2019年02月01日 09時00分 公開
特集/連載

産業用クラウドのトレンドはパブリックからハイブリッドへ産業用IoTの浸透で変化が

2018年7月発表のレポートによると、産業用IoTシステムは今後パブリッククラウドからハイブリッドクラウドに移行する傾向がある。データの保存量を増やし、デバイスレベルでの処理を可能にするためだという。

[Jim O'Donnell,TechTarget]
画像 産業用クラウドの今後の動きとは?

 現在、大半の産業用クラウドはパブリッククラウドを使っている。だが、この状況が変わりつつある。

 産業テクノロジー分野の調査会社ABI Researchは2018年7月に調査レポートを公開した。このレポートでは、製造業者が今後数年で産業用クラウド環境をパブリッククラウドからハイブリッドクラウドに移行すると予測している。2018年の産業用IoT(モノのインターネット)市場では、パブリッククラウドがシェアの半分近くである49%を占める。これに対しハイブリッドクラウドのシェアは20%にとどまっている。レポートによると、2023年までにこの状況は一変し、産業用IoT市場のシェアはハイブリッドクラウドが52%に伸び、パブリッククラウドは25%まで落ち込むという。

 ABI Researchでプリンシパルアナリストを務めるライアン・マーティン氏は、このレポートについて「米国を中心としたさまざまな業種および規模の製造企業に勤める、バイスプレジデントと決定権を持つ上層社員を対象に実施した調査を基に作成した」と語る。主に注目したのは産業用IoTクラウドで、製造業者のテクノロジー導入傾向について調査している。

 レポートによると、産業用クラウドは製造プロセス全体を囲い込み、デジタルサプライチェーンを一体化させるという。こうした一体化はさまざまなメリットにつながる可能性がある。企業は、デジタルビジネス、製品、製造、資産、物流のプロセス全体を通じて社内外の業務の効率を上げられる。加えて、その過程で生成されるデータと分析を利用して、新しいサービスの提供や、環境、健全性、安全性の問題に対する管理の強化が可能になる。

ハイブリッドクラウドに対するニーズの推移

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...