来たるハイブリッドIT時代「IT部門はブローカーになれなければ失敗する」Gartner Symposium/ITxpo 2014リポート

企業のITは今後、ハイブリッドクラウド、そしてハイブリッドITへと進化するだろう。IT部門はそれに伴い、クラウドブローカーに進化することが求められている。

2014年10月30日 12時00分 公開
[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 「現在のプライベートクラウド/コミュニティークラウドの大半は、2017年までにハイブリッドクラウドへと進化するだろう」。米Gartnerのバイス プレジデント兼最上級アナリスト トム・ビットマン氏は2014年10月28日に開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2014」で、来たるハイブリッドクラウドの可能性について述べた。

 Gartnerによると、企業ITは約13年前にサーバ仮想化が始まって以来、パブリッククラウド(IaaS)、プライベートクラウドというステップを経て、ハイブリッドクラウド、さらにはハイブリッドITへと変革を続けているという。本稿では、企業はハイブリッドクラウドおよびハイブリッドITにどう向き合うべきかについて、セミナーを基に考える。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...