2015年04月30日 08時00分 公開
特集/連載

迷ったらここから ネットワークの「技術」と「製品」の総まとめ新人IT担当者のためのネットワーク機器入門【最終回】

これまでの連載で取り上げたポイントを総ざらい。各レイヤー別に技術と代表的な製品について、もう1度復習しておきましょう。

[みやたひろし]
表1 本連載で取り上げた技術と機器《クリックで拡大》

 これまで9回にわたってお送りしました「新人IT担当者のためのネットワーク機器入門」ですが、今回をもって終了です。ネットワークは使用する技術や機器がレイヤーごとに決まっているだけに、とても学習しやすい世界です。まずは、本連載で取り上げたポイントを押さえ、そこから樹枝状に派生して学習していくと、効率的なステップを踏むことができるでしょう。今回はこれまで各レイヤーで押さえてきたポイントをまとめておさらいします。まずは、本連載で取り上げたポイントを右の表で確認しましょう。

 ネットワークの基本は「OSI参照モデル」として説明されるということは連載の最初で書きました。表はこのOSI参照モデルを表したものでもあります。以下、下位のレイヤーから順に、関連する技術と製品を見ていきましょう。

レイヤー1(物理層)とレイヤー2(データリンク層)

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...