何が違う? ファイアウォールと次世代ファイアウォールまる分かりIT基礎解説「ファイアウォール」

Webアプリケーションの普及により、企業ネットワークは従来と異なるトラフィック制御が求められる。本稿では、従来のファイアウォールが持つ機能を復習しながら、今求められるファイアウォールの機能を紹介する。

2010年10月22日 08時00分 公開
[澁谷寿夫,ソニックウォール]

ネットワークの状況を理解するファイアウォール

 現在では、仕事をする上でインターネットを利用したさまざまなWebアプリケーションが必要不可欠となっている。インターネットが一般に普及し始めたころは、電子メールやWebアクセスといった通信がほとんどだったと思う。これらの通信は、例えば電子メール(SMTP)であれば25番ポート、Webであれば80番ポートといった具合に、通信によってポートを把握することで、大体の動向をつかむことができた。

 だが、近年ではさまざまなWebアプリケーションが普及したため、ひとくくりにWebトラフィック(ここでは、80番、443番のHTTP/HTTPS通信を指す)とまとめて扱うだけでは足りなくなりつつある。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...