2013年05月10日 08時00分 公開
特集/連載

失敗しない、管理者の負担を減らす「MDM」の選び方「何を、どう管理できるのか」に注目

モバイルデバイス管理(MDM)製品は、何を管理したいか、どう管理したいかによって選定すべき製品が異なる。製品選定の際に考慮すべきポイントをまとめた。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 スマートデバイス管理を効率化する「モバイルデバイス管理(MDM)製品」は、管理可能な要素や管理性などに違いがある。本稿は管理機能に絞り、MDM製品の選び方を解説する。セキュリティ機能に焦点を当てた選定ポイントは、「失敗しない、セキュリティ対策に役立つ『MDM』の選び方」にまとめた。

 MDM製品の管理機能を評価する際に注目すべきポイントとして、以下の3点が挙げられる。

  • 何を管理できるか
  • 管理性向上の仕組みはあるか
  • 確実な管理を可能にする仕組みはあるか

 以下、それぞれについて詳しく見ていく。

ポイント1:何を管理できるか

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...