2011年06月03日 12時30分 UPDATE
ニュース

NEWSクラウドに最適化されたネットワーク構築の支援を表明 ブロケード

ブロケードがクラウドに最適化したネットワーク構築の支援を目的とした新製品やソリューション、アーキテクチャ、事業戦略などを発表した。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 ブロケード コミュニケーションズ システムズ(以下、ブロケード)は6月1日、米Brocadeが2011年5月に発表した新製品や機能拡張の概要を紹介し、日本国内での事業戦略を発表した。

photo 米Brocade タグ・イングラム氏

 Brocadeは5月に開催された年次イベント「Brocade Tech Day Summit 2011」で、16Gbps FC(Fibre Channel)製品群、サービスプロバイダー向けインフラソリューションの機能拡張、クラウド統合アーキテクチャ「CloudPlex」などを発表した。Brocadeのデータセンター製品部門 プロダクト・マネジメント担当バイスプレジデント タグ・イングラム氏は、これらを企業やデータセンター事業者、サービスプロバイダーなどに提供することで「プライベート、ハイブリッド、パブリックの全てのクラウドに最適化されたネットワークの実現を支援する」と語った。

photo ブロケードの3つのクラウドへの対応

 同社は、プライベートクラウド向けにSAN(Storage Area Network)プラットフォームを構成する16Gbps FC製品群を提供する。SANバックボーン「Brocade DCX 8510 Backbone」、SANスイッチ「Brocade 6510 Switch」、HBA(ホストバスアダプター)「Brocade 1860 Fabric Adapter」、統合管理ソフトウェア「Brocade Network Advisor」など。

 また、パブリッククラウドを構築するサービスプロバイダーやデータセンター事業者に向けて、スイッチングルータ「Brocade MLX」シリーズの機能を拡張し、エッジルータ「Netlon CER」の機能拡張やスイッチ新製品「Brocade 6910 Switch」などを提供する。

photophoto プライベートクラウド向け製品群(左)とパブリッククラウド向けの製品群(右)《クリックで拡大》

 さらにハイブリッドクラウド向けにCloudPlexを基盤とした複数ベンダー間での相互接続性を提供する。オープンソースのネットワーク制御技術「OpenFlow」やオープンソースのIaaS(Infrastructure as a Service)基盤構築ソフトウェア「OpenStack」などを活用し、サーバやストレージ、サーバ仮想化ソフトウェアなどを提供するベンダーと連携していく。

photo ブロケードの代表取締役社長 青葉雅和氏

 また、ブロケードは5月から始まった2011年度の国内事業戦略を発表した。同社は2010年11月に発表した10GbE(ギガビットイーサネット)スイッチ製品「Brocade VDX 6720」の導入を推進するために、デモプロジェクトの展開、パートナー制度や営業組織の改編などの施策を実施していく方針。また、サービスプロバイダー向けには、IP v6への移行支援や100GbEへの早期導入などを進めていくという。ブロケードは同日、さくらインターネットがクラウドサービス基盤としてBrocade VDX 6720を採用したことも発表した。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

国内動画リワード広告市場が急成長、前年比2.4倍に──fluct調査
fluctは、国内動画リワード広告市場に関する調査を実施。2022年までの市場規模予測を公開...

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...