2013年12月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

無傷の2大ベンダーの行く末は?買収が続くモバイル管理市場、迷惑するのはユーザーだけ?

2013年11月にエンタープライズモバイル管理(EMM)ベンダー2社が買収された。いまだ無傷のベンダーや、ユーザーへの影響を分析した。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 ベンダーの統廃合はITの世界では珍しいことではなく、「エンタープライズモバイル管理」(EMM)もその道をたどっている。中には、現在利用しているベンダーの買収に備えて対策を迫られるIT部門も出てくる。

 2013年11月、EMMベンダー2社が買収された。まず米Fiberlink Communicationsが米IBMに、米Bitzer Mobileが米Oracleに飲み込まれた。

 どちらも大地を揺るがすような動きではないと受け止められたが、ある種のトレンドは間違いなく進行中で、企業は変化に注意を払う必要があるというのが、IT業界ウオッチャーの印象だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...