TechTargetジャパン

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
ハイブリッドクラウドで再注目、応用すれば大きく活躍するMPLS
 「MPLS(Multi Protocol Label Switching)」は、「IP-VPN」や「広域イーサネット」を構築する上で、通信の高速化や安定化、ネットワーク運用の簡便化を実現するものとして活用されてきた。MPLS対応ルーターで構成されたネットワークでは、各パケットの経路情報に「ラベ...(2015/10/2 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
HPとシスコの企業向けネットワークスイッチの相互接続性を検証する
 企業ネットワークで利用するプロトコルに対して、各社製品は独自の技術を活用しており、それが相互接続の障害となるリスクがつきまとう。それは最近利用が増加しているIPマルチキャストや、仮想ルータ冗長プロトコルなど新しい技術分野についても同様だ。それでもネット...(2014/12/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
次世代ファイアウォールやUTMで未知の脅威にも即応――複合型防御のススメ
 近年のサイバー攻撃に見られる傾向として3つの変化が挙げられる。1つは、ボットネットやAPT(Advanced Persistent Threat)など、攻撃手法のさらなる高度化だ。これにより、1つの方式で完全に防ごうとするアプローチから、複数の方式を併用した防御へと移行が進んでいる...(2016/7/25 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

事例
「SD-WAN」と「レガシーWAN」を比較検証、4つのWANコストはどう変わる?
 本ホワイトペーパーは、ソフトウェアで柔軟にネットワークを制御するSDN技術をWAN環境に取り入れた、次世代SD-WANソリューション導入による「WANに関わるコスト削減効果」を示している。ゼロタッチな拠点展開、クラウドGUIによる集中制御、回線種別を問わないルーティン...(2015/12/24 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
NECが「SD-WAN」で実現する企業ネットワークの将来像とは
 従来の企業WANにおいて、以下のような課題が上がっている。・高額なキャリア回線・ブラックボックス化(不可視・属人化・複雑化等)・不安定な通信品質・クラウド等、通信量の増加・障害停止時間の長期化・セキュリティの脆弱性 こうした課題に対して、NECの「SD-WAN」...(2016/8/22 提供:日本電気株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年5月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年5月号をご紹介。 特集記事では、2014...(2016/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
これから始めるSDN導入・ユースケース集
 経営環境の変化が激しい時代において、経営施策を支援し変化に追従するにはITインフラの仮想化が欠かせない。その中でも今注目されているのがネットワーク構成をソフトウェアで動的に設定・変更できる「SDN(Software-Defined Networking)」だ。だが、関心はあるものの...(2014/9/16 提供:日本電気株式会社)

製品資料
1000分の1秒レベルの遅延がビジネスを瓦解させる、通信の最適経路選択の重要性
 インターネットを通じて提供されるさまざまなサービスにとって、通信速度の遅延はビジネスに深刻な影響を及ぼす。わずか2秒でユーザーの不満や収益の低下が現れはじめ、レスポンスタイムにシビアなオンラインゲームのプレイヤーでは、たった50msの遅延増加によって2倍も...(2016/3/29 提供:インターナップ・ジャパン株式会社)

レポート
IoT時代のニーズを満たす、ネットワークを戦略的資産へと転換する「ハイブリッドWAN」とは?
 「ハイブリッドWAN」とは、スイッチング、ワイヤレスLAN、WAN最適化、セキュリティ、ネットワーク解析、音声など、さまざまなネットワークサービスを統合して運用管理するもので、サービス統合型ルータ(ISR)を活用して展開する。 従来のWANネットワークは、サービス...(2015/3/25 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
OpenStackクラウドの可用性を高める負荷分散ポリシー、導入時に検討すべきこと
 クラウドにおけるネットワークサービスの可用性と冗長性の確保には、まず負荷分散機能をどのように導入するかがポイントになる。OpenStackには、Neutron LBaaS(Load Balancing as a Service)というサービスが用意されており、特定ベンダーの技術に依存しない負荷分散...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
モバイルワークや在宅ワークがすぐに実現、専門知識ゼロで安全なリモート接続
 近年、ワークスタイルの多様化へのニーズが高まっていることから、モバイルワークや在宅ワークを推進する企業が増えている。社員にこのような業務環境を提供することは、作業の効率化だけでなく、優秀な人材の獲得や離職率の防止にも役立つ。 しかし、誰もが利用できる...(2016/7/27 提供:ニフティ株式会社)

事例
奈良先端科学技術大学院大学が全面刷新、高速シンプルなネットワーク再構築の軌跡
 科学分野における最先端研究のためには最先端のIT基盤が欠かせない。とはいえ、ネットワーク再構築のプロジェクトでは、高速化だけを追い求めるわけにもいかない。更新したネットワークインフラは、次回の再構築まで、できるだけ安定した稼働が求められるし、そのために...(2015/7/13 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
DDoS対策の死角「ネット回線のセキュリティ」実際に無害化するにはどうするか
 インターネット上でサービスを展開する企業にとって、DoS、DDoS、UDP、DNSリフレクションなどの攻撃は、サービスの提供そのものを大きく阻害し、ビジネスに大打撃を与える。そのため多くの企業が対策に取り組んでいるが、ここで留意しなくてはならないのは、LAN側だけで...(2016/3/29 提供:インターナップ・ジャパン株式会社)

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
個人事業主からマイナンバーをどう集める? 安心で効率的な収集・保管のすすめ
 マイナンバー制度への対応では、特定個人情報の漏えいや流用などのリスクを可能な限り回避することが求められる。しかし、自社でマイナンバーを安全に管理するためには、収集・保管業務の人員確保や教育、保管設備の設計や構築に多くのコストと人的リソースを投じなけれ...(2016/8/4 提供:日本電気株式会社)

技術文書
迫りくるワイヤレス技術の変化:知っておくべき最新技術情報〜Qualcomm Atheros社など活用事例を交えて〜
 昨今、携帯電話は高いデータスループットを実現し、高解像度の動画を数秒でダウンロードし高速化は進んでいます。さらに、近い将来、ワイヤレスネットワークに接続されるデバイス数は莫急速に激増し、企業は多品種小ロット製品を低コストで設計開発せざるを得ない状況と...(2016/7/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
レガシーWANからSD-WANへ、移行で得られる「5つのメリット」
 リサーチ企業のIHSによると、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)の市場規模は2014年の7億8100万ドルから2019年には130億ドルまで拡大する見込みだという。このように急速に発展を遂げるSDNだが、近年、その適用先はデータセンターからWANへと移行し始めている。 ...(2016/7/5 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
IoT実現へ、今、注目される「テスト戦略」とは?最新動向に学ぶ、市場投入期間の短縮やコスト削減のヒント!
 本格的なIoTの運用で、近い将来、インターネット接続デバイスの数は500億台に上るとも言われている。多くの企業は膨れ上がるデバイスに対し、それぞれ要求されるテストを実施していかなければならない。同時に、デバイスの低価格化が進み、検証ツールが多様化し、ますま...(2016/6/21 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
パブリックとプライベートのクラウド混在でも、ネットワークの安全と効率とコストを確保する
 WANのコストは、常に企業のネットワーク関連予算を圧迫している。また利用できる帯域も圧迫され、アプリケーションパフォーマンス低下の懸念が収束することはない。この状況に対し、「SD-WAN」(ソフトウェア定義ワイドエリアネットワーク)によるネットワーク利用の最...(2016/2/4 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
アプリケーション仮想化の効用――先行導入企業の活用事例に学ぶ
 近年、データ保護の観点から重要なデータやシステムにユーザーが直接アクセスすることを制限するセキュリティ対策が取られるようになった。一方、業務効率改善の観点では、マルチデバイスへの対応や業務アプリ利用環境の拡大などの要求が高まり、ユーザーが扱えるデータ...(2016/5/26 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
エッジPC導入でIoTは変わる
 センサーで収集されたデータは、エッジPCにより処理・加工・蓄積され、必要な時に必要なデータのみクラウドやサーバーに送信される。 エッジPCの導入メリットは、クラウドの巨大化や通信回線の容量不足と遅延を最小限に抑えるだけでなく、演算能力を分散させることで...(2016/4/18 提供:株式会社ピノー)

技術文書
仮想データセンター下で仮想/物理ネットワーク環境を統合
 物理資産と仮想資産が混在するパブリッククラウドやプライベートクラウドのネットワークの導入、管理、統合は複雑化している。企業は自社の物理ネットワークと仮想データセンターネットワークをシームレスにブリッジ接続して、高速かつ拡張性の向上を実現する必要に迫ら...(2014/11/25 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化で劇的に変わる、運用管理とセキュリティ
 仮想環境によるシステムの可用性増大は多くの企業が享受しているところだが、一方でセキュリティを確保しながら運用するために、IT管理者が休日返上で対応しているケースも増加している。この作業量増加の大きな原因として、ネットワーク面での対応が挙げられる。仮想環...(2015/10/8 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
仮想化による“マイクロセグメンテーション”でネットワークはどう変わるか
 サーバ仮想化によって仮想マシンの構築は手軽になったが、セキュリティの設定は多くの仮想マシン間で共有しており、その設定や変更には多大な時間がかかるケースが多い。IT管理者はこうした膨大な作業をこなすために休日や夜間なども作業を行っているが、どうしても手動...(2015/10/8 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
Webサイトの問題点を見過ごしていないか? 自動ツールとプロの手による診断の違い
 自動診断ツールによるWebサイトやアプリケーションの脆弱性診断は、サイト構成や画面遷移の条件によって全ての脆弱性を検出できないケースもあり、セキュリティ上の問題点が残ってしまう。つまり、ツールだけのチェックではセキュリティリスクを無くすことができない。(2016/3/29 提供:株式会社ラック)

技術文書
予測不可能な次の20年に備える自由なインフラへ 「Old IPとNew IP」その違いとメリット
 ビジネスに選択の幅と柔軟性をもたらす第3のプラットフォームへの対応は、IT部門にとっても喫緊の課題となっている。データ量は増大し、ネットワークは拠点や人だけでなく、無数のモノをつなぐIoTへと変化してきている。第3のプラットフォームでは、モバイル、ソーシャ...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/6/22 提供:株式会社シマンテック)

講演資料
クラウド選定前に確認したい「今求められるクラウド基盤の要件」とは
 エンタープライズITには、ERPやCRMなどのSoR(記録のためのシステム:Systems of Record)と、メール、グループウェア、SNSなどのSoE(人との関係を構築するためのシステム:Systems of Engagement)の分野がある。求められるクラウドは、このSoR・SoEの両分野に対応す...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

Loading