2012年03月08日 09時00分 公開
特集/連載

従来型WANに引導を渡すソーシャルメディアトラフィックソーシャルメディアトラフィックがWANを変える【前編】

ソーシャルメディアの利用は画像や動画の頻繁なアップロードを促し、従来型WANではこのトラフィックパターンに対応できなくなる可能性があるという。ソーシャル時代に対応できるWANとは?

[Gina Narcisi,TechTarget]

 最近では多くの企業が、社内のコミュニティーとコラボレーションの改善のためにソーシャルメディアプラットフォームを導入している。このメディア志向のトレンドは、WAN(Wide Area Network)トラフィックの増大と予測不可能性という状況をもたらしており、ネットワーク管理者はソーシャルメディアポリシーを強化し、既存のWANアーキテクチャを見直す必要に迫られている。

 米ファイアウォールベンダーのPalo Alto Networksによると、Facebook用アプリケーションやソーシャルプラグイン、各種アップデートなどがWAN帯域を大量に消費しているという。同社は1月、「Application Usage and Risk Report」の第8号をリリースした。同報告書は全世界の1636社の企業におけるネットワークトラフィックの評価を集約したもので、2010年10月以降のソーシャルメディアのトラフィックと利用パターンを検証している。Palo Alto Networksによると、Facebookのトラフィックは当初、帯域幅全体の5%を消費していたが、14カ月間で25%に増加したという。また、社内ネットワーク上でのTwitterの利用は1年間で700%拡大した。

ソーシャルメディアトラフィックは減らない

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...