2012年03月08日 09時00分 公開
特集/連載

従来型WANに引導を渡すソーシャルメディアトラフィックソーシャルメディアトラフィックがWANを変える【前編】

ソーシャルメディアの利用は画像や動画の頻繁なアップロードを促し、従来型WANではこのトラフィックパターンに対応できなくなる可能性があるという。ソーシャル時代に対応できるWANとは?

[Gina Narcisi,TechTarget]

 最近では多くの企業が、社内のコミュニティーとコラボレーションの改善のためにソーシャルメディアプラットフォームを導入している。このメディア志向のトレンドは、WAN(Wide Area Network)トラフィックの増大と予測不可能性という状況をもたらしており、ネットワーク管理者はソーシャルメディアポリシーを強化し、既存のWANアーキテクチャを見直す必要に迫られている。

 米ファイアウォールベンダーのPalo Alto Networksによると、Facebook用アプリケーションやソーシャルプラグイン、各種アップデートなどがWAN帯域を大量に消費しているという。同社は1月、「Application Usage and Risk Report」の第8号をリリースした。同報告書は全世界の1636社の企業におけるネットワークトラフィックの評価を集約したもので、2010年10月以降のソーシャルメディアのトラフィックと利用パターンを検証している。Palo Alto Networksによると、Facebookのトラフィックは当初、帯域幅全体の5%を消費していたが、14カ月間で25%に増加したという。また、社内ネットワーク上でのTwitterの利用は1年間で700%拡大した。

ソーシャルメディアトラフィックは減らない

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。