2013年06月19日 13時00分 UPDATE
ニュース

NEWS“個客”へのマーケティング活動を支援する分析ツールの最新版、SAS

既存の分析ツール群のユーザーインタフェースを刷新し、単一プラットフォームに統合。オンライン上の顧客行動をリアルタイムに分析し、最適なコミュニケーション手段でアプローチできる機能などを追加した。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 SAS Institute Japan(以下、SAS)は6月18日、顧客分析/マーケティングソリューション製品群の最新版「SAS Customer Intelligence 6.1」(以下、SAS CI 6.1)の国内提供を開始したと発表した。

photo SAS 吉田氏

 SASの代表取締役社長 吉田仁志氏は「分析の対象となる顧客像は“顧客”から“個客”へと変わりつつある。性別や年齢などオーソドックスな顧客層の分析ではなく、多様なチャネルの顧客情報を基にした、“個客を立体化させる分析”へと進化する必要がある」と指摘。その上で、「SAS CI 6.1はデータ収集から分析、キャンペーン管理、リポート・BI(ビジネスインテリジェンス)機能などを包括的に提供できる業界唯一の統合顧客分析プラットフォームだ」と説明した。

photo SAS Customer Intelligence 6.1の構成イメージ《クリックで拡大》

 SAS CI 6.1では、これまでモジュール形式で個別に提供していたマーケティング分析ツール「SAS Marketing Automation」「SAS Marketing Optimization」「SAS Real-Time Decision Manager」「SAS Digital Marketing」の4製品をWebベースの単一プラットフォームに統合した。

photo SAS CI 6.1の管理画面例。これまで別々だった製品の機能を左ペインに統合して簡単に利用できるようになった

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。