TechTargetジャパン

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
次世代のデータセンター、その革新的なサービスとNFV製品選定のポイントとは?
 これまでは「ラック貸し」「場所貸し」のイメージがあったデータセンターだが、近年は、そのビジネスモデルの変革が大きく進んでいる。クラウドサービスのように「使いたいとき、使いたい分だけ」利用できる次世代データセンターも登場し、大きく注目されている。 この...(2017/1/31 提供:SCSK株式会社)

製品資料
15分で導入できる“なりすまし”対策――イントラネットから不正端末を自動排除
 近年、相次ぐ個人情報流出事件では、LAN/無線LANへ不正接続されたケースが少なからず報告されている。その主な手口には、無線LANの通信を傍受し、パスワードを特定して侵入するものと、社内ルーターの空きポートに小型無線LANルーターを接続して、ひそかに無線LAN環境...(2016/12/14 提供:株式会社ギガ)

製品資料
IDCフロンティアの「1分で接続できるVPN」を支えるルーターとは
 複数の拠点で構築したクラウドを、安全かつ高速なネットワークを利用しながら接続することで、さまざまな可能性が生まれる。互いにバックアップデータを持ち合うことで、災害対策やBCPの充実を図ることもできるし、アプリケーションの不具合が発生した場合なども、互い...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

事例
ハイブリッドクラウドで再注目、応用すれば大きく活躍するMPLS
 「MPLS(Multi Protocol Label Switching)」は、「IP-VPN」や「広域イーサネット」を構築する上で、通信の高速化や安定化、ネットワーク運用の簡便化を実現するものとして活用されてきた。MPLS対応ルーターで構成されたネットワークでは、各パケットの経路情報に「ラベ...(2015/10/2 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
HPとシスコの企業向けネットワークスイッチの相互接続性を検証する
 企業ネットワークで利用するプロトコルに対して、各社製品は独自の技術を活用しており、それが相互接続の障害となるリスクがつきまとう。それは最近利用が増加しているIPマルチキャストや、仮想ルータ冗長プロトコルなど新しい技術分野についても同様だ。それでもネット...(2014/12/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
「SD-WAN」と「レガシーWAN」を比較検証、4つのWANコストはどう変わる?
 本ホワイトペーパーは、ソフトウェアで柔軟にネットワークを制御するSDN技術をWAN環境に取り入れた、次世代SD-WANソリューション導入による「WANに関わるコスト削減効果」を示している。ゼロタッチな拠点展開、クラウドGUIによる集中制御、回線種別を問わないルーティン...(2016/4/26 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
次世代ファイアウォールやUTMで未知の脅威にも即応――複合型防御のススメ
 近年のサイバー攻撃に見られる傾向として3つの変化が挙げられる。1つは、ボットネットやAPT(Advanced Persistent Threat)など、攻撃手法のさらなる高度化だ。これにより、1つの方式で完全に防ごうとするアプローチから、複数の方式を併用した防御へと移行が進んでいる...(2016/7/25 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

レポート
クラウド移行を妨げる「行き詰まったネットワーク環境」、SD-WANで何が変わるか?
 クラウド移行は必然的な流れだが、容易なことではない。クラウド移行の成否を左右する大きな要因の1つは「ネットワーク環境」であり、「分散化された労働力」「クラウドベースのサービスやアプリケーション」、そして「帯域幅集中型のコラボレーションツール」という3つ...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
IoTは安価な低帯域ネットワークで十分、あとはセキュリティをどうするか?
 製造業からサービス業まで、あらゆる分野に広がり始めたIoT(モノのインターネット)。拠点にルーターを設置するだけで展開できる手軽さが魅力である反面、セキュアなネットワークをどのように構築するのかという課題もある。 最も難しいのがコストとパフォーマンスの...(2016/12/12 提供:丸紅OKIネットソリューションズ株式会社)

事例
最大トラフィック100Gbps超、DMM.comの多彩なサービスを支えるネットワーク製品とは
 「艦隊これくしょん」などの人気ゲームをはじめ、多彩なオンラインサービスを提供するDMM.com。市場のニーズを迅速にくみ取り、サービスの展開と撤退をスピーディに繰り返す同社のネットワークは、拡張と変更によりつぎはぎ状態になっていた。同社ではデータセンター内...(2016/8/15 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
不正端末・なりすまし接続を即座に検出、社内ネットワークの24時間監視
 社員がモバイル端末を当たり前のように使い始めたことで、社内ネットワークに対する不正接続の脅威がかつてないほどに増大している。そこで、不正端末によるウイルスの拡散や情報漏えいなどを未然に防ぐ、内部セキュリティ対策の導入が進んでいる。 しかし、“守りの業...(2016/12/14 提供:株式会社ギガ)

製品資料
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に
 今やモバイルPC、スマートフォン、タブレットなどに掛かる通信費は、ビジネスを支える上で不可欠なコストである。この通信コストの適正化で注目を集めているのが格安SIMといわれるMVNOの法人向けサービスである。 価格メリットが取り上げられやすいMVNOだが、毎月のデ...(2017/3/17 提供:ニフティ株式会社)

技術文書
NECが「SD-WAN」で実現する企業ネットワークの将来像とは
従来の企業WANにおいて、以下のような課題が上がっている。・高額な回線サービス・ブラックボックス化(不可視・属人化・複雑化等)・不安定な通信品質・クラウド等、通信量の増加・障害停止時間の長期化・セキュリティの脆弱性こうした課題に対して、NECの「SD-WAN」では...(2016/8/22 提供:日本電気株式会社)

製品資料
閉域接続WANでAWSやAzureの安全性を強化――ハイブリッド時代のクラウド運用
 「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」に代表されるパブリッククラウドは、企業のIT環境に高い拡張性とコストパフォーマンスを提供する。これらは企業にとって非常に魅力的なメリットだが、これまでのクラウド導入は、プライベートクラウドを中心に行われ...(2017/2/28 提供:KDDI株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の導入準備から運用まで、メリットを最大化するポイントは?
 ネットワーク仮想化には、まず自社のネットワークアーキテクチャをあらためて把握することが欠かせない。スイッチ管理の省力化、人的資産の有効活用などへの期待から、すぐに導入検討へ入るケースも目立つが、事前準備として、何度も試験的な運用を行い、メリット最大化...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
Webサイトの弱点をつぶせ! 脆弱性対策の基礎知識
 システムインテグレーターに開発を任せる際に、自社システムのセキュリティ対策をどこまで対応し、どのように伝えるべきか悩むことはないだろうか? 言われなくてもきちんとやってもらえると暗黙のうちにうやむやにしてしまっていないだろうか? 本資料では前半セクシ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/3/9 提供:富士通株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

レポート
DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説
 日本国内でもサービス障害を引き起こし、損害をもたらすDDoS攻撃の勢いが衰えない。対策の必要性は認識しているものの、実際に被害を受けていないことや、被害のイメージがつかめていないためか、対策が後回しになっている企業も少なくない。 DDoS攻撃の対策には、大き...(2017/2/27 提供:日本ラドウェア株式会社)

講演資料
IoTエバンジェリストが最新情報を1冊にまとめた決定版資料!これを見ればIoTの今がわかる!
本資料は、多くのIoTシステムに関してアドバイスをしてきたNIのコンサルタントが、現場で得てきたノウハウを基に、IoTの代表的な活用法である「予知保全」の動向やセンサ計測や計測後の課題、異業種との協力体制の必要性など、多角的な視点でIoT実現に必要なポイントを一...(2017/2/20 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

レポート
徹底解説:技術の移行が進むランサムウェアの動向と対策
 国内での感染被害が広がるランサムウェア。近年の動向を見ると、2015年に猛威を振るった「CryptoWall」の活動が、セキュリティ企業や公的機関の撲滅活動などにより徐々に減少し、「Locky」をはじめとする新型のランサムウェアへの移行が進んでいる。 Lockyは、日本語を...(2017/2/15 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

製品資料
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に
 今やモバイルPC、スマートフォン、タブレットなどに掛かる通信費は、ビジネスを支える上で不可欠なコストである。この通信コストの適正化で注目を集めているのが格安SIMといわれるMVNOの法人向けサービスである。 価格メリットが取り上げられやすいMVNOだが、毎月のデ...(2016/11/29 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
Skype for Businessと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は?
 近年、ビジネスにおけるコミュニケーション環境は大きく変化し、ソフトフォンによる音声通話やビデオ通話、ビデオ会議などが多くの企業で日常のコミュニケーション手段となりつつある。ソフトフォンはメールやメッセージ、Webなどとも親和性が高く、またスマートフォン...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
IoT時代のマシンデータ分析プラットフォームに求められるものとは
人だけでなく、自動車や医療機器、住宅設備や交通インフラなど、あらゆるモノがネットワークにつながり、その数は2020 年に500 億個を超えると言われている。“ つながり”から価値を生み出すIoT時代へと大きく舵を切り、あらゆるモノから膨大なマシンデータが生成されるI...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

製品資料
IT自動化からDR対策まで、ネットワーク仮想化の「4つのメリット」
 仮想環境でのインフラ運用が進むにつれ、リソースを迅速に調達する要求が激しくなり、それに応えるためにネットワークのプロビジョニングが頻繁に実施されるようになる。ネットワークの仮想化が注目されるようになった最大の理由は、この対応力を強化したいというニーズ...(2017/1/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Loading