2012年06月08日 09時00分 UPDATE
特集/連載

BI導入事例:SAS Marketing Automation【事例】オリコカードのBIによる顧客管理基盤刷新の狙いとは

オリエントコーポレーションは、クレジットキャンペーン業務の改善と与信精度の向上を目的としたシステム更改に「SAS Marketing Automation」を活用。業務負担を大きく改善しつつある。

[富永康信,ロビンソン]

オリエントコーポレーションが取り組んだ2つのプロジェクト

 オリコカードをブランドに持つオリエントコーポレーションは、1954年の創業以来、個品割賦(個別クレジット)やオートローン、クレジットカード、金融機関の保証業務をコア事業として成長し、近年はEC決済ソリューションやリースなど事業を拡大している。2011年3月31日現在のクレジットカード会員数は1257万人、取扱量は1兆4858億円、銀行保証残高9308億円、加盟店舗数は90万店に及ぶ。

画像 「情報系システムで長年SASを活用してきた」と語るオリエントコーポレーションの岡本氏

 同社の情報系システムでのビジネスインテリジェンス(BI)活用の歴史は長く、SAS製品では「Base SAS Software」「SAS Enterprise Guide」「SAS Enterprise Miner」などを導入してきた。そして2011年11月、マーケティングプロセスをサポートする「SAS Marketing Automation」を活用して、「キャンペーン業務支援機能の新規構築」と「途上与信システムの更改」という2つのプロジェクトを行った。

 プロジェクト開始から半年を過ぎた2012年5月24日、SAS Institute Japanが開催した「SAS Forum Japan 2012」で、オリエントコーポレーション システムグループ システム企画部 部長代理の岡本俊一氏がその取り組みの経緯と現状の効果について報告した(関連記事:【事例】なぜアムウェイ商品は売れるのか? 同社の顧客分析基盤に迫る)。

 「運用開始から半年を経て、利用部門からは『結構使える』という評価や『もっと活用を推進したい』という意見の他、システム改善の要望なども寄せられている」(岡本氏)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「LINE」「トランプ」「Instagramの新アイコン」、ソーシャル好き過ぎる人たちの傾向
その情報、信じて大丈夫? 「LINE」や「Facebook」「Twitter」が生活インフラとして定着...

news022.jpg

Facebookの成長に日本市場が果たす役割――フェイスブックジャパン代表取締役 長谷川 晋氏が語る
フェイスブック ジャパンは2017年2月15日、同社の東京オフィスにおいて、プレス向け説明...

news076.jpg

Webインテグレーション市場は2020年度がピーク?――AIによる工数削減で以後は成長鈍化の可能性も
ミック経済研究所は、Webインテグレーション市場とネット広告のアドテクノロジープラット...