2018年07月03日 05時00分 公開
特集/連載

ハイブリッドクラウド向けロードバランサー、3つの最適化戦略とはパフォーマンスを維持する負荷分散戦略

ハイブリッドクラウドでは、アプリケーションの可用性を確保し、高いパフォーマンスを維持するための負荷分散が重要だ。負荷分散戦略のガイダンスとなる3つの疑問と、導入を成功に導く3つの原則を紹介する。

[Tom Nolle,TechTarget]

 ハイブリッドクラウドの目的は2つのIT環境のいずれかを選べるようにすることではない。2つの環境を融合させることだ。ユーザーがハイブリッドクラウドアーキテクチャに期待するのは、クラウド間でシームレスなリソースプールが提供されることだ。このようなリソースプールがあれば、可用性、負荷、コンプライアンスのポリシーに基づいて、アプリケーションを導入/再導入できる。

 ハイブリッドクラウドアプリケーション向けにQoE(Quality of Experience)を確保するには、運用チームがクラウドバースティング(拡張)をサポートしなければならない。さらに、このサポートを提供するには、複数のインスタンス間での負荷分散も必要になる。この負荷分散は、ハイブリッドクラウドでは複雑なタスクになる可能性がある。

 ロードバランサーは、作業を分散させるために設計されたネットワーキングツールだ。エンドユーザーはロードバランサーのポート側に接続し、スケールを拡張するアプリケーションのコンポーネントはトランク側に接続する。エンドユーザーのリクエストが到着したら、ロードバランサーは公平なスケジューリングアルゴリズムに基づいてそのリクエストをコンポーネントにリダイレクトする。Amazon Web Services(AWS)、Google、Microsoftなどのパブリッククラウドプロバイダーは、自社のプラットフォームに負荷分散ツールを用意している。だが、ハイブリッドクラウドアーキテクチャでは、ユーザーがユーザーのデータセンター内でロードバランサーを適切に構成して管理しなければならない。

 負荷の切り替え操作は簡単ではない。だが、ハイブリッドクラウドでの負荷分散戦略のガイダンスとなる3つの疑問と、導入を成功に導く3つの原則がある。

問い掛ける3つの疑問

 ロードバランサーが機能するには、エンドユーザーとスケールが拡張されるアプリケーションのコンポーネントをロードバランサーに接続する必要がある。そのため、最初に問い掛ける疑問は、ロードバランサーのポートとトランクにどのように対処するかだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...