2014年11月06日 12時00分 UPDATE
特集/連載

SDN JAPAN 2014リポートもう“実験”じゃない これからのSDNの話をしよう

SDNに特化したイベント「SDN JAPAN 2014」が開催。全体を総括したパネルディスカッションからSDNの課題と展望を読む。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 2014年10月30、31日の2日間、恵比寿 ザ・ガーデンホール(東京都目黒区)において、「SDN JAPAN 2014」が開催された。これは、企業がSDNの利点や課題について議論を深めるためのイベントで、2012年から年1回開催されている。ベンダー各社の製品展示や大小さまざまなセミナーが行われ、SDNの進捗状況と現時点での成果を確認することができた。本記事では、31日に行われた「SDN Japan 2014総括とこれからのSDN」と題したパネルディスカッションから、SDNが抱える現状の課題と展望を読み取っていく。

SDNは実用のフェーズへ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...