読めば分かる! 次世代ファイアウォールまる分かりIT基礎解説「ファイアウォール」

2010年は、次世代ファイアウォール元年といえるほど各社から新製品がリリースされた。今後求められるファイアウォール機能を整理しながら、現時点における各社ファイアウォールの特徴を紹介する。

2010年12月02日 08時00分 公開
[澁谷寿夫,ソニックウォール]

次世代ファイアウォールに求められる機能

 「何が違う? ファイアウォールと次世代ファイアウォール」では、従来のファイアウォールが持つ機能を復習しながら、近年各社からリリースが相次ぐ「次世代ファイアウォール」と呼ばれる製品の特徴をまとめた。

 そこでも説明した通り、現在のインターネットの利用スタイルは、既存のファイアウォールで制御することは難しい。ここでは、あらためて次世代ファイアウォールに求められる機能について考えてみたい。

 なお本稿の後半では、ベンダー各社から提供されている次世代ファイアウォールの特徴を順番に紹介する。

Webアプリケーションの制御

 すべてのベンダーに共通していえるのが、アプリケーションの制御を行うのが目的ということである。これらは何が違う? ファイアウォールと次世代ファイアウォールで説明した通り、Webアプリケーションを個別に制御できる必要がある。製品の中には、単純にWebアプリケーションの許可/拒否だけではなく、帯域制御ができる機能を持っているものもある。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...