Googleのハイブリッドクラウド戦略、これからの課題は?Nutanixとの取引で見えてきた

Googleのハイブリッドクラウド戦略は、同社のパブリッククラウドとNutanixのハイパーコンバージドインフラとの間でワークロードを移動できるようにすることによって、その形を現し始めた。

2017年08月28日 05時00分 公開
[Trevor JonesTechTarget]
Nutanixとのパートナーシップを発表するGoogleのブログ《クリックで拡大》

 GoogleはNutanixとのパートナーシップにより、最先端の大手パブリッククラウドプロバイダーとしてハイブリッドクラウドの導入に参入する。

 2018年には、GoogleとNutanixの顧客はGoogleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)とNutanixのハイパーコンバージドインフラとの間で単一のユーザーインタフェースを使って、ワークロード(アプリケーション)を導入、管理できるようになる。こうした取り組みは、2016年に発表されたVMwareとAmazon Web Services(AWS)とのパートナーシップ提携と実によく似ている。大手パブリッククラウドベンダーの間ではこうした取り組みがトレンドになっている。ターゲットとするのは、ワークロードの大部分をオンプレミスで管理する企業だ。

 両社によると、ユーザーは単一のNutanixコントロールプレーンを使用してアプリケーションの構築と管理が可能になるという。これにより、パブリッククラウドとプライベートクラウドの間でワークロードをシームレスに移動できるようになる。ユーザーは自社独自のデータセンターの拡張機能としてGCPを使用し、既存のワークロードでデータ分析基盤サービス「Google BigQuery」などのGoogleサービスを利用することもできる。

 Nutanixのハイパーコンバージドインフラ「Nutanix Enterprise Cloud Platform」は、オープンソースの「Kubernetes」、Googleの「Google Container Engine(GKE)」、Nutanixの「Acropolis Container Services(ACS)」といったコンテナ管理ツールを組み合わせてコンテナを利用可能にする予定だ。顧客はNutanix製品をエッジデバイスとして使用してデータを処理し、Googleの機械学習ライブラリ「TensorFlow」を使ってGCPに構築したIoTアプリケーションへデータを中継できるようになる。

パブリッククラウドの競合として注目を集めるハイブリッドクラウド

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。