2013年10月17日 08時00分 公開
特集/連載

次のビッグウェーブ「SDN」、移行が始まるのは2014年かゆっくりとSDNへ傾くCIO

SDNは新しい技術であり急速に進化している。大手ITベンダーを中心にSDN移行のタイミングについて神経をとがらせている。しかし、秘密裏に既に予算化に着手している企業が多い。その理由とは?

[Sally Johnson,TechTarget]

 ほとんどの会社や企業は、SDN(Software-Defined Networking)計画の話になると、ステルスモードになる。この技術は議論ばかりで行動が伴わないという誤解につながりやすいからだ。だが、だまされてはいけない。既にSDNは視野に入っている、とCIOたちは話す。

 では、なぜステルスである必要があるのか? SDN計画について、企業が明らかにしない理由の1つは、SDNスキルを持ったネットワーキングチームの所属メンバーが露出すれば、他社からのヘッドハンティング攻勢にさらされる危険性があるからだ。

Google、Facebookの極秘事項

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...