2018年09月26日 05時00分 公開
特集/連載

データ分析を治療に生かす注目の「バリューベースヘルスケア」、実現はアナリティクスが鍵

医療機関はバリューベースヘルスケアを導入し始めている。この考え方を取り入れ、ハイリスク患者を特定したり予防医療を実現したりする上で、アナリティクスは極めて重要な役割を担い得る。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 医療IT


photo

 最近、多くの医療機関が、コストなど医療従事者目線の評価基準ではなく、患者目線の評価基準を導入するバリューベースヘルスケアへの移行に直面している。被保険者の多くは、バリューベースヘルスケアの導入によって、増加する医療費を抑えるだけではなく、医師が患者の治療結果(アウトカム)や集団健康管理に集中できるようになるという期待を持って、この新しいヘルスケアモデルの導入を促進している。バリューベースヘルスケアを実現するに当たっては、その成功を確実にするために幾つか鍵となる要素を取り入れることが必要だ。ここではアナリティクスが鍵となる役割を担う。バリューベースヘルスケアを実践するための技術を導入しようとする際に、医療提供機関が直面し得る障害もいくつか存在する。

電子カルテの限界

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。