2010年12月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ストレージ仮想化の導入状況に関する読者調査結果リポートストレージ仮想化の導入は「2割」程度、その障壁は?

2010年11月、TechTargetジャパン会員を対象に「ストレージ仮想化に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、その導入状況や期待する効果、導入への懸念点などが明らかになった。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンでは、アンケートを通じて企業内における「ストレージ仮想化の導入状況に関する」調査を実施した。少し古い調査結果ではあるが、2009年2月に実施した「サーバ仮想化技術/ツールの利用状況に関するアンケート調査」では、「回答者の43.6%がサーバ仮想化技術/ツールを導入している」と回答。その後、さらにサーバ仮想化は企業での導入が進み、現在はその普及期に入っているといえるだろう。

 サーバ仮想化に付随する形で、ストレージやネットワーク、クライアントなどでも仮想化技術の導入を検討する企業が増えている。特に、サーバとの密接に関係するストレージ分野では、主要ベンダーがストレージ仮想化製品を市場に多く投入している。ストレージの仮想化環境は、実際にどのくらい構築されているのだろうか。本稿では、2010年11月に実施した「ストレージ仮想化に関するアンケート調査」の結果概要を紹介する。

調査概要


目的:TechTargetジャパン会員のストレージ仮想化の導入状況や関心などを調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2010年11月8日〜11月22日

有効回答数:245件

※回答の比率(%)は小数点第2位を四捨五入し、小数点第1位まで表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


ストレージ仮想化導入は「全体の2割程度」にとどまる

画像画像 図1 ストレージ仮想化の導入状況(左)、図2 ストレージ仮想化導入の検討段階(右)

 ストレージ仮想化を導入している企業は「既に導入済み」(13.9%)、「試験的に導入している」(7.8%)を合わせても、回答者全体の「約22%」だった(図1)。また、「今後ストレージ仮想化の導入(追加導入や他製品への変更を含む)を検討しているか」という問いに対しては、「情報収集している段階」の企業が半数以上(大企業では64.6%)という結果だった(図2)。

画像 図3 ストレージ以外の分野の仮想化技術・ツール導入状況

 ストレージ仮想化以外に仮想化技術/ツールを導入している分野を聞いたところ、「サーバ仮想化」が全体で64.9%と最も多く、その導入率が圧倒的に高かった。そのほかについては「デスクトップ仮想化」(24.1%)、「アプリケーション仮想化」(15.9%)と続いたが、ストレージ仮想化の導入率とそれほど変わらない状況だった(図3)。この結果を見る限りでは、ストレージ仮想化の導入はまだ一般的ではなく、その普及には時間がかかると考えられる。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | ストレージ | サーバ | 運用管理 | 環境保護


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.gif

富士通がタグマネジメントのTealiumとデジタルマーケティング事業で協業
富士通はタグマネジメント事業大手のTealiumとデジタルマーケティング事業で協業すること...

news115.jpg

Salesforce.comが人工知能を活用したECプラットフォームを提供開始
Salesforce.comは「Salesforce Commerce Cloud」を提供することを発表した。Commerce Clo...

news148.jpg

Supership、独自データと位置情報を掛け合わせたオーディエンス広告配信を提供開始
Supershipは2016年9月29日、位置情報に基づいた効果的な広告配信を実現する「Supership G...