以下に、企業内でハイブリッドのPoCをうまく進める4つのステップを紹介する。

1.ハードウェアの変化の評価

 まず、ハードウェアが変わる影響を評価する。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...