TechTargetジャパン

比較資料
徹底比較:セルフサービスBI、「Tableau」「Power BI」「Qlik Sense」の違いとは?
 多くの製品が乱立する、セルフサービスビジネスインテリジェンス(BI)ツール市場で、ここ2年ほどリードしているのは次の3つだ。・Microsoftの「Power BI」・Qlikの「Qlik Sense」・Tableau Softwareの「Tableau」 いずれも主要な機能を網羅しているが、比較してみると...(2017/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
BIの新たな進展(2):BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか
 前回紹介したように、ガートナーはBIプラットフォームの世界に、「ビッグデータディスカバリ」という新たな波が来ると予測する。 「ビッグデータディスカバリ」のプラットフォームは、まずデータ対象でいえば、従来型の構造化データから、各種の非構造化データ、さらに...(2015/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
BIの新たな進展(1):「セルフサービスBI」の次に来る潮流とは
 IT調査会社のガートナーは、Tableau、Qlik SenseなどのセルフサービスBIツールを、「データディスカバリ」製品と呼んでいる。データディスカバリ製品は、ビジネスにおいてデータを分析する人々の層を大きく広げた。ガートナーも、このジャンルの製品に力を入れるTableau...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
従来型BIツールの課題を解決する新世代「セルフサービス型BI」ソリューションの実力を検証
 既に多くの企業に導入されているBI(Business Intelligence)ツールだが、ユーザーの要求に応えてIT部門側でその都度リポートを作成したり、既存リポートを変更したりといった使い方が中心で、一般のビジネスユーザー自身が使いこなすに至っていない。また、過去を単純...(2014/8/4 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
自社のBIレベルはどの位置に? 成熟度レベル判定から始めるBIプランニング
 組織のシステム内に埋もれている大量の価値ある情報をどのように発見あるいは活用したら良いのか分からない……。過去に投資したビジネスインテリジェンス(BI)ソリューションを次のレベルに進化させる方法を探している……。より高度なデータ分析の必要性に直面する中...(2013/8/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
BI全社展開 経営層、マネジャー、現場、IT部門、全てが納得するBI製品の要件
 情報が爆発的に増大し、刻々とビジネス環境が変化する現在においては、即応的なビジネス戦略の見直しと、あらゆるレベルで最適なアクションに結び付く洞察力と予測分析能力が求められている。しかし、以下の項目をもう一度自社に照らし合わせて考えてほしい。・経営判断...(2013/3/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
BI選定入門書──BIツール選定方法をスペシャリストが徹底解説
 変化の激しいビジネス環境に対応し、ビジネスチャンスを逃さない敏しょう性と先見力を身に付ける重要性が一層高まっている今、BI(Business Intelligence)や分析が再び注目を集めている。 本書では、「ニュー・インテリジェンス」と呼ばれる分析力がなぜ必要なのか...(2010/6/21 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビジネスインテリジェンス(BI)の価値 〜より適切な意思決定のために〜
ビジネスインテリジェンス(BI)の導入を検討している、全ての企業業務管理者へ、BIのビジネス価値について紹介ビジネスインテリジェンス(BI)導入を検討する上で課題となるのは、ビジネスインテリジェンスのビジネス価値をどのように明確にできるかにある。より適切な意思...(2007/4/16 提供:日本ビジネスオブジェクツ株式会社)

事例
社員の約8割がBIを活用、鳥居薬品が“脱Excel”できない現場を劇的に変えた方法
 ユーザー部門におけるデータ活用を促進するため、BIツールを導入する企業が増えている。しかし、現場では「タイムリーな分析結果が得られない」「グラフなどの表現力が乏しい」といった理由から、Excelが利用され続けるケースが少なからず見られる。 このような課題を...(2017/10/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
BI導入で情シスに分析依頼が殺到……とは無縁の楽々分析ツール
 クレーンなどで名を知られる大阪の中堅メーカー・大洋製器工業。約200人が働く社内では、基幹システムに蓄積されたデータを活用し、さまざまな分析作業が行われていた。 ところが導入していたBIは分析パターンが固定されているうえに、ユーザーライセンスが高く利用者...(2017/10/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
定着の難しいBIツール、どのように導入すれば全社・全店舗で活用できるのか?
 全国規模でビューティーサロンを展開するソシエ・ワールドは、データ活用に課題を抱えていた。各店舗の売り上げをそれぞれの事業部がExcelで集計していたため、属人性が高くなり、データ分析や報告書の品質が安定しなかった。また、データ抽出のたび、情報システム部門...(2017/10/5 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
導入したのに使えないBIのワナ 第2ステップの対応が鍵だった
 グローバルを含む全拠点へのERP展開が完了したことで、収集データをもとに、日々変化する売上・購買・在庫などのトレンドをひと目で把握できるようにしたい、経営層が自在に数字を読めるようにしたい、と考える企業は少なくないでしょう。そこで浮上するのが「BI導入」...(2017/10/5 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
1回の操作勉強会だけでデータ活用が活発化、コープ自然派に学ぶBIツール導入
 基幹システムには、ビジネスチャンスにつながる有用なデータが蓄積されているが、そのデータを有効活用できない組織も少なくない。農薬・化学肥料を使わない有機野菜など安全な商品の提供に取り組むコープ自然派事業連合も、そうした組織の1つだった。 約1万点に及ぶ商...(2017/10/5 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
中小企業でも手軽に使えるBIツール、従業員数30人の大勇フリーズの活用法とは?
 ITを活用した業務改善を目指す企業に多くのメリットをもたらすBIツール。誰でも分析ができるオールインワンの製品なども登場し、中小規模の企業でも簡単に活用できるようになったが、高額なコストがネックとなり、導入に至っていないケースも少なくない。 それでは、大...(2017/10/5 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
「セルフサービスBI」移行ガイド:プラットフォーム選定の基準を徹底解説
 近年、データ分析やレポートの作成などを、あらゆる部門のあらゆるユーザーが行える「セルフサービスBI」が広がりを見せている。これによりレポート開発や分析作業に工数が費やされ、そのために意思決定が遅れるといった事態を回避し、これまで以上に現場のニーズやスピ...(2017/9/29 提供:Tableau Japan株式会社)

Webキャスト
多様な分析ニーズに対応、セルフサービス型BIで実現する現場主導のデータ活用
 営業分析やマーティング分析など、各種データ分析やレポートの作成業務での活用が進むセルフサービス型BI。ユーザー自身の手でデータ分析を行うセルフサービス型BIでは、異なるユーザーのさまざまな分析ニーズに対して、いかに効率的に活用へと導けるかが、製品選定時の...(2017/8/9 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

技術文書
「セルフサービスBI」移行ガイド:プラットフォーム選定の基準を徹底解説
 近年、データ分析やレポートの作成などを、あらゆる部門のあらゆるユーザーがデータ分析を行える「セルフサービスBI」が広がりを見せている。これによりレポート開発や分析作業に工数が費やされ、そのために意思決定が遅れるといった事態を回避し、これまで以上に現場の...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

製品資料
BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法
 多くの企業でデータ分析は、IT部門がDBから抽出、ExcelやAccess、専門的なBIツールなどを使用してレポート提供をしているのが一般的だ。この方法では、意思決定に関わるユーザーが触れられるレポートは固定フォーマットのものが多く、追加の視点でレポートをすぐに変更...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

事例
神戸製鋼所 業務部門が使えるBIツール導入、生産管理データのタイムリーな分析を実現
日本を代表する大手鉄鋼メーカーである神戸製鋼所では、2010年、グループ全体の中長期経営ビジョン「KOBELCO Vision G」を策定。これまでも、既存の枠組みにとらわれない攻めの経営姿勢により、鉄鋼、溶接、アルミなどの主力事業だけではなく、機械系事業、電力卸供給、不...(2016/12/22 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

事例
現場の勘と経験と10億件のビッグデータ分析で急成長、スシローを支えるBIツール
 回転ずしチェーン店「スシロー」を運営するあきんどスシローでは、すし皿に取り付けたICタグで、全店のレーンに流れるすしの状況を把握している。そして、どの店でどんなすしが食べられたのか、あるいは廃棄されたのかといったデータを毎年10億件以上蓄積している。 こ...(2016/12/20 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2016/11/30 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
セントラル短資FXに学ぶDBレプリケーション、リアルタイムBI活用を支える5要件
 データ分析にリアルタイム性が求められるようになったことで、データベース(DB)の可用性に対する考え方も大きく変わった。近年はリアルタイムBIを活用する上で、本番DBに負荷をかけずにリアルタイムに近い複製ができるレプリケーション環境が欠かせないものとなりつつ...(2016/11/10 提供:クエスト・ソフトウェア)

レポート
思い付くままに自由な質問でデータ分析、「連想モデル」でBIが変わる
 セルフサービスBIにより、専門家ではない一般の社員でもデータ分析ができるようになった。しかし、部署内で共有しやすいパターン化された分析は迅速にできても、想定されていない分析はできないという声もある。 クエリベースのセルフサービスBIは、構造化された線形的...(2016/9/30 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
誰でも使いこなせるBIツールの選び方――人事・経営分析の最短コースは?
 人事データ分析や経営分析などの分析業務には欠かせないBIツール。誰でも使えるセルフサービスBIを目指して導入したものの、帳票や経営資料の作成担当者が使いこなせなかったというケースは少なくない。 そこで注目されるのが豊富なテンプレートと手厚いサポートを備え...(2016/9/7 提供:株式会社レジェンド・アプリケーションズ)

事例
日立グループ約30万人のグローバル人事管理を劇的に変えたBIツール活用術
 総合電機メーカーの日立製作所は、国内外のグループ会社約900社の30万人にも上る社員の人事情報をグローバルで共有している。その基礎となる人財データベースはIT部門がスクラッチ開発したものだが、その分析機能に大きな課題を抱えていた。 分析をするためには「グロ...(2016/9/7 提供:株式会社レジェンド・アプリケーションズ)

事例
住信SBIネット銀行がメールマーケティングシステムを刷新、効果検証の課題も解決
 インターネット専門の銀行である住信SBIネット銀行では、マーケティング業務において、主に電子メールやWebサイトによる施策を実施していた。その際、マーケティング担当者が常に考えるのが、メール配信のコスト、タイミング、効果検証である。 Excelなどを使い顧客デ...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
セルフサービス型BI活用の鍵、「ビジュアルなダッシュボード」の効果
 セルフサービス型BI活用の鍵となるのが、データ探索時間の短縮だ。一般のビジネスユーザーはデータ分析だけに業務時間を割くわけにはいかない。より短時間で優れた洞察を得るためにも、できるだけ手間をかけずに必要なデータを探し出せる機能が欠かせない。 データ探索...(2016/4/18 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
ITRレポートが明らかにする「セルフサービスBI」データ分析のこれまでとこれから
 企業におけるデータ分析の課題は、分析時間の短縮と得られた結果の素早い共有にある。そのため、IT部門を通さずに必要なデータの抽出や加工が可能で、業務部門のスタッフでも簡単に分析が行える柔軟なツールが求められてきた。 そこでいよいよ登場したのが、従来型のBI...(2016/4/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

技術文書
ビジネスインテリジェンス“NG集”が明らかにする成功の方程式
 多くの企業が導入しているビジネスインテリジェンス(BI)ツールだが、全ての企業が導入に成功し、成果を挙げているわけではない。最近の調査によれば、BIプロジェクトの70〜80%は失敗しているという。失敗の理由はシステムが原因の場合や組織の問題などさまざまだ。当...(2015/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
BIツールを「セルフサービス化」することの3つのメリット
 データ分析をビジネス戦略策定に活用しようという動きが活発だ。しかし、BIツールを導入してみたものの、機能面の制限による「意思決定の遅延」、基盤整備を含めた「投資対効果」、セキュリティなどの「システム部門の高管理負荷」という課題に悩む企業も多い。こうした...(2015/11/10 提供:日本オラクル株式会社)

Loading