TechTargetジャパン

技術文書
真のデータウェアハウス用途に適した製品はどっちだ?
 「Exadataはその着想の一部をNetezzaとTeradataから得ている。両社のおかげでわれわれはハードウェア事業に着手し、そこに参入することになった」。オラクル創業者兼CEOのラリー・エリソンは、2011年1月27日の談話でそう述べた。「Oracle Exadata」はオンライントランザ...(2012/6/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
System Center Service Manager 2010 SP1 管理者ガイド
System Center Service Manager(SCSM) 2010は、Microsoft Operations Framework(MOF)やITIL(Information Technology Infrastructure Library)に含まれるようなITサービス管理のベストプラクティスを自動化し、組織の要件に適合させるための統合プラットフォームであ...(2011/4/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
ぐるなびが3時間半かかっていた160万件の店舗分析を11秒にした統合型DWH
 ビッグデータ時代の到来で、DWHにはこれまで以上に高パフォーマンスと簡易性、低コストが求められている。本資料では、DWHシステム構築に統合型製品を選んだ6社の事例を紹介している。 飲食店情報を提供するぐるなびは、月間8億9000万PVのWebアクセスログ解析などに統...(2015/8/3 提供:日本電気株式会社)

事例
アステラス製薬の基幹系DWHが処理速度3割アップと可用性の向上を手に入れた理由
 医療用医薬品分野でグローバルな展開を続けるアステラス製薬。国内外の市場動向を迅速に把握・分析するため、営業活動にデータウェアハウス (DWH) 活用を取り入れてきた。同社の営業基幹システムであるDWHには、実績集計処理、SFA、市場情報提供という大きな3つの役割が...(2014/10/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
他社DWHユーザーがNetezzaへ移行するわけ
 Teradataはオンライン分析処理(OLTP)運用に特化した製品設計で、長年にわたりDWHベンダーとして独自の地位を維持してきた。一方、IBM Netezzaは大量データの照会・分析という用途目的に特化して開発されたDWHアプライアンスだ。このホワイトペーパーはTeradataとNetez...(2012/6/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
多様なデータを統合管理、DWHの制限を取り払う「統合分析ハブ」
 企業がデータ活用を進めていく上では、従来型のデータウェアハウス(DWH)の制約が課題となる。例えば、ソーシャルメディアなどの情報を活用する場合、分析基盤には構造化データと非構造化データの両方が大量に入ってくるが、こうしたデータから潜在的な価値を引き出す...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

事例
事例:食料品売り場のPOSデータをリアルタイム分析、DWHは意思決定に使う
 大量のデータを高速で分析し、経営判断の高速化やビジネス成長の最大化をもたらすため、データウェアハウス(DWH)の構築、管理の一元化という課題に直面する企業は多い。 本ホワイトペーパーは、1945年創業の米国随一のソーセージブランドJohnsonville Sausageにおけ...(2015/10/5 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
最大250倍の分析スピードアップに見る次世代データウェアハウス基盤の実力
 郊外型総合販売店を中心に、海外にも店舗を展開、急成長を続ける流通系企業のトライアルカンパニー。2012年2月で142店舗を構える同社は、2017年には800店舗にまで拡大を図る計画だ。同社の急成長を支える武器はITシステムの積極的な活用だ。同社ではデータウェアハウス(...(2014/6/17 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド
 新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。アプライアンスは、サプライヤーがハードウェアに必要なOSとデータベースをプリインストールして、全てをデータウェアハウ...(2016/2/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
100店舗以上を持つ小売業を例に解説する、SQL ServerとHadoopの連携方法と効果
 このホワイトペーパーは、マイクロソフト公式の『SQL Server 2012 徹底検証シリーズ ビッグデータ活用のためのSQL ServerとHadoop連携』である。架空の企業「X社」をモデルに、「Microsoft SQL Server 2012」とHadoopとの連携方法を、システム導入の流れに沿って詳細に...(2013/8/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
AWSで構築するビッグデータシステム――低コスト分析基盤で顧客の好みを把握
 顧客の好みに合わせて、リアルタイムに製品/サービスを提案することは、近年のビジネスにおける主要課題となっている。この処理を大規模に実行するためには、Hadoopのような分散型コンピュータクラスタが必要となるが、多くの企業にとって、このような製品は簡単に手が...(2017/8/28 提供:Talend株式会社)

技術文書
「データを移動させない」処理原理──最新ビッグデータ基盤の採用技術を読み解こう
 企業の成否の鍵は、最適な情報を遅れずに入手し、適切な意思決定を行えるかどうかにある。しかし、不安定な状況下で起こり得るイベントを予測し、トレンドを把握し、最善の方法を選択するためには、数十億件ものデータを正確に分析しなければならない。 そのため、その...(2015/7/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
すぐ効くHadoop攻略法、ビジネスでの活用を進める6つのアプローチ
 データウェアハウスや予算が追い付かないほどのペースでデータが増加する中、ビッグデータの保管と処理を行うオープンソースのフレームワークであるHadoopが注目されている。しかし、技術に詳しいビジネス担当者の中でも、データ管理におけるHadoopの影響力はまだ十分に...(2016/10/14 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
不確実な時代におけるデータウェアハウス投資 アプライアンス? カラムストアDB?
 今日の厳しい経営環境は、企業のデータウェアハウス投資にも大きな影響を及ぼしている。企業は、差し迫った経営上の課題を短期間で効率的に解決できるデータウェアハウス・ソリューションへのフォーカスを強めざるを得なくなっている。この課題に対応できるテクノロジと...(2009/6/1 提供:サイベース株式会社)

技術文書
DWHアプライアンスの真実 Oracle Exadata と IBM Netezza 1000(TwinFin) の比較
 大量データの検索および分析を目的として設計されたIBM Netezza 1000(TwinFin)。その革新的なデータウェアハウス・アプライアンスは、市場に大きな衝撃を与えている。 本ホワイトペーパーでは、より良い結果を得るために、データベース周辺の作業負荷を削減し、より...(2011/11/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
DWHとは異なる「ガバナンスを効かせたデータ基盤」とはどのようなものか?
 アナリストや開発者だけでなく、社内ユーザーが洞察を得るためにも欠かせないデータ基盤。そこには、高速なデータアクセスはもちろん、加速するマーケットに応じてデータの準備・分析をスピーディーに実行できる環境や、プライバシーの保護と法令順守を実現しながら分か...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用基盤をクラウドで 「Data Warehouse-as-a-Service」とは?
 ビッグデータ活用基盤の構築・運用は大きな経営課題の一つだ。企業が保有するさまざまなセンサーデータや購買、Web閲覧、アプリケーションログなどのデータを迅速に分析し、次のビジネスに生かしていくことが企業の競争力の源泉となる。 しかし、自社でデータウェアハ...(2015/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ぐるなびが3時間半かかっていた160万件の店舗分析をわずか「11秒」で完了
 飲食店情報サービスのぐるなびでは、月間8億9000万PVというWebサイトのアクセスログから読み取れるユーザーの閲覧状況や、基幹系データなどと組み合わせた分析結果をコンテンツ担当者や営業推進担当者へタイムリーに提供し、事業の競争力向上を図っている。 それを支え...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

Webキャスト
データ処理の「待ち行列」まで整理――DBが生まれ変わるプラットフォームとは?
 この数年でプロセッサとストレージの性能向上は、DBプラットフォームの大幅な進化をもたらした。しかし、大容量化によりストレージ台数が減ったことの弊害として、以前よりもディスクI/Oが集中するようになったことなど、新たな課題も見え始めた。 OLTP(オンライント...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
DWHアプライアンスの真実 Oracle Exadata と Netezza TwinFin の比較
 大量データの検索および分析を目的として設計されたNetezza TwinFin。その革新的なデータウェアハウス・アプライアンスは、市場に大きな衝撃を与えている。 本ホワイトペーパーでは、より良い結果を得るために、データベース周辺の作業負荷を削減し、より良い結果を得...(2010/12/13 提供:日本ネティーザ株式会社)

技術文書
「SQL Server 2016」の性能はどれだけ向上する? SSD環境とHDD環境を徹底比較
 SSDなどのフラッシュストレージは低価格化が進み、大企業ならずとも手の届く製品となった。そこで気になるのが、従来のストレージとの機能や価格の違いだ。本資料では、主要フラッシュストレージを、「Microsoft SQL Server」を使ったデータベースサーバのストレージと...(2017/7/31 提供:日本ユニシス株式会社)

Webキャスト
データ活用を根底から変える「散在データの仮想統合」という考え方
 サイロ化された業務システム、顧客対応情報、機器ログ、文書・画像・映像など、企業が扱うデータはさまざまな形式で散在している。これらデータを横断的に活用する手段としてはデータウェアハウス(DWH)を構築し、BIを使うことが一般的だ。しかし多くの時間とコストが...(2016/2/23 提供:スマートインサイト株式会社)

事例
「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法
 Amazon Web Services(AWS)では、ソリューションアーキテクチャを理解することで、可用性や安全性が高く、業務負荷に合わせてインフラリソースを増減できるITシステムを簡単に構築できるようになる。しかし、そのコストまで含めてシステムを最適化するためには、さまざ...(2017/5/26 提供:Talend株式会社)

レポート
ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢
 分析技術の著しい進化は、データの利用価値を一変させた。分析可能な範囲が広がったことで、非構造化データを含む多種多様なデータが収集対象となり、多くの企業が競ってデータを蓄積するようになっている。その結果、ITインフラの主流となり始めたのが「データレイク」...(2017/2/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
落日の「Hadoop」とデータ管理者のため息――ビッグデータ技術の明日を読む
 クラウドで利用できるデータウェアハウスが人気を呼んでいる。一方で企業のビッグデータを管理する担当者にとってはクラウド環境の管理も必要になり、戸惑いも見られる。当コンテンツでは代表的なクラウド型のデータウェアハウスと、ビッグデータ管理のポイントについて...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
翌日昼までかかったDWHの夜間バッチ処理を2時間に短縮したSSDアプライアンスの実力とは
 業務用加工食品の専門商社として、約5万アイテムの商品を扱い業界有数の業績と販売網を持つヤグチ。食材のプロ向けの情報提供サイト「食材プロ.net」を手掛ける同社では、さらなる情報活用に向けた環境整備を目指し、10年以上にわたり稼働してきたデータウェアハウスお...(2014/10/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用のためのDWH/Hadoop基盤構築 Greenplum DB/Greenplum MR徹底解説書
 ビッグデータ活用の重要性が認知され始め、これまでの汎用RDBMSの課題が浮き彫りになってきた。そこで注目を集めるHadoopだが、オープンソースのApache Hadoopにはまだまだ注意すべき点が多い。ビッグデータ活用のためのDWHシステムや分析プラットフォームを構築するた...(2012/2/8 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
自社の「アナリティクス成熟度」はどの段階? 分析を進化させる3つの秘訣
 アナリティクスを実現する上では、ビジネスインテリジェンス(BI)の段階、その発展形であるエンタープライズデータウェアハウスを活用する段階、さらに非構造化データも分析対象とする予測的アナリティクスの段階と、実現の難易度は高まっていく。多くの企業はまだ予測...(2017/6/6 提供:インテル株式会社)

レポート
もう大企業だけのものじゃない! 中堅・中小企業がAmazon Redshiftで始めるデータウェアハウス活用
 Tバイト/P(ペタ)バイト級のデータウェアハウスをクラウドで安価に提供する「Amazon Redshift」の登場は、これまで比較的大規模な企業での利用に限られていたビッグデータの集計・分析を中小企業や、企業内の部門単位での利用に拡大した。とはいえ、実際に利用する場...(2014/10/29 提供:インフォテリア株式会社)

Loading