2012年03月15日 09時00分 公開
特集/連載

TCPポート80の利用が低下!? 見直し迫られるソーシャル時代のセキュリティソーシャルメディアトラフィックがWANを変える【後編】

ソーシャルメディアの利用により、トラフィック量だけでなく通信内容にも変化が生じている。TCPポート80の利用が低下しているという現実から、新たなセキュリティ対策が求められている。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 前編「従来型WANに引導を渡すソーシャルメディアトラフィック」では、ソーシャルメディアの利用拡大に伴い、従来のハブ&スポーク型WANでは新たなトラフィックパターンに対応できない可能性を指摘した。後編では、ソーシャルメディアの利用がもたらした新たなセキュリティリスクについて解説する。

ソーシャルメディアトラフィックでセキュリティギャップが顕在化

 ソーシャルネットワーキングとメディアの利用拡大に伴い、ネットワーク管理者たちは、社内ネットワーク上のトラフィックも変化してきたことに気付き始めた。Palo Alto Networksによると、通常はファイアウォールで防護されているTCPポート80を使用するWebアプリケーションは、社内ネットワーク上のWebトラフィックの半分以下(49%)に低下した。現在では、ポート443を流れる暗号化されたトラフィックがWebアプリケーショントラフィックの大半を占め、ほとんどのセキュリティ製品はこの種のトラフィックを検査することができない。

 Palo Alto Networksの上席リサーチアナリスト、マット・キール氏によると、暗号化されたトラフィックは企業にとって極めてリスクが高いという。「企業が今後もポート80のセキュリティだけに目を向けていると、多くのセキュリティリスクを見逃してしまい、ネットワークを防護できなくなる」

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...