2013年08月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

確実に使えるセキュリティ機能は?【徹底比較】iOSやAndroidで使えるモバイルデバイス管理(MDM)製品のセキュリティ機能

モバイルデバイス管理(MDM)製品で使える機能は対応端末によって異なることが多い。では、全ての対応端末で間違いなく使える機能は何か? セキュリティ機能に焦点を当てて比較する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 対応OS/端末のはずなのに、使いたい機能が使えない――。端末やOSによって、使える機能が異なるケースが多いのが「モバイルデバイス管理(MDM)製品/サービス」だ。特にAndroid端末の場合、OSのバージョンは同じでも、端末によって制御可能な項目が異なることもある。管理可能なOSや端末(以下、対応OS/端末)の数がいくら多くても、自社が使うOSや端末で必要な機能が使えなければ意味がない。

 こうした状況を踏まえた上で、自社にとって適切なMDM製品/サービスを選定するにはどうすべきか。各MDM製品/サービスについて、対応OS/端末の全てで確実に利用できる共通機能を把握することが、その一助となるはずだ。TechTargetジャパンでは、2013年6月から7月にかけてMDMベンダーに調査を実施。本稿では、特にセキュリティ機能に絞り、調査結果を比較表にまとめた。なお、各MDM製品/サービスの価格と料金については、「【徹底比較】最安はどれ? iOSやAndroidで使えるモバイルデバイス管理製品38種の価格」で解説している。

MDM製品のセキュリティ機能比較表

 主要なiOS/Android端末向けMDM製品のセキュリティ機能の比較表を以下に示す(表1)。比較表には、各MDM製品/サービスについて、全ての対応OS/端末で利用可能な共通のセキュリティ機能を中心に掲載している。参考資料として、全ての対応OS/端末では利用できないものの、各MDM製品/サービスが備える特筆すべきセキュリティ機能もまとめた。アプリケーション管理やコンテンツ管理機能に関わる機能については、後日公開する記事で詳しく紹介する。

 なお今回は、企業で利用されている主要なスマートデバイスであるiOS端末やAndroid端末で利用できるMDM製品/サービスを取り上げた。ベンダーの意向などにより、期限内に回答が得られなかった一部のMDM製品は掲載していない。OEM(相手先ブランドによる生産)供給など、市販のMDM製品/サービスの機能をほぼ変更なしで提供しているMDM製品/サービスは省いた。

表 表1:主要なiOS/Android向けMDM製品のセキュリティ機能比較表

MDM製品のセキュリティ機能比較表のダウンロード


リモート制御機能:iOS/Androidの場合、多くの製品で利用可能

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

グランドデザインの「Gotcha!mall」がDMA国際エコー賞を受賞
グランドデザインは、同社のスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall...

news088.jpg

コムニコマーケティングスイート、Instagramアカウント分析機能を拡張
コムニコは、ソーシャルメディア運営支援ツール「コムニコマーケティングスイート」のIns...

news034.jpg

Salesforce Pardot、「日本語化」だけではない重要な強化ポイントとは?
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」におけるセッション「生まれ変わったPardo...