TechTargetジャパン

レポート
BIの新たな進展(2):BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか
 前回紹介したように、ガートナーはBIプラットフォームの世界に、「ビッグデータディスカバリ」という新たな波が来ると予測する。 「ビッグデータディスカバリ」のプラットフォームは、まずデータ対象でいえば、従来型の構造化データから、各種の非構造化データ、さらに...(2015/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
BIの新たな進展(1):「セルフサービスBI」の次に来る潮流とは
 IT調査会社のガートナーは、Tableau、Qlik SenseなどのセルフサービスBIツールを、「データディスカバリ」製品と呼んでいる。データディスカバリ製品は、ビジネスにおいてデータを分析する人々の層を大きく広げた。ガートナーも、このジャンルの製品に力を入れるTableau...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
従来型BIツールの課題を解決する新世代「セルフサービス型BI」ソリューションの実力を検証
 既に多くの企業に導入されているBI(Business Intelligence)ツールだが、ユーザーの要求に応えてIT部門側でその都度リポートを作成したり、既存リポートを変更したりといった使い方が中心で、一般のビジネスユーザー自身が使いこなすに至っていない。また、過去を単純...(2014/8/4 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
自社のBIレベルはどの位置に? 成熟度レベル判定から始めるBIプランニング
 組織のシステム内に埋もれている大量の価値ある情報をどのように発見あるいは活用したら良いのか分からない……。過去に投資したビジネスインテリジェンス(BI)ソリューションを次のレベルに進化させる方法を探している……。より高度なデータ分析の必要性に直面する中...(2013/8/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
BI全社展開 経営層、マネジャー、現場、IT部門、全てが納得するBI製品の要件
 情報が爆発的に増大し、刻々とビジネス環境が変化する現在においては、即応的なビジネス戦略の見直しと、あらゆるレベルで最適なアクションに結び付く洞察力と予測分析能力が求められている。しかし、以下の項目をもう一度自社に照らし合わせて考えてほしい。・経営判断...(2013/3/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
BI選定入門書──BIツール選定方法をスペシャリストが徹底解説
 変化の激しいビジネス環境に対応し、ビジネスチャンスを逃さない敏しょう性と先見力を身に付ける重要性が一層高まっている今、BI(Business Intelligence)や分析が再び注目を集めている。 本書では、「ニュー・インテリジェンス」と呼ばれる分析力がなぜ必要なのか...(2010/6/21 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビジネスインテリジェンス(BI)の価値 〜より適切な意思決定のために〜
ビジネスインテリジェンス(BI)の導入を検討している、全ての企業業務管理者へ、BIのビジネス価値について紹介ビジネスインテリジェンス(BI)導入を検討する上で課題となるのは、ビジネスインテリジェンスのビジネス価値をどのように明確にできるかにある。より適切な意思...(2007/4/16 提供:日本ビジネスオブジェクツ株式会社)

レポート
思い付くままに自由な質問でデータ分析、「連想モデル」でBIが変わる
 セルフサービスBIにより、専門家ではない一般の社員でもデータ分析ができるようになった。しかし、部署内で共有しやすいパターン化された分析は迅速にできても、想定されていない分析はできないという声もある。 クエリベースのセルフサービスBIは、構造化された線形的...(2016/4/27 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

技術文書
セルフサービス型BI活用の鍵、「ビジュアルなダッシュボード」の効果
 セルフサービス型BI活用の鍵となるのが、データ探索時間の短縮だ。一般のビジネスユーザーはデータ分析だけに業務時間を割くわけにはいかない。より短時間で優れた洞察を得るためにも、できるだけ手間をかけずに必要なデータを探し出せる機能が欠かせない。 データ探索...(2016/4/18 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2016/4/15 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
ITRレポートが明らかにする「セルフサービスBI」データ分析のこれまでとこれから
 企業におけるデータ分析の課題は、分析時間の短縮と得られた結果の素早い共有にある。そのため、IT部門を通さずに必要なデータの抽出や加工が可能で、業務部門のスタッフでも簡単に分析が行える柔軟なツールが求められてきた。 そこでいよいよ登場したのが、従来型のBI...(2016/4/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

事例
住信SBIネット銀行がメールマーケティングシステムを刷新、効果検証の課題も解決
 インターネット専門の銀行である住信SBIネット銀行では、マーケティング業務において、主に電子メールやWebサイトによる施策を実施していた。その際、マーケティング担当者が常に考えるのが、メール配信のコスト、タイミング、効果検証である。 Excelなどを使い顧客デ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ビジネスインテリジェンス“NG集”が明らかにする成功の方程式
 多くの企業が導入しているビジネスインテリジェンス(BI)ツールだが、全ての企業が導入に成功し、成果を挙げているわけではない。最近の調査によれば、BIプロジェクトの70〜80%は失敗しているという。失敗の理由はシステムが原因の場合や組織の問題などさまざまだ。当...(2015/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
BIツールを「セルフサービス化」することの3つのメリット
 データ分析をビジネス戦略策定に活用しようという動きが活発だ。しかし、BIツールを導入してみたものの、機能面の制限による「意思決定の遅延」、基盤整備を含めた「投資対効果」、セキュリティなどの「システム部門の高管理負荷」という課題に悩む企業も多い。こうした...(2015/11/10 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
脱Excelの大本命 急成長の「セルフサービスBI」が選ばれる理由とは
 米調査会社Gartnerの調査では、セルフサービス型やデータ探索型と呼ばれるBI/分析ツールへと市場が拡大していることが明らかになった。ビジネスユーザーが自らの手でデータを処理・分析し、よりタイムリーな洞察を得るためのツールとして大きな注目を集めている。 実...(2015/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

事例
マーケティング担当者の“ひらめき”を助けるBIツール、AWS運用でコストメリットにも効果
 BIツールは当初、ビジネスデータの分析結果をIT部門が各部門へリポートするためのものだった。しかし本来、BIツールはIT部門だけでなく、ユーザー部門のスタッフが自らの視点で柔軟に分析できるものでなくてはならない。実際にそうしたニーズに基づいた、分析機能の優れ...(2015/9/15 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
BI経費が半減、応答時間も60%高速化、「中央統制」という発想でデータ分析を強化
 データ分析のコストがかさみ、期待する成果も挙げられず、現場が混乱しているときは、基本的な分析体制の改善に着手することが望ましい。 グローバルに展開する企業のデータ分析体制が陥りやすいわなは、拠点やリージョンの特殊性をそのまま受け入れ、KPIの種類が膨大...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

事例
クラウド型BIサービス基盤に学ぶ「AWSとオンプレミスのセキュアな接続方法」
 「ビッグデータ」という言葉が世の中に広まる前から、一貫してデータ分析を柱に事業展開してきたブレインパッド。さまざまな業種の企業に対して、分析業務支援からデータ活用ソリューションまでをワンストップで提供している。 同社がクラウド型BIサービス「Cloudstock...(2015/4/30 提供:株式会社ビットアイル)

レポート
新世代BIツールで、データをビジネスに生かした9つの実例
 新世代のBIツールが注目を集めつつある。従来のBIツールとの違いは、その目的が、経営幹部や管理職が経営に関わるデータを事後的に確認するためのリポート作成ではなく、ビジネスの現場の人々が、日常業務を改善し、あるいは業務の成果を最大化するために、事後ではなく...(2014/11/28 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ビッグデータ高速I/O処理とBI機能を備えた物流情報管理システムを支える製品に迫る
 物流パレットのレンタル事業を手掛ける日本パレットレンタルは、近年では従来の事業の管理ノウハウを活用した在庫管理システムのASP提供など情報サービス事業にも注力している。既にRFID技術を導入していた同社では、RFIDによって収集した情報の分析、活用を行うBI機能...(2014/10/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
CPUの機能をフル活用する高速BIのアプローチ手法とは
 企業は日々生成されるデータを収集して分析する重要性を認識しており、データの分析に使用するBIシステムとRDBMSソリューションはここ数十年で大きく進化を遂げた。だが、大量かつ多様化するビッグデータを的確に分析し、経営のスピードを上げるにはまだ十分なパフォー...(2014/9/8 提供:株式会社インサイトテクノロジー)

Webキャスト
SAS Visual Analytics早分かり解説 #1――10分で分かる「現場で使えるBI」の真の使い勝手
 企業のITシステムに埋もれている膨大な量のデータの中には意思決定に使えるさまざまな情報が蓄えられている。だが、そのデータを分析するにはIT部門の協力が不可欠だった。だが、データ探索から分析、リポート作成を難解な予備知識なしに行えるよう、高度な分析をより分...(2014/8/4 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
ビッグデータを高速かつ視覚的に探索――インメモリBIツールハンズオンガイド
 ビッグデータに潜む関連性やパターンを視覚的に把握したい、さらにリポートやダッシュボードをもっと簡単かつ迅速に作成し共有したいというニーズに応えるBI製品が「SAS Visual Analytics」だ。高速なインメモリ分析エンジンによりビッグデータを分析、可視化でき、得ら...(2014/8/4 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
Microsoft OfficeとBIツールの連携でデータを最大限に活用する
 データ活用の重要性が認識された今日だが、実際には、Excelを用いた週次のデータ集計や、PowerPointを用いた経営会議向け定例報告資料の作成など、手間の掛かる定型作業に稼働の多くが割かれている――という企業は多い。有効なデータ活用を実践には、データからスピー...(2014/8/4 提供:SAS Institute Japan株式会社)

比較資料
企業向けクラウドBIサービス一覧表
 本コンテンツでは、「Bime」や「MicroStrategy Cloud」をはじめとした企業向けクラウドBIサービスから7種を取り上げ、機能や価格などをまとめている。なお、ここで取り上げる機能や価格体系はサービスの一部の情報にとどまる。詳細および最新情報は、ベンダーのWebサイ...(2014/7/29 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ダッシュボード活用でBIをあらゆるビジネスユーザーの手に
 ダッシュボードは、種々雑多な情報を切り分けて整理することで、情報分析に費やす時間を短縮でき、迅速な意思決定に役立つ。どのような部署、役職のユーザーにも多くのメリットがあるが、現状は管理職向けのツールの域から脱しきれていない。ダッシュボード活用の成功の...(2014/7/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
セルフサービスBIダッシュボードに関する上位5つの考慮事項
 今、企業内で孤立化したデータを組織のあらゆる階層の人員に開放して、データ主導アプローチが少人数の重役の独占領域ではなく、業務遂行のための標準とすることが差し迫った課題として広く認識されている。また、クラウドコンピューティング、分析ソフトウェア、インタ...(2014/7/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
2014年のBIはこうなる! トレンドキーワードトップ10
 ビッグデータ活用が注目を集める近年、データおよび分析における技術革新は進化を続け、ビジネスインテリジェンス業界は、企業の新たな価値を生み出す源泉となった。このことで、データは情報の専門家だけでなく、企画・経営層や一般ユーザーといったより多くの人の手に...(2014/5/16 提供:Tableau Japan株式会社)

事例
創業454年のものづくり企業が選んだ、戦略的な顧客管理・BI基盤とは?
 岐阜県関市に拠点を要する創業454年のものづくり企業 鍋屋バイテック会社では、早くから顧客情報管理に着手、受注率向上に努めてきた。 2013年、同社はさらなるビジネス成長の一手として、基幹システムや顧客情報管理システムで蓄積されたデータを活用し、現場の最前線...(2014/4/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
SONOKO、顧客30万人のロイヤルティー向上にBIプラットフォームを活用
 SONOKOは、鈴木その子氏が1974年に銀座で創業、食品、サプリメント、化粧品の3事業を展開している。同社では30万人を超える既存顧客の売上比率が大きく、新規顧客の開拓に加え、既存顧客の維持とロイヤリティの向上が重要な課題となっていた。顧客情報の入手と分析はIT...(2014/3/18 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

Loading