IIJが最大18Gbpsの法人ルーターを提供 広帯域化が進む背景とはNEWS

インターネットイニシアティブ(IIJ)は法人向けに最大18Gbpsの法人向けルーターを提供する。近年は最大10Gbpsの回線サービスが普及する中で、十分な転送性能のルーターを出した。その狙いは。

2023年09月29日 17時00分 公開
[松本一郎TechTargetジャパン]

関連キーワード

IPv6 | ギガビット | ネットワーク | ルータ


 IIJ(インターネットイニシアティブ)は2023年9月28日に、法人向けルーター「SEILアプライアンスシリーズ CA10」(以下、CA10)の提供を開始した。法人向け回線サービスは、最高通信速度が10Gbpsとなっているものが普及しつつある中で、CA10の転送性能は18Gbpsであり、余裕をもってその動きに対応している。IIJがCA10を提供する狙いとは。

10Gbps級のルーターを提供する背景

 IIJによれば、近年はMicrosoftのサブスクリプション形式のオフィススイート「Microsoft 365」のようなクラウドサービスの業務利用が進んでいる。加えて従業員のテレワークも普及したため、企業ネットワークのトラフィック(ネットワークを流れるデータ)は増加傾向にある。企業においてはその対策として、回線の増強やネットワーク機器を広帯域化する必要性が高まっている。IIJがこうしたトラフィック増加の傾向を踏まえて出すCA10は転送速度が最大で18Gbpsであり、最高速度が10Gbpsの法人向け回線を利用していても、ネットワーク内でボトルネックになりにくい。

 CA10は法人向けの各種機能やサービスを利用できることが特徴だ。機能面は、インターネットプロトコルの「IPv4」と「IPv6」の両方を単一の機器で選択して利用できる「IPv4/IPv6デュアルスタック」やファイアウォールなどを備えている。

 サービス面は、Microsoft 365やGoogleのオフィススイート「Google Workspace」など特定のクラウドサービス宛ての通信をする際に、閉域網や専用線から自動でインターネット回線へ切り替える「IIJクラウドナビゲーションデータベース」と連携する。これにより、ネットワーク構成の運用負荷軽減が見込めるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...