2014年11月26日 12時00分 公開
特集/連載

「ネットワーク機器は3〜5年で交換しなくてはいけない」は本当?製品ライフサイクルに関する1つの視点

コスト削減の圧力が高まる一方で、製品のリプレースと保守メンテナンスはベンダーにいわれるままというケースは少なくない。ユーザーは「他に選択肢がない」と考えがちだが、本当のところ、どうだろうか。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 ネットワーク機器の交換サイクルはどのように決まのか。多くの人は製品寿命が基準と考えているだろう。だが、米Gartnerが2012年に行った「企業のネットワーク機器の更新時期を知るには」という調査によれば、ネットワーク機器の交換時期は、実は製品寿命と関係ないことが多いという。例えばLANスイッチは、実際には7〜10年は使用可能だが、多くの企業では約5年でリプレースしているという。

機器の交換時期はベンダーの都合で決まる?

ITmedia マーケティング新着記事

news169.png

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

news121.jpg

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

news034.jpg

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...