Googleのハイブリッドクラウド戦略、これからの課題は?Nutanixとの取引で見えてきた

Googleのハイブリッドクラウド戦略は、同社のパブリッククラウドとNutanixのハイパーコンバージドインフラとの間でワークロードを移動できるようにすることによって、その形を現し始めた。

2017年08月28日 05時00分 公開
[Trevor JonesTechTarget]
Nutanixとのパートナーシップを発表するGoogleのブログ《クリックで拡大》

 GoogleはNutanixとのパートナーシップにより、最先端の大手パブリッククラウドプロバイダーとしてハイブリッドクラウドの導入に参入する。

 2018年には、GoogleとNutanixの顧客はGoogleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)とNutanixのハイパーコンバージドインフラとの間で単一のユーザーインタフェースを使って、ワークロード(アプリケーション)を導入、管理できるようになる。こうした取り組みは、2016年に発表されたVMwareとAmazon Web Services(AWS)とのパートナーシップ提携と実によく似ている。大手パブリッククラウドベンダーの間ではこうした取り組みがトレンドになっている。ターゲットとするのは、ワークロードの大部分をオンプレミスで管理する企業だ。

 両社によると、ユーザーは単一のNutanixコントロールプレーンを使用してアプリケーションの構築と管理が可能になるという。これにより、パブリッククラウドとプライベートクラウドの間でワークロードをシームレスに移動できるようになる。ユーザーは自社独自のデータセンターの拡張機能としてGCPを使用し、既存のワークロードでデータ分析基盤サービス「Google BigQuery」などのGoogleサービスを利用することもできる。

 Nutanixのハイパーコンバージドインフラ「Nutanix Enterprise Cloud Platform」は、オープンソースの「Kubernetes」、Googleの「Google Container Engine(GKE)」、Nutanixの「Acropolis Container Services(ACS)」といったコンテナ管理ツールを組み合わせてコンテナを利用可能にする予定だ。顧客はNutanix製品をエッジデバイスとして使用してデータを処理し、Googleの機械学習ライブラリ「TensorFlow」を使ってGCPに構築したIoTアプリケーションへデータを中継できるようになる。

パブリッククラウドの競合として注目を集めるハイブリッドクラウド

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...