2015年04月16日 12時00分 公開
特集/連載

高機能なほどパフォーマンスが下がる? セキュリティゲートウェイのベンチマークはこう見るベンチマークテストでうまくいくネットワーク機器選び【第6回】

今回はファイアウォール、次世代ファイアウォールに代表されるセキュリティゲートウェイについて、ベンチマークリポートを見ながら解説していく。

[中村彰宏,東陽テクニカ]

 今回は、不正アクセスやウイルスといった脅威からネットワークを防御する製品群である「セキュリティゲートウェイ」にフォーカスする。ファイアウォールから次世代ファイアウォール、統合脅威管理(UTM)、侵入防止システム(IPS)までさまざまな製品があるが、ここではそれらを総称してセキュリティゲートウェイと表現する。また、コネクション型トラフィックについては前回の記事「スイッチやルータとは違う、『ロードバランサ』の実力の見どころ」を参考にしてほしい。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...