失敗しない、管理者の負担を減らす「MDM」の選び方「何を、どう管理できるのか」に注目

モバイルデバイス管理(MDM)製品は、何を管理したいか、どう管理したいかによって選定すべき製品が異なる。製品選定の際に考慮すべきポイントをまとめた。

2013年05月10日 08時00分 公開
[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 スマートデバイス管理を効率化する「モバイルデバイス管理(MDM)製品」は、管理可能な要素や管理性などに違いがある。本稿は管理機能に絞り、MDM製品の選び方を解説する。セキュリティ機能に焦点を当てた選定ポイントは、「失敗しない、セキュリティ対策に役立つ『MDM』の選び方」にまとめた。

 MDM製品の管理機能を評価する際に注目すべきポイントとして、以下の3点が挙げられる。

  • 何を管理できるか
  • 管理性向上の仕組みはあるか
  • 確実な管理を可能にする仕組みはあるか

 以下、それぞれについて詳しく見ていく。

ポイント1:何を管理できるか

ITmedia マーケティング新着記事

news187.jpg

アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」...

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...